もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう)
年間100本の劇場鑑賞、音声ガイドもやってました。そんな話題をきままに書きます。ネタバレもありますのでご注意を。
 



タイトル:日本沈没/東宝
ジャンル:切ないラブストーリー+パニック/2006年/135分
映画館:三番街シネマ1(614席)
鑑賞日時:2005年8月XX日 満席・売り切れ
私の満足度:65% 
オススメ度:65%

<序>
今年の1月、京都東宝・スカラ座のさよなら上映でみた
オリジナルの「日本沈没」。少しは記憶のがある33年前の日本を
なつかしく感じるとともに、リメイクに対する期待をつのらせました。
印象に残ったのは、NHK教育番組のように長々と続く
東京大学・竹内均教授のマントルがどうのこうのという説明。
長すぎてなんだか笑っちゃいました。
もうひとつは、いしだあゆみの黒いビキニ。
歌手かとおもったら、既に女優活動もしてたんですね。
刺激的!!

<うろおぼえ冒頭:Tはテロップ>
T『近い将来それは明日かもしれない』
まっくろなスクリーン、ところどころで火があがる。
ニュースレポータの声『マンションが倒壊しています。』
T『本震後2時間 静岡県沼津市』
ヘリコプターが、下を照らしながら旋回。
雨の中、夜。幼い少女があるいている。
倒れて横になっている男のアップ(草剛)『うーっ』と
肩をおさえながら瓦礫をはねのけて、車の上に這い上がる。
倒れている信号機が点滅。1階がつぶれたマンション。
車から漏れたガソリンが路面に広がる。
そのなかを少女が歩く。『オーイ』男が声をかけ走りだす。
はげしいい余震。倒れる電柱。火の海がひろがり、少女を
飲み込みそうになる。そのとき。。。
ヘリコプターからたらされたロープからのびる手が
アクション映画のように少女をつかみ、男のそばへと運ぶ。
男が少女に服をかける。
(女性の声)『怪我はありませんか?』ヘリコプターから
舞い降りたのは、ほほにキズのある女性(柴崎コウ)。
一瞬見つめる草。
と、ドカーン。大音響とともに山から炎があがり、
まっかな溶岩がながれる。眺める3人の後姿。

メインタイトル『日本沈没』

富士山を背景に、新幹線が右から左へと横切る。
五重塔、お寺、川(京都の高瀬川?)、桜、田植え、
駅のホームにあふれる人、自動改札、新宿高層ビル、高速道路、
ゲートボール、住宅街、藁葺き屋根の家々、秋葉原、
ティッシュを配る人、丸の内イルミネーション、東京タワー、海辺

宇宙。人口衛星越しに地球。少し回転して日本列島。
その日本列島がみるみる沈んでゆく。カメラが引くと会議室。
スクリーン上の日本列島は、ほとんど水没してしまっている。
英語でのプレゼンに通訳の声がかぶる。
『ご覧いただいている映像は、日本列島の最後の姿です』

<ストーリー:gooの説明を要約>
日本各地で大規模な地震が頻発する中、潜水艇のパイロットの小野寺は、
地球科学博士・田所の深海調査に参加。日本が1年以内に沈没するという
驚愕の事実を知る。総理大臣は諸外国に日本国民の受け入れを要請し、
危機管理担当大臣の鷹森は日本を救う方法を求めて田所を訪ねる。
そんな中、小野寺(草剛)は被災現場でハイパーレスキュー隊員の
玲子(柴崎コウ)と出会い、お互いに心引かれるのだった…。

<感想>
『たとえば明日どこかで大地震が起きたとしても、
公開中止になるような内容にしてはいけない。
被災に遭われた方々を勇気付けられるような
映画にしたかった』樋口真嗣監督・キネマ旬報より

これを読んで、少しがっかりしたというか、納得したというか
いまをときめく東宝だなあと思いました。パニック映画として
どれだけ緊迫した映像をみせてくれるか、背景のCGと
手前の人間のいる所(実写)をいかに継ぎ目なくリアルに繋いでくれるかと
思っていたのですが、そんな画像もともと狙ってなかったんですね。

各地の沈没がイラストでポスターになっていましたが、
「絵」としてみれば精密。街が津波に覆われていく様子もOK。
でも、なんとなく遠くからながめている映像が多く
パニックもののとしては、物足りなかったです。

