もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう)
年間100本の劇場鑑賞、音声ガイドもやってました。そんな話題をきままに書きます。ネタバレもありますのでご注意を。
 



タイトル:ユナイデッド93/アメリカ
ジャンル:再現ドラマ/2005年 /136分
映画館:動物園前シネフェスタ4(135席)
鑑賞日時:2005年8月14日 (月),20:15~ 33人ぐらい
私の満足度:60% 
オススメ度:50%

<序>
9・11から5年。あっという間の5年であり、まだその余韻のなかに
いるような気もするのだが、アメリカの自作自演説もでるなど、いまだに謎だらけ。

よくわからないこと、その1
なぜ、あんなに完璧に2つのビルは崩壊してしまったのか?
となりのビルまでなんで崩壊してしまうのか?

その2
なぜ墜落したユナイテッド93、さらにペンタゴンへ突っ込んだ機体も
あとかたもないほどに粉々になったのか?

その3
ハイジャックをされた4機のなかで、電話のやりとりがあったのは
ユナイテッド93の1機だけなのか?

そんなことを考えながらこの映画をみました。

<冒頭>
アラビア語?暗転に祈りの声。
指。本(聖書)をもっている。カメラがひいて、
ベッドの上に座って本をを読んでいる男。Tシャツ。
『時間だ』と別の男が声をかけ。本を読んでいた男が顔をあげる。
短い髪。まっすぐな視線。
ホテルの一室。ベッドに仕切りのカーテン?もある豪華な部屋。

暗転。低い太鼓の音とともに、男のつぶやくような祈りの声がつづく。
メインタイトル『UNIDTED93』
高層ビル街。航空映像、夜の街を走る車を真上から映像。
ビルの合間をぬうように進む。

ホテルの洗面所。男が体の毛を沿っている。
布を引いて、二人ならんで座り、両手をあげ、そしてうつぶせに。
祈りの声はつづく。
別の男が、ナイフをジーパンの内側に入れる。
男が向かい合って左肩どうし、続いて右肩どうしをかるくあわせる。
『神よ、アメリカに苦しみを』

※最後のセリフを含めて、いまいち再現に自身なしです。

<監督のことば:パンフより引用>
「9.11」について、あらゆるメディアが取り上げてきた。唯一、私たちが
語っていなかった場所は、最も影響力のある映画という領域だった。
目をそらさずに事実を描いていけば、時代に刻まれた「何か」が
必ず見えてくると私は信じている。
  ---ポール・グリーングラス監督

※ここから、ネタバレがあります。

<感想>
序盤からの淡々とした映像は、見慣れた空港のワンシーン、ワンシーンであるが
それが逆に、あの9.11につながっているということで緊迫感が高まる。

機内、航空管制センタ、軍の3元中継という形ですすんでゆくが、
登場人物に有名な俳優はおらず、航空管制センタ、軍では実際に自分自身を
演じている人も何人かいることが、エンドロールでわかった。
ハイジャック犯に対しても、憎悪を掻き立てるような描写は避けているように感じた。
会話にしても、つながりのある会話というより、ある場面場面の断片的なもので
一見、ドラマというより、ドキュメンタリーのように感じさせられた。そういう手法が
全編を、臨場感あふれるものにしていた。

感傷的な気分になったのは、いくつかの機内から家族への電話のシーン。
例えば、若い女性の客室乗務員が『もし、生きて帰れたら、あした辞表をだすわ』
といいながら、職務をまっうしつづける姿、そしてこの人も死んでいくんだ
とおもうと少しぐっときました。

でも、あまり感傷的になれなかったのは、自分自身少し引いていたから。
『事実を描いていけば』という、監督の言葉、あるいはその路線での宣伝
とはうらわらに、こりゃ事実なの?というシーンが多々あり気になりました。

3つだけあげます。
・まず冒頭の、ハイジャック犯4人のホテルのシーン。さらに多々でてくる機内での
犯人同士のみの会話。全員死亡の犯人側の行動などはたしてわかるものか?
・ふたつめ。機長に代わって、ユナイテッド93の操縦席に乗り込んだ
ハイジャック犯は、操縦桿の横に、ホワイトハウスの写真を貼り付けます。
それもアップの写真。そんなの役に立つの?それに本当にホワイトハウスなの?
・最後に、ラストシーン。乗客・乗務員は、立ち上がり、ハイジャック犯に
向かってゆき、コックピット内へと入ってゆく。

