もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう)
年間100本の劇場鑑賞、音声ガイドもやってました。そんな話題をきままに書きます。ネタバレもありますのでご注意を。
 



タイトル:トゥモロー・ワールド(原題 Children of Men)
製作国:アメリカ、イギリス
ジャンル:近未来SF/2006年/114分
映画館:TOHO二条シネマズ(165席)
鑑賞日時:2006年11月26日 (日),14:00~ 70人ぐらい
私の満足度:70% 
オススメ度:65%

<序>
チラシを見たときは、どうもいまいちなタイトルだなあと
あまり行く気にならなかたのですが映画館の予告でみて、
これはお金かけてそうだなあと。(製作費120億円)
ときにはこういう派手な爆破シーンの映画もみたいなあと
「シン・シティ」クライヴ・オーウェンが主演という
興味もあって入って行きました。

<冒頭>
タイトルバックで音声のみ移民やテロのニュース。

立っている人でいっぱいの狭い部屋。背景に大通り、
スーパWHSmithの青色看板が見える。人の間をすり抜ける
ようにやや長身の男(クライヴ・オーテン)が、
入ってきて前列までくる
『ブラック・コーヒー』
スタバのようなコーヒー容器をもってる人など、みな
うすぐらいコートをきて、店内のテレビをみているようだ。

『今日、人類最年少の少年ディエド・リカルドが
○○で、ファンに刺され死亡しました。』
笑っている若者の映像、赤ん坊の写真に2009-2027のキャプション。
『人類最年少の寿命は、18年4ヶ月20日16時間8分でした。』 

店を出る長身の男。ドアにcafeの文字。
テロップ『ロンドン 2027.11.16』

一見いまとかわらぬロンドンの街並み。だが道路脇には
ゴミが積まれ、街がすすけた感じ。建物の壁は、液晶テレビに
覆われ、ホロを付けた三輪車が排気ガスをあげながら
ビュンビュン飛ばしている。

男は、紙のコーヒーカップを、道路わきのポスト?を長細く
したような台の上に置き、コートの内ポケットをさぐった
あと、再びカップを手にとろうとすると。。。

ドカーン!! 黒煙とともに、炎が今出たばかりのカフェから
噴出し、男はおもわずコーヒーを道路側へとなげだし、腰が
引けてしまう。

メインタイトル(黒地に白) CHILDREN OF MAN

<ストーリー>西暦2027年、人類は18年間の長期に渡って
子どもが生まれない未曾有の異常事態が続いており、
このままでは人類絶滅の危機は免れなかった。そんな中、
国家の仕事に就くテオ(クライヴ・オーウェン)が、
人類存続に関係する重要な情報を握り始める。
人類の未来はおろか自分の将来でさえ興味を示さない
テオだったが……。

<感想>
1985年バックトゥーザフューチャー2で描かれた世界が
2015年だったことを考えると、あまり変化のない街並み。
科学の進歩よりも、社会の変化に目を奪われる。対象的に
主人公の「無関心」とうか「やる気のなさ」に魅かれて
映画のなかに入っていきました。

前半以外な形で、ジュリアン・ムーアが予告編を
みていなければ以外なかたちで登場。でも出番少なすぎ。
チラシでも、主人公と同じ大きさで写っているというのに、
お目当てで行く方は覚悟しましょう。

主人公も自ら事を起こすおこすということはなく、
殺されずにただ巻き込まれて協力するという展開。
周辺の登場人物も、いろいろと変わりながら、
力のある映像やストーリーに対する興味でつないでゆく。

これで派手な爆破シーンがあって、満足度60%かな
ぐらいの気持ちで迎えたクライマックス。ここは圧巻
予想以上でした。延々と繰り広げられる市街戦。
残骸のような建物、ころがる死体、のなかで、
一体誰が味方で、誰が敵なのかも判然のしない。
政府軍、反政府組織、あるいはテロや、身を守るための
市民も銃を手にしているのか? カメラをすぐそばを
弾丸がかすめてゆき、爆破の粉塵がカメラに向かってくる
映像は、まさに戦場のドキュメンタリー。
緊張感は頂点に達しました。

このとき何を思いうかべるか?

