すいともく・ブラス

たぶん犬日記。登場犬はPONのもくれん、ベルジアンのすいれん・かれん・ドニー、エタロン。中華風冠犬のミカとモナコ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

雨だねぇ

2005-05-30 23:42:25 | いぬもの
一日中、けっこうな雨降りで。飼い主も6頭も、おたがいあまり積極的に外に出る気もなく。だーらだーら。正確には、飼い主は仕事が詰まってましてダラダラなんてもってのほかのプチ修羅場なんスけど。

そーゆー煮え煮え飼い主相手に、わがままもくれんも分別あって。あそべさわれなでろノド渇いたトイレに行きたいその他はちゃんとに遠慮。まあ、よっぽど見るからに明らかにちょっかい出せないほど煮詰まってるんだと思いますけど、飼い主。
そんな、しーんと静かな部屋の中。スヤスヤ5頭の寝息とグツグツ煮える音以外に、ブウブウ。おいおい、サラン。女の子なんだからさ。いびきってのは、どうよ?うるさいよ。

集中集中、自分に言い聞かせて数分。ふと気づくと後ろでちょろちょろ動く気配。廊下に出て行くサランの後ろ姿。やばいってんでついて行くと、案の定。隣の部屋でシッコ。ダメだろこらーっ。怒って片づけてるとすでに周囲は囲まれて。茶色いの白いの「仕事おわりスか?そーゆーことなら自分らもトイレ行きたいす」。そう言われっちゃうと仕方がない、雨だからサクサク済ませろよ。それにな、仕事は終わってねーんだよ。で、外に出してやるとミカが、猫でも見つけたか興奮してビチャビチャドロドロの玄関先を右に左に反復横跳び。おーまーえー。あっという間のボロぞうきん、首根っこ掴んで風呂場直行して面倒くさいから全身シャワー。そのまま放っておく訳にもいかず、ドライヤーで乾かして。まったくもう、よけいな手間かけさせやがって。で、風呂場から出たら目の前にうん○が鎮座。…なんなんだろうか、この展開。えーと、これ片づけたら仕事してもいいですか?
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

携帯で更新

2005-05-28 16:58:37 | けいたいから
ミカの寝る場所ことごとく奪っておいて、本人はこのとおり。天下取ったーって感じの爆睡。ちょっぴりデベソなんだよねぇ。

携帯で日記書けるの、便利っすね。新しいの買ったので、浮かれ気味。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

全員集合

2005-05-28 00:07:35 | いぬもの
ワクチンを打つので半日ほど留守にしたサラン。その間、もとの5頭編成に戻って飼い主ものんびり。ちびっ子のトイレを気にする必要が無いだけで、とっても気楽。

いい加減逃げ場が無くなって、階段の中段あたりでほそーくなって寝るしかなかったミカ(岩場のヤギかおまえは)も今日はソファーでぐったり。ストレス溜まってないかねえ。…なんて心配は無用。まあだいたい、想像はついていたけどな。サランが帰って来るなり、お互い嬉しそーに。家のなかばたばたばたばた…ばたばたばたばた…ばたばっガンゴン「ぎゃー」「みゃー」。発情期の猫が屋根で集会しているかのような。大騒動。どっちも小さいから、ソファーの上とか狭い場所でも組んずほぐれつバタンバタン。たまに巻き添えくらうすいれんかれんもガァー唸るのでさらにうるさい。ドラマじゃ唯一楽しみな「タイガー&ドラゴン」見てるってぇのに、うるさくてオチが聞こえなかったじゃねえかっ。おまえらそこに全員正座して俺に「猫の皿(小虎オリジナル)」のオチを教えろっ。

そんなこと言ったって聞かないのは、写真のとおりでございます。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

祝!かれん誕生日

2005-05-26 17:04:23 | いぬもの
かれん姐さん、5歳の誕生日。お祝いイベント無し…ってのもかわいそうなので、記念撮影。なんとな~く、君臨してるっぽい写真を一枚。2頭ほど足りてませんが。

かれんの近況は、毛深くなったことくらい?あとは相変わらずの番長っぷりと、もくれん好き。ヒトの手からおやつもらうのが下手くそなのも変わらず。ボール遊びとか、運動のセンスは抜群なのにね。おやつ持ってる飼い主の指まで、しっかりパックリ。指がねっとりするから、やめてくれ。

ちびっ子サランに対しては、基本的に無視。だけど、ヒヅメごりごり噛んでいたときにサランがのこのこ寄っていったら、さすがに「うー」。で、剥き出した前歯をサランがペロペロ舐めたもんだから、ちょっと困りながらも「うー」音量アップ。飼い主も、内心は(なーっ!にやってんだこのチビダンゴっ!)とは思いつつ瞬間「かれん、やめろ」とんがり鼻先&むき出し犬歯を手でグリッとあさって方向に押しやって、無謀なプリプリ肉団子(小)を速攻回収。遠くにポイっ。ヒヅメをかれんの口にぐりぐり押し込んで「まあまあまあ。世間知らずの小僧っ子ですからね、やつは」。納得していただきました。つーか、まあまあまあって言いながらかれんの顔を見たら「あれはなに?」って目をしてたので。納得はしてねーな。なんにせよ、キミがオトナで良かったってコトだよ、かれん。誕生日おめでとう。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

成長ちゅう

2005-05-25 15:05:07 | いぬもの
ぼちぼちかな~?ってんで。ウリャっと開けてみたら案の定。前歯が2本、抜けてました。どこに行ったかは、行方しれず。もしかしたらミカのしっぽに刺さってるかも。しょっちゅう、食らいついて振り回しているから。