ストーリーのほうは、よくいえば、わかリやすし。
柴崎コウは、ビキニになるどころが、レスキュー隊というのに
髪もきらず。大地真央も、疲労よりも美しさの表現優先。
でも、それが全体的には妙にバランスがとれているようだし
私は難しいラブストーリーはわからないので、そこそこ楽しめました。

<切ないラブストーリーをちょっと前あからネタバレ再現>

柴崎コウの「抱いて」を拒否した草、だまって避難所をあとにして、
草の手紙のナレーションがつづく。柴崎コウはオフロードバイクで
あとを追うが地震で倒れる。どろどろになって『バカヤロー』

もう会えないのかと思わせといて?場面転換。
久保田利伸と韓国のSunMinの「Keep Holding U」前奏が流れ出し
明るい雰囲気に。前後にプロペラのあるヘリコプター1台だけの発着場。
右手前からバイクが長い髪をゆらしながらフレームイン。
タラップに足をかけていた草が振り返り、走り出し、二人が駆け寄って抱擁。
カメラは二人を中心に90度まわりをまわって、ストップ。
背後でややぼやけたヘリのプロペラ(ローターがバランスよく、二人の
両側でブルンブルン。絵の構図としはバッチリ。

歌詞もさびの部分にはいって、草の手が柴崎の肩を引き寄せ
柴崎の東京消防庁オレンジ色のジャケットの上で、腰までの髪がなびく。
それでも時はまってくれず、再びにヘリへと向かう草薙。
見送る柴崎の悲壮な表情のアップ。
タラップの上では、まだまだ美しい危機管理大臣役の大地真央が
軽くうなづき、草薙はヘリのなかへと消えてゆく。

カメラがひいて、再び中央にヘリ。柴崎、右手前へとバイクで
フレームアウトすると同時に、ヘリは離陸。浮き上がって
空に舞うヘリをカメラが追いながら、主題歌もフェードアウト。

見事なプロモーションビデオを見たような感じ。

<再び感想:ネタバレ>
私の街には、自衛隊の駐屯地があります。9月には市中パレードも
あるようでポスターが駅やお店に貼られています。「守りたい人がいる」
というのは、どこかで聞いた言葉だと思ったら陸上自衛隊創隊50周年を
記念して2000年に制定されたキーコンセプトでした。これを、
潜水艇で人間魚雷のように沈んでゆく決意をした草の
『俺にも守りたい人がいるんです』というセリフに結びつけるのは
強引でしょうか?それはともかく、この映画をつくるにあたっては
きっとあれをいれなきゃいれない、これはつかってはならないとかの
制約が一杯あったことでしょう。
「こんな映画に20億もかけるな」という感想をあちこちでみました。
でも、つっこみどころ満載ながらも致命傷をさけて歌、広告、特撮/CG、
俳優陣をみるとそれぐらいかかるのかなあという感じもするし、
エンターテイメントとしてかなりできはよいと思いました。
寧ろ、キッチリ稼いだであろう東宝としての企業の強さに
恐れ入りました。

追伸
<旧作冒頭>
8/18深夜2:30AM テレビで旧作の日本沈没をやっていたので
最初のタイトルバックのあたりだけメモをとりました。

低い太鼓の音。モノクロの地球儀。
T『2億年前・1.5億年前・1億年前・6500万年前』
年代とともに地形が変化して、ひとつのかたまりが細胞のように
分裂してゆく、地球儀が回転してなんとかアジアと見受けられる
部分で止まる。
T『3000万年前・1000万年前・300万年前・現在』
アジア大陸から分離した地形が今の日本列島の形になったところで
ジャーンとシンバルの音

メインタイトル『日本沈没』

富士山を背景に、新幹線が右から左へと横切る。
踊り、みこし、『同じあほなりゃ踊らなそんそん!!』
競馬、野球場(長島が打つ)、雀荘、モーターショー(満員)
港にズラリ並んだ車(輸出?)、海水浴(人ごったがえす浜辺)
団地、住宅街、駅のホーム・階段(人人人)、プール(人人人)
銀座の歩行者天国(人人人)

※人人人でこれだけでいやに(パニックに)なりそうな映像。
これとくらべるとリメイク版は、あまりあおらずに、
長島もでてこず、より庶民的になり、それでいて
最初の富士山に新幹線は、はずさない。そんな感じかな。

ではまた。

コメント ( 10 ) | Trackback ( 50 )



« ユナイテッド93... 第2回 福知山発... »
 
コメント
 
 
 
こんばんは! (猫姫少佐現品限り)
2006-09-19 00:51:59
TBありがとうございました!