私は、これってまるで今のイラクでは?と思いました。
大きな違いは、舞台がイギリスであること。
子供がいないこと。
主人公が死なないこと。

実際には、子供が殺され、親や大人も助けることが
できず、自らも殺されるということが起こっているわけで、
現実はより残酷なことでしょう。そう考えながらの
6分とも8分ともいわれる長回しを見ていると、
ネタバレなので内容は申しませんが自然と涙がでてきました。

トゥモロー・ワールド - goo 映画
トゥモロー・ワールド@映画生活

コメント ( 8 ) | Trackback ( 48 )



« 記憶の棘  ... めぐみ -引き... »
 
コメント
 
 
 
はじめまして (nyanco)
2006-12-05 08:29:29
はじめまして。こんにちは♪
nyancoと申します。
TBありがとうございました。

この映画は主人が観たので、私は観ていないのですが、本当に幾通りもの解釈ができるSF映画みたいですね。
なぜ子どもが生まれないのか、そのあたりの解釈が観る人によって変わってくる映画だと思いますが、監督の意図としては、やはり今の世相を表しているのかもしれませんね。

TBさせていただきました♪
これからもよろしくお願いします。
 
 
 
nayncoさんへ (もっきぃ)
2006-12-07 01:28:20
「なぜ子どもが生まれないのか?」の部分は、監督もわざと?語られませんでしたが、日本に関する限り、どんどん子どもは減っているので、折角の機会を無駄にする人が多いから、その能力をとりあげたという解釈もありうるかな?と思ってみてました。
 
 
 
おはようございます☆ (kenko)
2006-12-11 10:58:08
この映画、もう一度劇場で観たいと思いつつ
まだ行けてません。。。

観る人によって、様々な受け取り方のできる
奥深い作品でした!

例の長回しのシーン、私も気が付くと涙がこぼれてました。
 
 
 
kenkoさんへ (もっきぃ)
2006-12-11 21:42:06
もう1回行こうとしてるんですね。私はそこまではいきませんでしたが・・・・。

ブログに INDEX付けたんですね。
私もいつかはと思ってますが、いつ実現することやら。
 
 
 
トラックバック、ありがとうございました。 (冨田弘嗣)
2006-12-16 04:09:09
 誉められている方は徹底的に誉めていますね。私はどうしても本作に感情をうつすことができませんでした。イラク戦火は思い浮かばなかったけれど、今、現在、アフリカの貧国では、毎日、何百人という子供が病死し、餓死し、ニュースはそれを大きく報じようともしない。先進国のおごりではないかと観ながら感じたのです。私は、カメラワークとタイミングばかりが気になってしまい、評することができませんでした。読ませてもらいました。ありがとうございます。  冨田弘嗣
 
 
 
はじめまして。 (hyoutan2005)
2006-12-17 01:24:19
深いテーマを抱えた映画なのでしょうが、受け取り手側に伝わりにくかったのかもしれません。
あと数年でこのような世界が来てしまうかも知れないという設定が、あながち有り得ないことでは無いと言う所が怖いですね。
TBありがとうございました。

 
 
 
よろしくお願いします。 (やわらか映画~おすすめDVD~)
2006-12-19 01:20:40
トラックバックありがとうございます。(http://www.yawarakacinema.com/cgi-def/admin/C-010/cinema/tdiary/index.rbのほうです。)
本家サイト(http://www.yawarakacinema.com/)も、よろしくお願いします。
 
 
 
裸足のオーウェン (にら)
2006-12-21 13:24:42
あの長回しのときは、ちゃんと靴を履いててよかったね、オーウェンさん。

という感想はどうも違う気がします(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
トゥモロー・ワールド (さくらの映画スイッチ)
どうでもいい話しだ50年後には全て消える 手遅れだ  希望なんてとうの昔に忘れてしまった“希望”って何だ? 人類は既に1
 
 
 
トゥモロー・ワールド (夫婦でシネマ)
ラストの市街戦、逃げるクライブ・オーエンを手持ちカメラでワンショットで延々と追うシーンが凄い迫力でした。
 
 
 
トゥモロー・ワールド (C note)
そういえば・・・秘密の部屋では爆睡してしまったけど(寝不足だったからです、きっ
 
 
 
★「トゥモロー・ワールド」 (ひらりん的映画ブログ)
2006.11.18公開初日のナイトショウ(0:00~)で見てきました。 原題は「CHILDREN OF MEN」=「人類の子供たち」って意味。
 
 
 
トゥモロー・ワールド (まじめにふまじめ★)
いつもお世話になってる映画系ブログの皆さんが、以外にも この映画の記事書いてる人
 
 
 
アルフォンソ・キュアロン監督「トゥモロー・ワールド」 (詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記))
監督 アルフォンソ・キュアロン 出演 クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン  あらゆる映像がひたすら長い。1シーンが長いというのではなく、1ショットが長い。カメラが動くのである。人の移動にあわせてカメラが移動する。そういう ...
 
