ほのかな香

着物を着た日の記録と、日々の暮らしの中の小さな出来事を綴っています。

お茶会

2016-10-18 | お茶会

お隣の市の文化祭へ行ってきました。

裏千家、表千家、藪ノ内の三席まわり、堪能しました。
ご一緒したのは今はお稽古はこられてませんが、70代のお茶友さん。
楽しかったね~と喜んでもらえてよかったです。。
席の雰囲気もまったく違う空気感でとても新鮮でした。

その中の一つのお軸に

「月打」
「つきをたす」という力強いお軸がす~と心に入ってきました。


逢花打花逢月打月(はなにおうてははなをたし つきにおうてはつきをたす)
という禅語からの言葉です。
花が開けば花を観て、月がでれば月を観る。
何でもないことですが、一瞬一瞬目に見えたものをしっかりと見て感じる。
捉え方一つでとても広く深い意味があるような気がしました。


大島で気軽に。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 十月の着物 | トップ | 今年はのんびりしてた? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。