この映画は、、、あたしほとんど孤立状態なんで、、、

京宝、スカラ座、無くなったんですね。

最後にあの前通ったの、4ヶ月ほど前なんですケド、まだ工事中なんでしょうね。

子供の頃、スカラ座と言えば、大人の映画、と言う感じでした。他の映画館は2本立てとかなのに、あそこは1本だけ。

相当昔のお話なんですが、、、懐かしいです。

またよろしくお願いしますね。
 
 
 
猫姫少佐現品限り さんへ (もっきぃ)
2006-09-19 02:50:10
猫姫さんは、京都の方なんですね。

私も生まれ京都なので、スカラ座は、思い出いろいろです。チャップリンの何度めかのリバイバル、そしてバックツゥザフュチャーⅢの先行レイトショーをみたのもここでした。スカラ座は洋画1本、京宝は邦画系2本立てのイメージが私もあります。



ちなみに昨日TVでみた「時をかける少女」は「探偵物語」と併映だったそうです。



ではまた、よろしく。
 
 
 
はじめまして (choro)
2006-09-19 08:34:33
こんにちは。TBありがとうございました。

私も夜中にやっていた旧作を録画して観たのですが、オリジナルはほとんど原作に沿ってましたね。



今回の新作は別物と思っていいのかも。

それなりに楽しめましたが、「アルマゲドン」ぽくなったラストには乗せられて泣いたもののちょっとな~とも思いました。(笑)



TBお返しさせてくださいね♪
 
 
 
TBありがとうございます。 (まり)
2006-09-19 19:08:46
こんにちは。TBありがとうございました。

私にはリアリティーの無さが、かえって恐怖感を煽られないで良かったです。

原作や旧作にこだわりがなければ、普通に楽しめた映画だったと思います。
 
 
 
超革命的中学生集団 (マヌケ)
2006-09-19 21:26:02
ザ・デイ・アフター・トゥモローのキャッチが確か人類は何人救えるかとか何人生き残れるかとかそんなのでしたよね。 冒頭の日本の街頭の風景とサラリーマンの映像がいまだにこれかよと笑えましたが、CGはけた違いにすごいと思いました。 日本沈没ってタイトルからして笑えます。 日本以外沈没も見てみたいです。 そう言えば沈没ゲームとか覚えてる方あります?
 
 
 
まぁよし (にら)
2006-09-28 11:49:59
日本沈没という縦糸と、ラブストーリーという横糸。

うどんという麺と、親子というツユがぜんぜん絡まず、細かい具や薬味だけが目立った映画に比べりゃ、上出来です。



てなわけで、少々ツユが辛口、麺は毒入りなコメントで申し訳ありませんが(笑)、TBありがとうございました。
 
 
 
choroさんへ (もっきぃ)
2006-11-18 23:51:18
原作読んでないので、オリジナルが原作に忠実とは知りませんでした。確かに別物ですね。

ブログに乗せられたハリポタ新作ポスター
こわいですねえ。


 
 
 
まりさんへ (もっきぃ)
2006-11-18 23:52:38
確かに恐怖感をあおられなくてよかったおいうのもうなづけます。私も、普通に楽しめました。
そういうところが東宝のうまいところだと思います。

 
 
 
マヌケさんへ (もっきぃ)
2006-11-18 23:56:03
ザ・デイ・アフター・トゥモローは、津波がよかったですね。あのシーンだけでも大スクリーンへ見に行く価値があったかと思います。ストーリーは?でしたが。

東宝も、ハリウッドれほどお金はかけてないことを考えると、よくやっているのかも?

沈没ゲーム??これも東宝ですか?
 