 
 
「トゥモロー・ワールド」  CHILDREN OF MEN (俺の明日はどっちだ)
西暦2027年、人類はすでに18年間も子供が誕生していなかった。原因は分からず、人類滅亡の時が刻一刻と迫り、希望を失った世界には暴力と無秩序が拡まっていた。そうした中、英国政府は国境を封鎖し不法入国者に対して徹底した取締りを行なうことによって辛うじて ...
 
 
 
トゥモロー・ワールド (活動写真評論家人生)
TOHOシネマズ高槻  大阪梅田のカプセルホテル「大東洋」は、普段は10時チェックアウトだが、土日
 
 
 
トゥモロー・ワールド (そーれりぽーと)
落選後、『インサイド・マン』では銀行強盗に身をやつしてしまった元ジェームズ・ボンド候補のクライヴ・オーウェン。 そろそろその『007』の最新作が公開という事でぶつけてきたのか気になったので『トゥモロー・ワールド』を観てきました。 ちなみに英語の公式サ ...
 
 
 
トゥモロー・ワールド CHILDREN OF MEN (いいかげん社長の日記)
http://hassei.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/3118 今日は、「UCとしまえん 」のポイントを使って映画を観ようと思ったので、レイトショーではなくて、10時からの上映「トゥモロー・ワールド 」を選択。 予告編なんかで見てて、結構期待していた映画です。 ...
 
 
 
『トゥモロー・ワールド』 (Sweet* Days)
監督:アルフォソン・キュアロン CAST:クライヴ・オーウェン、マイケル・ケイン、ジュリアン・ムーア 他 STORY:西暦2027年、人類は生殖能力を無くし、2009以来地球上には1人も子供が産まれなくなっていた。人類存続の危機に貧し、世界各地で紛争やテロが起 ...
 
 
 
『トゥモロー・ワールド』(アルフォンソ・キュアロン監督)**** (The MouvieBuff Diaries by 佐藤睦雄)
人間の「生」を象徴するさまざまな生理的現象が ノイズとして響く、終末的なノワール! 『天国の口、終りの楽園。』のアルフォンソ・キュアロン監督が、英国ミステリー界の女王、P.D.ジェイムズの近未来SF小説『The Children of Men(人類の子供たち)』 ...
 
 
 
トゥモロー・ワールド(2006年) (勝手に映画評)
タイトル トゥモロー・ワールド ---感想--- 人類が生殖能力を失ってから18年経った世界。舞台はイギリスです。 いまの”テロとの戦い”をそのまま推し進めていくと、こうなってしまうのか?と思わず思ってしまいます。テロはまだ続いており、世界は平和になるど ...
 
 
 
トゥモロー・ワールド (2006) CHILDREN OF MEN 109分 (極私的映画論+α)
 101匹もいませんが(笑)・・・それでもほとんどのシーンでたくさんの犬が出てきます。日本では「多産・安産」の象徴でもある犬ですが、イギリスもそうなのでしょうか?(笑)  珍しいことに、イギリスでは9月から公開されていますが、アメリはではアカデミー ...
 
 
 
トゥモロー・ワールド (悠雅的生活)
子どもが生れない未来に希望の火を灯すのは・・・
 
 
 
トゥモロー・ワールド (なんちゃかんちゃ)
「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が、120億円もの巨額な制作費を用いて描いた近未来のサスペンス。クライブ・オーウェンの主演最新作
 
 
 
【トゥモロー・ワールド】 (NAO-C☆シネマ日記)
2027年 人類にはすでに18年間子供が誕生していなかった・・。 2027年って言ったら、後21年後。 事故や病気などしなければ確実に自分が生きている時代。 今現在、戦争・テロ・異常気象・少子化・移民・・etc 沢山の問題が起こっていて、このまま ...
 
 
 
トゥモロー・ワールド (ネタバレ映画館)
トモロヲ・ワールドってどんな所かな~
 
 
 
トゥモロー・ワールド/Children of Men (我想一個人映画美的女人blog)
"子供のいなくなった未来"を観てきました~{/kaminari/} ん??でも思ってたのと全然ちがうぞ、、、 SFかと思ったら、舞台は2027年というわりと近未来のお話。 そこでは、イギリス以外の国はほぼ壊滅していて、、、、。 凄まじい銃撃シーン。 爆発シーンのリ ...
 
 
 
トゥモロー・ワールド/クライヴ・オーウェン (カノンな日々)
予告編の雰囲気では、もっと未来的な印象だったけど、2027年という極近未来の物語だったんですね。18年間も子供が誕生していないってことは2009年あたりから生まれなくなったってことですよね。想像出来そう出来ない設定に正直戸惑いながらも飲み込まれていきまし ...
 
