木燃人の波止場

花やお寺や観光地の写真を紹介しつつ、皆さんとの交流を計りたく思ってます、気軽に見て戴き、コメントを戴ければ嬉しいです。

951 庭の花 H25-15(97~106)

2013-06-20 08:00:00 | 我が庭の花

 相も変わらずのありきたりの花ばかりで恐縮であるが、我が家の庭で咲いた花を紹介したい。 (2013/6/8撮影)

なお、各写真の右下には、写真の原画の番号と今年になって咲いた花を全て撮ろうとしているので、その識別の番号を付けており、一応咲いた順になっている。今回公開するのは、その97番目から106番目と言う意味である。

  

「サツキ」

  「花写真鑑」 http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/satuki.html

ここには、最初に咲いた日に撮っているのとアップで撮ってる関係で、一輪のみであるが、そのあとは一応何輪か咲いたが、今年は何故かサツキは花の数が極端に少ないのが気がかりである。

E01339

E01263

E01241 No97

 

「ニチニチソウ」

  「花写真鑑」  http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/nitinitisou.html

E01318 No98

 

「ハナショウブ」

  「花写真鑑」  http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/hanasyoubu.html

まず、黄色が咲いた、この後白に薄い紫が入ったのが蕾を作っているが、紫はまだ蕾の影も形もない。従来は殆ど同時に咲いていたように思うが、このように咲いた順に撮ってると、こんな事が記録に成る事を実感中。

E01357 No99

 

「ガーベラ」

  「花写真鑑」 http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/ga-bera.html

E01252 No100

 

「ムラサキツユクサ」

  「花写真鑑」  http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/murasakituyukusa.html

我が家の庭が出来た時からの最も古い常連だが、植えた記憶はなく木を植えた時に無断で着いて来たものと思うが、それでも、ここの主のように見えて、それがこの花らしくて私は毎年見るのを楽しみにしている花のひとつである。

E01393 No101

 

「ガクアジサイ」

  「花写真鑑」 

ご近所からのいただき物であるが、最初は純白で咲くが、日毎に赤みが増して、見事な真紅になった!。なんと可愛いではないか!!。

E01443(No84)

 

「アジサイ」

  「花写真鑑」 http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/ajisai.html

E011365 No102

 

「ダーベルグデージー」

  「花写真鑑」 http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/da-berugude-ji-.html

E01434 No103

 

「イポメア・スイートキャロライン」

  「花写真鑑」 http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/ipomea.html

サツマイモの仲間だそうだが、次々と色々な花が作られているので、名前を覚える暇がない。長ったらしく、カタカナばかりでは、記憶に残らない。早く「和名」を付けて欲しいものだ。

E01300 No104

 

「アンゲロニア」  商品名「エンジェルラベンダー・ビッグラズベリー」

   「花写真鑑」  http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/angeronia.html

E01431

 

「アンゲロニア」 商品名「エンジェルラベンダー・ビッグスノー」

  「花写真鑑」  http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/angeronia.html

E01427 No105

 

「ミリオンベル」 (商品名)

  「花写真鑑」 http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/mirionberu.html

E01295 No106

 

上記五種の寄せ植え

E01440

 

花の名前を正しく書くことに注意してはいるが、最近は新しく作られる花が多く、植物学者でもないので、頼りになるのは、花図鑑などの書籍とインターネットによるが、どれがどうなってるのか、調べれば調べる程に解らなくなってくることがある。  よって、商品名と知らずに書いてる事を了解して戴きたいのである。

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加