 
 
にらさんへ (もっきぃ)
2006-11-19 00:00:02
日本ハム優勝で、監督は新庄のあとに胴上げされたんですか!!それは驚きです。知りませんでした。

--ブログの映画用語集をみせていただきました。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
『日本沈没』 (京の昼寝~♪)
国土だけでなく、心まで失ってしまうのか?1億2千万人 すべての日本人に捧ぐ   ■監督 樋口真嗣■脚本 加藤正人■原作 小松左京■キャスト 草剛、柴咲コウ、豊川悦司、石坂浩二、大地真央、及川光博、福田麻由子□オフィシャルサイト  『日本沈 ...
 
 
 
日本沈没 (きょうのできごと…。)
「いつ観たんだー?( ; ゜Д゜)」って感じで 今更ながらに感想UPです…。 ホントにいつ観たんだ?…5月の後半でした(;´Д`) 内容が内容なだけに、映像、出演者に 若干、不安は残るものの 舞台挨拶付きのプレミア試写会で日本武道館で観てきましたー! ...
 
 
 
『日本沈没』 (ラムの大通り)
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----これって小松左京のベストセラーだよね。 日本列島が沈没・消滅すると言う タイトルそのままの物語。 確か1973年にも映画化されている。 「うん。でも ...
 
 
 
『日本沈没』 (ラムの大通り)
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----これって小松左京のベストセラーだよね。 日本列島が沈没・消滅すると言う タイトルそのままの物語。 確か1973年にも映画化されている。 「うん。でも ...
 
 
 
2006年の「日本沈没」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・物語に触れています。1973年版と2006年版「日本沈没」の大きな違いは33年の間に進化し続けたビデオカメラによるリアルな災害(地震・津波)の映像を体験してしまった「その後の2006年におけるドラ
 
 
 
緊迫感のない、娯楽災害映画。『日本沈没』 (水曜日のシネマ日記)
地殻変動による大地震で、沈没していく日本の様子を描いた作品です。
 
 
 
『日本沈没』 (試写会帰りに)
『日本沈没』試写。400万部を記録した小松左京のベストセラーSF小説。原作、映画、テレビドラマも未見で、日本列島が沈没するという事と、監督が『ローレライ』の樋口真嗣という事位しか知らずに観ました。 日本沈没 上 日本沈没 下 日本沈没 ナビゲートDV ...
 
 
 
日本沈没/草なぎ剛、柴咲コウ、豊川悦司 (カノンな日々)
現代の最新のCG技術を駆使してのリメイクなので娯楽大作としてのパニック映画と勝手に思い込んでいたんだけど、フタを開けてみればヒューマンドラマとしてとても見応えのある作品でした。そもそもこの物語にラブストーリーを加えるのってどうよ?と懐疑的だったん ...
 
 
 
日本沈没 (ネタバレ映画館)
 今のうちに海外移住計画を!会津でも大丈夫かも・・・
 
 
 
日本沈没 (2006) 135分 (極私的映画論+α)
 ある深海調査に参加した潜水艇《わだつみ6500》のパイロット・小野寺俊夫は、そこで驚愕の事実を知る。海底プレートの急速な沈降で、日本列島が1年後に沈没するというのだ。調査を指揮した地球科学の田所博士は日本の危機を訴えるが、学会は全く耳を貸そうとし ...
 
 
 
『日本沈没』観て来ました! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『日本沈没』鑑賞レビュー! 2006年、夏 沈没へのカウントダウン?? それは明日かもしれない?? 1億2000万人 すべての日本人に捧ぐ 1973年 小松左京・衝撃のベストセラー小説 『日本沈没』が完全映画化された 当時、史上最高 ...
 
 
 
日本沈没 (花ごよみ)
小松左京原作の同名小説を映画化した1973年作品。 『日本沈没』を、『ローレライ』 で監督デビューした樋口真嗣がリメイク。  主演は草なぎ剛と柴咲コウ。    5月29日、日本縦断全国5大都市同時開催  完成披露プレミア試写会がありました。   行ってき ...
 
 
 
「日本沈没」 (不良中年・天国と地獄)
8月7日(月)新宿スカラ座1にて小松左京のベストセラー小説「日本沈没」が、33年ぶりに再映画化されました。この間(かん)特撮というか、CG技術の進歩はめざましいものがあります。素人考えですが、今では出来ないことはない、と断言してもいいのではない ...
 
