琴教室 岡崎市:安城・豊田・知立からも便利なアクセス ◇琴初心者の方にも親切に指導させて頂きます

琴教室へは名鉄名古屋本線『矢作橋駅』南口より徒歩5分 ◇生田流 琴・三絃教室 愛知県岡崎市

お琴の保管方法   琴教室 岡崎市

2017-11-14 | 琴の保管方法

Home / 教室の特徴 / レッスン / プロフィール/ アクセス・お問合せ / 文化センターブログ

お琴のしまい方

琴をしまう時、どのようにしていますか?

先ずは、琴柱を静かに 外します。

次に、埃よけに ゆたんを かけて、

ハードケースをお持ちなら、その中にしまって ・・・ 


ちょっと お待ちください!

その前にひと工夫

お琴に「はらまき」をするといいですよ。

お琴の絃は、とても強く締めてありますので、
「はらまき」をせずに保管すると、お琴に絃のあとがついてしまうことがあります。

久しぶりにお琴を出したら、絃のあとが龍甲にクッキリ。
なんて、とても悲しいですよね。


「はらまき」の仕方
龍甲と絃の間に 手ぬぐいなどを かませます。
場所は龍頭と龍尾の間くらい。 絃が龍甲に一番強く当たる場所


また、琴柱を外す時に 絃を龍甲に強くあてるのもいけません。
「バッチン バッチン」音が鳴る様なら 要注意。
絃は、そっと手から 離してくださいね。

お琴は桐製のため 軟らかく、
キズが付き易い傾向があります。

保管場所は 日の当たらない空調の安定した所が良いでしょう。

大切な楽器を 長く使う為にも ちょっとした心配りが大切です。


    



Home  

『楽器』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 筝曲 「高麗の春」     ... | トップ | 静岡県裾野市 箏・三絃教室... »
最近の画像もっと見る

関連するみんなの記事