口の周りも肉肉しくプリプリのサラン。短毛のおかげで気づいたことは、鼻の下から口にかけての「線」。犬でも猫でも絵に描いたとき、鼻の下から口にかけて一本「線」引いただけでそれらしくなりますね。ミュージカル「キャッツ」のメイクや、バラエティで人間が犬に扮するときとか、キュッと線引きますね。

でも実際のコレって、線じゃないですね。マジックでキュッと描いて終わり、なんて単純なモノでは無いですね。今までの連中ではまったく気にしたこと無かったけど。近くに犬猫いる方は、ちょっと見ていただきたい。平面ではなくて、立体的な造形じゃないですか?なんでこんな構造なんだろう。

もうホントに目一杯、口に詰め込んじゃいましたほっぺ肉のたるみだけじゃ収まりきらないですアゴももう開きません飲み込むなんて絶対ムリ!…でも一度くわえたモノを離すのは死んでもイヤ。

そんな状況で最後の手段、ココの、鼻から口までの「線」をちょっと広げると…収まらなかったモノが収まっちゃう。そんなときのための、「ゆとり」なのかも。

ドラえもんの鼻の下にも長い「線」があるけど、アレも本当は立体的な造形なんだろうか。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

プロフィール

2005-05-24 18:04:45 | いぬもの
名前は…「サラン」といいます。が、由来は秘密。

つーか。それ以上に秘密があったりして。
実は彼女、ウチではあくまでも「一時預かり」でして。来月には、本来の飼い主さんのトコロに旅立ちます。諸事情から、我が家で預かっている間に、狂犬病やらワクチンやら済ませましょうというコトなんですね。別に不幸な生い立ちもなければレスキューでも無いです。タイミングが良かっただけ。

2月3日生まれの女の子で、オーストラリアン・キャトルドッグとビーグルのミックス。お父さんがビーグル。今日の写真見てもわかるとおり?顔はまんまビーグル。後ろ足の踏ん張り具合もビーグル。行動は…よくわからないっす。少なくとも、食い意地の張り方は他の5頭とは段違い。かれんやドニーのご飯にダイビングしてガツガツやったりして。人間だったら「カレーライスは飲み物」と言っちゃうタイプに分類されそう。

あと、短毛種初めてで感じたこと。子犬のせいもあるかもしれないけど。体温が高すぎて暑苦しい…

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ドッグショー

2005-05-23 11:25:31 | 放浪
日曜日、もくれんだけ連れて山形へ。ドッグショー見学。

写真は、会場の横にあった巨大鍋。巨大すぎて写真の上、切れてます。もっと下がってナベ!って感じで撮りたかったけど、そうするともくれんがただの毛玉ゴミ!ってなっちゃうので。ホントにデカいっすよ。

…すいません、正直に言うとですね。これ以上飼い主が後ろに下がろうとするとですね。トシとってわがまま倍増したもくれんがですね。マテを無視してカメラ(携帯電話)構える飼い主のフトコロに一直線、突っ込んで来ちゃうんですね。しつけがなってませんな。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

子守役

2005-05-21 20:57:09 | いぬもの
何の話?という方は「すいともく・プラス」をどうぞ。

3ヶ月ちょっとの小僧っ子は、オーストラリアン・キャトルドッグとビーグルのミックス。模様がキャトルドッグで顔だけビーグル。不思議な犬。

5月初旬、家に来たときは4.8kg。今現在、5.3kg。将来は10kgくらいと予想。実は「ミカ(チャイニーズ・クレステッドのオス)」が4.8kgで、体格は少しだけ大きいくらい。お互いに良い遊び相手のようで、毎日暇があればプロレスごっこドッタンバッタン。
新顔ちゃんは、初めての短毛種でなんだか体もグニャグニャと柔らか。肉がみっしり詰まった感じで持つとでろーん。脱力したまま垂れ下がるので重い…。犬種の違いってこんなトコロにも?

重くて柔らかくてグニャグニャしてると、まさにレスリングは大得意。だんだんミカにはもてあまし気味になってきたようで、組み合うよりも走って逃げての方向へ。戦術変更。ボクシングだと、懐に飛び込む殴り合いから距離とって逃げるやり方。いまは子犬のおぼつかない足取りでのたくた、ミカの有利だけど。おまえが知らないだけで、そうやって着実に小僧を鍛え上げてるんだぞ、ミカ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

試し書き

2005-05-20 11:34:20 | 雑記
ずっと中断していた日記を再開する場合…かしこまった挨拶を考えていたらまったく再開できないままさらに8ヶ月くらいたってしまったので。
まあ、ふつうに始めることに。ブログってのもよくわからないし。

最新情報としては、いま我が家にいる犬たちは全部で6頭。おおむね平和に暮らしてます。
が、6頭目ってのはまだ3ヶ月そこらの小僧っ子なので。トイレのしつけからなにから、振り出しに戻った感じ。先にいた5頭はもう、ほぼ手がかからない状態になってますから。部屋の片隅に放置された液体やら物体やら、あるいは家中に漂うニオイやら。見たり嗅いだりするたびに「あれ、この感じは昔どこかで…」。デジャブー見る日々。なまじ経験積んでると、家の中にハエがたかる物体転がっていたところで動揺しないというか。「ダメだろーっ」なんて叱りつつも、「俺ホントに真剣に怒れているのだろうか?真面目にこいつと向き合っているといえるのか?」悩んだりして。嘘だけど。

ふつうに再開と言いながら、いきなりシモネタでしたねぇ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加