 
 
[ 日本沈没 ]暑苦しいからあっさりに (アロハ坊主の日がな一日)
[ 日本沈没 ]@新宿で鑑賞 本作は小松左京のベストセラーに目をつけ 1973年、東宝が日本映画史上最高の5億円という巨額の投 資を投じて映画化を実現した[ 日本沈没 ]のリメイク作 品。監督は、2005年[ ローレライ ]で長編監督デビューを 果たした樋口真 ...
 
 
 
★映画・・「日本沈没」 (スナフキン・レポート♪)
・・・(公式)見ました! 前回制作されたときは・・・日本国中大ブームだったのですよね? 『ほとんど覚えていませんが・・』 実は、この映画!トムクルーズの「M:I:Ⅲ」を観に行って、 開始時間が、合わなかったので見ることに。 リメイクされた本作・・ 特 ...
 
 
 
日本沈没 (ルナのシネマ缶)
最近、税金対策のためか 海外移住するお金持ちが 多いようですが、 実は、日本沈没がホントの 理由なのかもしれない・・・(笑) (いろいろ沈没しているようだし・・・) 実際、そんな事が起こったら、金持ちや政治家やスポーツなどの 特別の才能がある ...
 
 
 
シネマ日記 日本沈没 (skywave blog)
洋画のパニック映画は、身近な所じゃないので「安心して」見ていられるのですが、邦画となると現実感が増し、不安を掻き立てられます。言うまでもなく、日本各地の被災シーンは、
 
 
 
★「日本沈没」 (ひらりん的映画ブログ)
2006/07/15公開の作品。 むかーーし、テレビ版はかすかに記憶にぃーーー。 (年がばれるぅ) 結末とか覚えてないし・・パニックものだし・・ 新たな気持ちで見る事に・・・。
 
 
 
映画「日本沈没」 (teeter-totter)
2006年7月15日公開 ジャンル:パニック 製作年:2006年 製作国:日本 配給:東宝 監督:樋口真嗣 出演:草なぎ剛/柴咲コウ /豊川悦司/大地真央/石坂浩二/及川光博 小松左京のベストセラー小説を映画化した1973年は、動員650万人、興行収入40億円を記録する大ヒ ...
 
 
 
日本沈没 06年151本目 (猫姫じゃ)
日本沈没          1973年版こちら 2006年  樋口真嗣 監督草磲剛 、柴咲コウ 、及川光博 、豊川悦司 、福田麻由子 、吉田日出子 、大地真央 泣かせます、、、かなり良かったです。 これはまぁ、壮大なSF ...
 
 
 
日本沈没 (BLACK&WHITE)
原作:小松左京 監督:樋口真嗣 出演:草?剛、柴咲コウ、豊川悦司、大地真央、及川光博 大地震と火山の噴火でパニックに陥る日本。 調査の結果このままでは1年以内に日本は沈没するという事実を突きつけられる。 海外
 
 
 
「日本沈没」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
日本SF界の巨匠・小松左京氏が、33年前に書き下ろしたSF小説「日本沈没」。巨大な地殻変動によって日本列島の殆どが海面下に沈んでしまうという奇抜なストーリーが話題となり、上下巻合わせて385万部という大ベストセラーとなった。同年にこの作品は映画 ...
 
 
 
日本沈没 (そーれりぽーと)
日本と一緒に映画もTBSも沈没って書こうと思って「日本沈没」を観てきたんですが ★★★★ 舐めてかかってました。 どうせ外国映画と比べると「ドラゴンヘッド」や「妖怪大戦争」程度の見劣りする特殊効果を使って、「海猿2」程度のアクションを贔屓目で観な ...
 
 
 
「日本沈没」天災に襲われた時にできる事は何なのかを考えさせてくれた (オールマイティにコメンテート)
「日本沈没」は33年前に映画化された「日本沈没」を33年ぶりに再映画化した作品である。タイトル通り日本が沈没する光景を描くのだが、この映画を通じて未来にありえる事と地震、津波、洪水など未曾有の事態をより考えさせてくれた作品でもある。
 
 
 
日本沈没・・・・・評価額850円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ネタ切れリメイクブームなのはハリウッドだけではないらしい。 こちらは1973年のパニック映画ブーム真っ只中に公開された、小松左京原作、森谷司郎監督の「日本沈没」のリメイク。 劇場映画の後、同名のテレビシリーズも作ら
 
 
 
「日本沈没」 (2006) (choroねえさんの「シネマ・ノート」)
{{{: 上映時間 :135 分 公開情報: 東宝 初公開年月: 2006/07/15 ジャンル: SF/パニック/ドラマ 《公開時コピー》 いのちよりも大切なひとがいる。 1億2000万人、すべての日本人に捧ぐ―― 監督: 樋口真嗣 プロデューサー: 中沢 ...
 