 
 
トゥモロー・ワールド (八ちゃんの日常空間)
9月上旬以来の大作とあって非常に楽しみにしていたのだが…。 あれ、何これ? 思っていたのとはちと違った。 いい意味で裏切られたよ。
 
 
 
トゥモロー・ワールド (sailor's tale)
2027年。約18年間、人類には子供が生まれていなかった。
 
 
 
『トゥモロー・ワールド』 (ラムの大通り)
(原題:Children of men) ----これってアルフォンソ・キュアロンの新作だよね。 彼のフィルモグラフィって、どこか変わってるよね 「うん。今度は近未来SFだしね。 しかも赤ちゃんが生まれなくなって ついに人類に明日への希望がなくなった世界」 ---でも、そう ...
 
 
 
127.トゥモロー・ワールド (レザボアCATs)
2027年、子供が誕生しなくなって18年経っていた。人類が生殖能力というものを失って、一気に終わりを迎えるのでなく、少しづつ死に向かっていく、という感じ、それが、とてもリアリティのある描写をされている。そこが、逆にとても恐ろしい感じがする。最後は、 ...
 
 
 
トゥモロー・ワールド (ゴロゴロしあたー)
すっごい良かった!!! 時間が取れれば観てみようかな~程度だったけど、うっかり劇場で見損なうハメにならなくて心底良かった。 とにかく一瞬たりとも目を離してはいけない作りで、観るべき箇所や情報量が多すぎでした。もう一回観に行こうかな・・・。 ス ...
 
 
 
「トゥモロー・ワールド」 (It's a wonderful cinema)
 2006年/アメリカ、イギリス  監督/アルフォンソ・キュアロン  出演/クライヴ・オーウェン      ジュリアン・ムーア      マイケル・ケイン  2027年の英国。人類に子供が誕生しなくなり、人々は絶望の中暮らしていた。セオは反政府活動家 ...
 
 
 
トゥモロー・ワールド (ケントのたそがれ劇場)
★★★  近未来を描いた映画は、いつも暗い作品ばかりだ。それが人間社会の定めなのだろうか。         確かに私達の生活は豊かになり、過去の贅沢はもはや普通の事となってしまった。また人は我がままで自己本位となり、金を稼ぐことだけに奔走するばかり ...
 
 
 
感想/トゥモロー・ワールド(試写) (APRIL FOOLS)
2027年、地球にはもう18年間子供が生まれていなかった。生殖能力とともに希望を失った人類の近未来を描いたSF大作『トゥモロー・ワールド』11月18日公開。 トゥモロー・ワールド さぞ派手なSF作かと思ってたら、とんでもない! グレイッシュな映像と、希望の ...
 
 
 
トゥモロー・ワールド (映画を観たよ)
2027年、そう遠くない未来ですね。
 
 
 
トゥモロー・ワールド (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
子供が誕生しない未来~人類だけが地球から消え去る~このままでは、地球を受け継ぐ者は、誰もいなくなる。2027年 ─ 我々人類にはすでに18年間も子供が誕生していない。このままでは、そう遠くない日、地球を引き継ぐ者はすべて地上から消え去ってしま ...
 
 
 
トゥモロー・ワールド (りらの感想日記♪)
【トゥモロー・ワールド】  ★★★★  2006/11/23 ストーリー 人類に子供が誕生しなくなって18年がたった西暦2027年。人類の未
 
 
 
トゥモロー・ワールド (ちわわぱらだいす)
これは少し前に見た映画です。。。 今から20年後のお話。 子供がまったく生まれなくなった世界です。 久しぶりに生まれた赤ちゃんが戦いの道具?になる。。。 最後の戦闘のシーンは圧巻でしたが。。。 最近戦争映画ばっかり見てるような気がする。 最後のお ...
 
 
 
人類のこどもたち。 (ひょうたんからこま)
『トゥモロー・ワールド』( 2006年・アメリカ/109分)公式サイト(以下ネタバレ)~今からほんの20年後の世界に起きた出来事。人類に天罰が下ったのか、子どもが生まれなくなって18年たつ。もはや、種の絶滅しか望めない世界。希望の無い未来に、人心は荒 ...
 
 
 
トゥモロー・ワールド(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】アルフォンソ・キュアロン 【出演】クライヴ・オーウェン/ジュリアン・ムーア/マイケル・ケイン/チャーリー・ハナム 【公開日】2006/11.18 【製作】アメリカ 【ストーリー】 西暦2027年、人類に
 
 
 
トゥモロー・ワールド (映画鑑賞★日記・・・)
『CHILDREN OF MEN』公開:2006/11/18(11/22鑑賞)製作国:アメリカ/イギリス監督:アルフォンソ・キュアロン原作:P・D・ジェイムズ    『人類の子供たち』/『トゥモロー・ワールド』(早川書房刊)出演:クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイ ...
 