結局のところ、多くの遺族の方々や、当時の関係者からのヒアリングを行い、
忠実の再現した部分はあるのでしょうが、肝心な犯人に関する部分や
事実不明な最後の部分も含めてぜーんつくっちゃいましたということだと思います。
こうなると、なにが真実だといいたいのかが
わかりづらくなり、もともとなにをしたかったのかが疑問に思えてきます。

せめて最後のシーンでは、コックピットに突入するあたりから無音にして、
ドアをあけると白い霧で、そのなかを
すすんでゆくような終わり方がみたかったです。

<再び、謎へ>
「序」のところで書いた3つの謎については、謎のまま。
むしろ、なぞは深まった感じがあります。

先月発売された「9・11テロ捏造」ベンジャミン・フルフォード著によると
この映画にでてきた4人のハイジャック犯のうち2人は生きているとか。
やっぱり闇だなあ。

<備忘録:この事件/映画について振り返るときのためのメモ>
・コップピットはとても狭い。そこで、機長も副操縦士も操縦席に座った
ままで食事をとる。
・飛行機からは、一般の携帯電話で通話しているのだと思っていたが
映画では、座席についている電話をつかい、クレジットカードを使って
かけていた。
・ フライト開始前に、コックピットに入るときのノックを機長と客室乗務員が
打合せをするシーンがあった。ドラマなら、伏線になるところだが、この映画
では、こういう伏線がことごとく意味のないものになっていった。
・ハイジャック犯が、コックピットに入るのは、操縦席のモニターで
「世界貿易センタービルに激突」の通知がでたあと。
・ハイジャック犯4人は、ファーストクラスに乗っている。
・ハイジャック犯4人のうち一人は十代後半にみえる。

ではまた。


コメント ( 4 ) | Trackback ( 26 )



« 時をかける少... 日本沈没 東... »
 
コメント
 
 
 
Loose Change (Hiro-san@ヒロさん日記)
2006-09-04 01:13:13
はじめまして。TBいただきました。いい映画レビューですね。



>ハイジャックをされた4機のなかで、電話のやりとりがあったのは

>ユナイテッド93の1機だけなのか?

ツインタワー突入のハイジャック機からも、ほんの少しありますよ。

ユナイテッド93からは異常なほどに多い、という感じです。



911の全体像をもっと深めたいのであれば、こちらの1時間22分のビデオを是非ともごらんください。疑惑の全体像がつかめるはずです。

http://video.google.com/videoplay?docid=7167151489146455453&q=Loose+change

ただし、私はビデオ内容のすべてが「真実」と思っていません。が、ベンジャミン・フルフォードでは飽き足らない方にお奨めです。
 
 
 
ひろさんへ (もっきぃ)
2006-09-05 02:42:00
コメントありがとうございます。



Loose Change は、しりませんでした。ご紹介ありがとうございます。今日NEWS23を見てたら、9/11.9PM「完全映像化独占放送・筑紫哲也・安住紳一郎NYテロ5年目の真実」をやるそうで、はたしてどんな真実か?あまり期待しないほうがいいのかな?



ところで、ブログ読ませていただきました。凄いですね。「ヒロさん日記」はまりそうです。9/11の前に「北」で。またよろしく。
 
 
 
ネットで世界に広がる9.11真実運動の結晶作品 (お助けペッタン)
2006-09-06 11:15:57
もっきぃさん、はじめまして。

クロフォード氏の本でも「Loose Change=ルース・チェインジ」の

記述があったと思いますが、今この作品が全世界で話題になってます。

一般市民が声を上げないと日本のマスコミは隠し続けるかも?



「LC」は下記から無料でダウンロードできます。ZIPを解凍し、

L2ce→english→DVDripConCenのSRTファイルがグーグルの英字幕。

英語字幕があれば、多くの人が内容を理解しやすくなると思います。



HAKOBAKOなどの字幕可能なプレイヤーを使用します。動画ファイルと

「SRT」ファイルを同じフォルダに入れて→同じ名前に変更して、

「字幕表示の設定」でOK。 ZIP解凍+字幕プレイヤーも無料ソフトです。

グーグル版は「911 cover up」410MBと、著作権対策の「Recut」827MB。

http://video.google.com/videoranking

http://www.loosechange911.com/download/lc2e_subs.zip

http://www.question911.com/linksall.htm

ドイツ・ZDFが「LC」を紹介する模様+再調査要求テレビCM。

http://www.zdf.de/ZDFmediathek/inhalt/30/0,4070,3968318-6-wm_dsl,00.html

http://harmonicslife.net/Blog/2006/JimmyWalterTVAds/comm_8.4.wmv

http://harmonicslife.net/Blog/2006/JimmyWalterTVAds/comm_building7.wmv

 
 
 
お助けペッタンさんへ (もっきぃ)
2006-11-18 22:57:38
貴重な情報ありがとうございます。

最近あまり話題にならなくなった感がありますが、
WTC7については反論もあまりかれないまま
収束してしまうのでしょうか?