 
 
日本沈没 (八ちゃんの日常空間)
日本は島国・単民族国家である。その日本に住む日本人にとって、考えたくもない究極の恐怖とは、おそらくこれ以外にないだろう。『国土がなくなる』 難民となっても、帰ることができるふるさとがないのだ。
 
 
 
日本沈没 (UkiUkiれいんぼーデイ)
いやぁ~、良かったねぇ d(^O^*≡*^O^)b SunMin thanX Kubotaの歌う ♪Keep Holding U♪  これ聴きたかったんです・・・て ヽ(ー ー")エイガトチガウノカ 実はね、33年前の『日本沈没』をリアル ...
 
 
 
日本沈没 ~劇場にて~ (三日月のしっぽ。)
  日本沈没・・・評価 3   5→かなり面白いっ   4→面白いっ   3→ふつーかな   2→まぁまぁ   1→イマイチ ■STORY■ 大規模な地殻変動によって日本列島が海中に沈没するという危険性が指摘さ
 
 
 
日本沈没 (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2006/07/15(07/17)監督:樋口真嗣原作:小松左京出演:草なぎ剛、柴咲コウ、豊川悦司、大地真央、及川光博、福田麻由子、吉田日出子、柄本明、國村隼、石坂浩二 ある深海調査に参加した潜水艇《わだつみ6500》のパイロット・小野寺俊夫は、そこで驚愕の事 ...
 
 
 
★日本沈没@品プリ AND グランドセントラルオイスターバー&レストラン:7/19LD (映画とアートで☆ひとやすみひと休み)
1年ほど前から映画館に映画を見に行くことが好きになって、選り好みしながらも色々見
 
 
 
■原作パロディー■日本以外全部沈没:筒井康隆著 (映画とアートで☆ひとやすみひと休み)
今月の日経の名コーナー「私の履歴書」は、小松左京である。先頃公開された『日本沈没
 
 
 
日本沈没(2006年) (勝手に映画評)
タイトル 日本沈没 ---感想--- 1973年の作品「日本沈没」のリメイク。このところ大災害が多く、災害に関する関心が高まっているところですが、昨今の科学的知見、観測方法の進化を背景にシナリオの内容が更新されています。 この手の映画には付きものの自衛隊の ...
 
 
 
日本沈没 (メルブロ)
日本沈没 上映時間 2時間15分 監督 樋口真嗣 出演 草磲剛 柴咲コウ 豊川悦司 大地真央 及川光博 評価 4点(10点満点)  ご存知リメイク作。内容的には凄く興味はあるけどね。たまに嫌なことあると、沈没しないかなーとも思ったり。  何マゲド ...
 
 
 
日本沈没(2006/日本/樋口真嗣) (CINEMANIAX!)
【新宿スカラ】 ある深海調査に参加した潜水艇《わだつみ6500》のパイロット・小野寺俊夫(草なぎ剛)は、そこで驚愕の事実を知る。海底プレートの急速な沈降で、日本列島が1年後に沈没するというのだ。調査を指揮した地球科学の田所博士(豊川悦司)は日本の危 ...
 
 
 
日本沈没 ( NIGERAのお庭)
平日、無料チケットがあったので「日本沈没」を観てまいりました。あいにくの雨しかし、チケット売り場は、人、人、人。なんで平日にこうも多いの?おいおい前のカップルさん、1800円も出してこれ観るの?と、観るまでは正直そんな気持ちでした。 ようするに ...
 