 
 
トゥモロー・ワールド(映画館) (ひるめし。)
「唯一の希望を失えば、人類に明日はない。」
 
 
 
トゥモロー・ワールド・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
メキシコの鬼才、アルフォンソ・キュアロンによる近未来SF大作。 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」では少々勝手が違ったのか、食い足りない印象が残ったが、こちらは中々の仕上がりだ。 子供が誕生しなくなり、人類が絶
 
 
 
豪華キャストだけど…【トゥモロー・ワールド】 (犬も歩けばBohにあたる!)
なんかいや~な予感がしました。 水曜日のレディースデーだってのに 有楽町の劇場
 
 
 
トゥモロー・ワールド (映画とはずがたり)
いかにも今日的な社会問題を重厚に描いた、 衝撃の近未来SF大作!! STORY:西暦2027年。 人類にはすでに、18年間子供が誕生していなかった。 この地球を引き継ぐものは、いずれ途絶えてしまう・・・。 エネルギー省官僚のセオ(クライヴ・オーウェン)は ...
 
 
 
映画「トゥモロー・ワールド」 (しょうちゃんの映画観ないとあかんてぇ)
西暦2027年、人類はすでに18年間も子供が誕生していなかった。原因は分からず、人類滅亡の時が刻一刻と迫っていた。希望を失った世界には暴力と無秩序が拡まっていた。そんなある日、エネルギー省の官僚セオは、彼の元妻ジュリアン率いる反政府組織“FISH”に拉致 ...
 
 
 
映画~トゥモロー・ワールド (きららのきらきら生活)
 「トゥモロー・ワールド」公式サイト近未来SFアクション映画?普段まったく興味のないジャンルの映画だけど、なんとなくキャッチコピーとクライヴ・オーウェンに惹かれて観て来ました☆西暦2027年、人類は18年間の長期に渡って子どもが生まれない未曾有の異常 ...
 
 
 
[映画・タ行] トゥモロー・ワールド (「やわらか映画~おすすめDVD~」映画ブログ)
[映画・タ行] トゥモロー・ワールド 今回の映画は、「トゥモロー・ワールド」です。 (今回の映画レビューは、本家サイト「やわらか映画~おすすめDVD~」からの転載であり、本家では、公開後に加筆する予定です。) 本作「トゥモロー・ワールド」は、イギリスの ...
 
 
 
トゥモロー・ワールド (はむきちのいろいろ日記)
西暦2027年、人類はすでに18年間も子供が誕生していなかった。原因は分からず、人類滅亡の時が刻一刻と迫っていた。希望を失った世界には暴力と無秩序が拡まっていた。こうした中、英国政府は国境を封鎖し不法入国者の徹底した取締りで辛うじて治安を維持していた ...
 
 
 
トゥモロー・ワールド Children of Men (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン主演 2027年 ロンドンのエネルギー省に勤めるセオは人類で一番若い 18歳の少年が死んだ事をニュースで知ります この18年間新たな人類誕生をみない世界になっていました セオは突然 前妻で今は ...
 
 
 
『トゥモロー・ワールド』 (ねこのひたい~絵日記室)
通話料=0円(*1) 出生率=0%(*2) (*1…2006年現在。同一電話会社の携帯電話との通話のみが、ゴールドプランに加入して月額基本料金9600円を払いさえすれば無料です) (*2…2027年現在。東京は崩壊して測
 
 
 
トゥモロー・ワールド (とにかく、映画好きなもので。)
 2027年という年代は、あたかも遠い未来ではない。  今でも近づいている、その先にある世界を描いた作品である。そこに描かれるのは、人類が生殖機能を失ってすでに18年間も子供が誕生していない未来の姿だ。  解決策も無く、人類 ...
 
 
 
「トゥモロー・ワールド」 子供は希望 (はらやんの映画徒然草)
先日観た「パリ、ジュテーム」の一遍を撮っていたアルフォンソ・キュアロン監督の作品
 
 
 
『トゥモロー・ワールド』'06・英・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ西暦2027年。ロンドンには移民が溢れ当局は移民たちを厳しく取り締まっていた。街にはテロが横行し、全てが殺伐としていた。18年間、人類には子どもが誕生しておらず人々は未来のない世界を生きていた・・・。感想『ハリー・ポッターアズカバンの囚人』のア...