木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

952 庭の花 H25-16(107~112)

2013-06-28 08:00:00 | 我が庭の花

我が家では植木鉢に多くの花を植えているので、朝夕の水やりは大変に大事な仕事である。足や腰が痛くても、メダカの餌やりと花達への水やりはどうしても止める訳には行かないのだ。新しく植えたり、植え変えたりは私と妻の責任分担には不文律があって、それぞれが責任を果しているが、水やりは協力作業といつしか決まってしまった。

今は梅雨の真っ最中、普通なら水を蓄えるタンクは常時1.5Ton蓄えているが、今年は雨が少なく梅雨中に1Tonを切る事がしばしばあって、夏場を気にしたが、昨日(6/21)久々に降ったので満タンになったが、時々は降ってくれるよう”雨乞い”をしたい状態である。   (2013.06.08~10撮影)

 

「ヒメアガパンサス」

  「花写真鑑」 http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/himeagapansasu.html

この花は、何時誰が植えたか記憶になく、何ら手入れはしていないが、庭のあちこちで元気よく咲いてくれる花だ。雑草を除去する時、整地をする時、花を植える時にしばしば球根を掘り出したり、切断したりするが、それでもちゃんと毎年咲いてくれる、その清楚な姿に似つかわしく無い、とても生命力の強い植物である。

E01384 No107

 

「ケイトウ」

  「花写真鑑」 http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/keitou.html

寄せ植え用として買ったもの。

E01400

E01403 No108

 

「ジニアリネアリス」

  「花写真鑑」 http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/hosobahyakunitisou.html

E01411 No109

 

「バラ」

  「花写真鑑」 http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/bara.html

これは鉢植えのバラだ。

E01453 (No89)

 

「スイレン」

  「花写真鑑」 http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/suiren.html

いよいよ睡蓮の季節がやってきた。これは花径が50~60mmのミニタイプの睡蓮である。(開花日6/8)

E01462 No110

 

「キク」

菊として載せるには、お粗末な花ではあるが、これも数の内と嫌がるのを無理矢理載せたもの。

 E01471(No95)

 

「クチナシ」

  「花写真鑑」 http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/kutinasi.html

植えて20年位はゆうに経つが、何故か今年は初めて花が驚くほど多く付いた。この純白の花には小さな虫が直ぐに集まって来て汚すので、未だ全体像を撮ることが出来ないでいる。かと言って農薬散布や消毒はやらないと決めているので、その願いは永久に達成出来ないかも。

E01475 No111

 

「ハナショウブ」

  「花写真鑑」 http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/hanasyoubu.html

右の蕾は紫の花のようだ!。

E01480

黄色と白薄紫は咲き始めたが、紫は遅れている。例年は殆ど同じ時期に咲くのだが・・・?。

E01483 (No99)

 

「アジサイ」

  「花写真鑑」 http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/ajisai.html

E01485 (No102)

 

「ガクアジサイ」

E01489 (No84)

 

「ギボウシ」

  「花写真鑑」 http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/gibousi.html

我が家にはミニも「ギボウシ」は多いが、これは有一普通サイズのものだ。

E1490 No112

 

今年は例年になく、庭に咲く全ての花を撮りここに載せ続けてているので、その数が多くて分割せざるを得ないが為に、花ばかりの記事が続くので、少しは遠慮がちに出しているのであるが、「東海道桑名宿シリーズ」が終了したし、また、”取材”に出たいが天候不順のため、庭の花に頼ってしまっている事をご了承戴きたいのである。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加