 
 
日本沈没 (本日のレンタルASIA)
{/hikari_blue/}2006 邦画{/hikari_blue/} キャストその他はこちら{/arrow_r/}日本沈没オフィシャルHP いや~ミッチーかっこ良かったよ{/face_heart/} 男臭い役!! いつもツルツルお肌だから不精ヒゲなんかのミッチーは新鮮♪ 最近パパ役が続いてるから ...
 
 
 
日本沈没 (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「日本沈没」の感想です
 
 
 
日本沈没 (future world)
田所博士に小野寺くん、そして潜水艇わだつみ・・・まだ小学生のころ、劇場で観た「日本沈没」、なぜかこの固有名詞とともに小林桂樹、藤岡弘、いしだあゆみが浮かんでくる。。。 あれから30年以上経っているわけだから、当然時代背景~日本国政府や生活様式 ...
 
 
 
日本沈没 (2006) (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
こっちゃんポイント ★★★★ 鑑賞環境  試写会  上映時間 135分 製作国 日本 公開情報 劇場公開 (東宝) 初公開年月 2006/07/15 ジャンル SF/パニック/ドラマ 潜水艇“わだつみ6500”のパイロ ...
 
 
 
日本沈没 (Akira's VOICE)
好きなシーンはある。映像も圧巻。 心に残るドラマもあるし,正直,嫌いではない。 ただ,全体のあちこちが中途半端で物足りなさが沢山・・
 
 
 
日本沈没(評価:○) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】樋口真嗣 【出演】草?剛/柴咲コウ/豊川悦司/大地真央/及川光博/福田麻由子/吉田日出子/柄本明/國村隼/石坂浩二 【公開日】2006/7.15 【製作】日本 【ストーリー】 潜水艇『わだつみ6500』のパイロット・小
 
 
 
燕 ~「日本沈没」~ (サナダ虫 ~解体中~)
樋口真嗣監督作品、草なぎ剛主演の、 映画 「日本沈没」を観た。 日本が沈没する!(まんま) 1973年に製作された、「日本沈没」のリメイク版。 感想。 ①何で沈むのは、北海道からなんだよ!(道民の叫び) ②小野寺の一人称、「俺」か「僕」かハッ ...
 
 
 
「日本沈没」 40歳の特撮男 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
あの黒澤明監督が、女性を描くのがヘタというのは有名な話だが、特撮が女性の100倍好きだというオタク監督は、全く女性に興味がないんではないかというくらいの名シーンを描ききりました!! あの柴咲コウに「抱いて」と言わせといて(このセリフ自体もトンデモな ...
 
 
 
日本沈没 (ももママの心のblog)
73年版をリメイク。特撮監督出身の樋口真嗣が腕を振るい、「泣かせる」要素も入れて女性の活躍場面も多い現代版の登場となった 2006年 日本 SF、パニック、ドラマ 2006年8月4日 ワーナーマイカル・シネマズ・新百合ヶ丘 監督 樋口真嗣 原作 小松左京 出演 草 ...
 
 
 
日本沈没 (FREQUENCE.)
出演者 【主演】草なぎ剛、柴咲コウ 【出演者】及川光博・福田麻由子 吉田日出子 柄本明 ・ 國村隼 石坂浩二(特別出演) / 豊川悦司 大地真央 スタッフ 【原作】小松左京(小学館刊) 【脚本】加藤正人 【監督】樋口真嗣 【特技統括/監督補】尾上克郎 【特 ...
 
 
 
『日本沈没』 (アンディの日記 シネマ版)
感動度[:ハート:][:ハート:]       06/07/15公開   (公式サイト) 娯楽度[:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:]  満足度[:星:][:星:] 【監督】樋口真嗣 【脚本】加藤正人 【原作】小松左京(小学館刊) 【出演】 草?剛/柴咲コ ...
 
 
 
「日本沈没」 (明日は明日の風が吹く)
草彅剛さん、柴咲コウさんが出演している「日本沈没」をだいぶ前になってしまいましたが、観てきました。
 
 
 
日本沈没<ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
こんなに突っ込みどころ満載の映画も久しぶりやなぁと思いつつあかん、あかん、あくまでも映画なんやから。。。それよりもっと他に観るところが。う~~ o(>
 
 
 
『日本沈没』 (ねこのひたい~絵日記室)
いいか、よく聞け。 フォッサマグナとムラカミファンドの崩壊で、TBSは一気呵成に沈んでいくんだ!