 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
『ユナイテッド93』 (京の昼寝~♪)
あれから5年、最も恐ろしいのはユナイテッド93の悲劇が忘れ去られてしまうこと   ■監督・脚本 ポール・グリーングラス■キャスト コーリイ・ジョンソン、デニー・ディロン、タラ・ヒューゴ、サイモン・ポーランド、デヴィッド・ラッシュ□オフィシ ...
 
 
 
ユナイテッド93 (Barbarossa Blog)
2001年9月11日の悲劇。ユナイテッド93を観てきました。印象深い「911テロ」。目標まで到達せずに墜落したユナイテッド93便に焦点を当てたこの作品。当時の管制官や軍人さんが役として登場しているなど、かなりリアルな仕上がり。ドキュメンタリータッチに仕上がっ ...
 
 
 
「ユナイテッド93」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
5年前のアメリカ同時多発テロが起こった際、テレビ画面で世界貿易センタービルが爆発炎上する映像をリアルタイムに見ていた自分は、「とんでもない事が起こってしまった。」という驚愕の思いと共に、「現実社会で起こったこんな凄い映像を見てしまうと、一寸やそ ...
 
 
 
「ユナイテッド93」今日公開 (ぼくと、師匠と・・・明日へ  DAO)
「ユナイテッド93」を今日観てきました・・・予告編を見て 緊迫感が伝わってきて・・・・公開の日を心待ちにしていましたが このタイミング・・・ロンドンのテロ未遂事件に胸が痛みました・・・・   この映画は事実に基づいているので、当然見る前か ...
 
 
 
ユナイテッド93/UNITED 93 (我想一個人映画美的女人blog)
その時わたしは仕事から帰って、のんきに海外ドラマ「フレンズ」を観てた。。。。 大好きな街NY、、、母からの電話ですぐにチャンネルを変えると、 生涯忘れられない衝撃が。涙があふれた、、、、。 あれから今年で5年。早くも数本映画化されると聞いた時、 どう ...
 
 
 
ユナイテッド93 (5125年映画の旅)
2001年9月11日。僕はその日の事をよく覚えています。あの日の夜、何気なくテレビをつけたら、ビルから煙が上がっている映像が僕の目に飛び込んで来ました。最初は本当に、映画のワンシーンだと思いましたが、テレビに写る「NYでテロ事件か?」という文 ...
 
 
 
ユナイテッド93 (United 93) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ポール・グリーングラス 出演 ハリド・アブダラ 2006年 アメリカ映画 91分 ドラマ 採点★★★★★ 1940年代、アメリカのジレンマはピークに達していたと思われる。国際社会において地位と発言力を高める方法の一つとして“戦勝国”になることが挙げられるが ...
 
 
 
ユナイテッド93 (BUNPITUノHIBI)
ポール・グリーングラス監督 その日。2001年、9月11日、午前。アメリカで4機の飛行機がハイジャックされ、目標地点に向けて突撃をかけた。しかし、ユナイテッド航空93便だけは、目標地ではないところにおちていた。そのときなにが起こっていたのか……。 ...
 
 
 
ユナイテッド93  (花ごよみ)
  (試写会にて) 9.11同時多発テロで乗っ取られた、  旅客機の物語。  監督は、『ボーン・スプレマシー』の  ポール・グリーングラス。    テロリストにハイジャックされた ユナイテッド93便。  ただ一機だけ、 ハイジャック犯の、 目的とされる地 ...
 
 
 
『ユナイテッド93』 (ラムの大通り)
実を言うとこの映画はぎりぎりまで観るのをためらっていた。 映画館の予告篇で映し出される 乗客と家族との電話、 そして決死の覚悟で犯人たちに向かっていく乗客たち。 脳裏には5年前の9.11の夜が甦ってくる。 あの日、ぼくは学生時代の仲間との飲み会で新宿に出 ...
 
 
 
映画「ユナイテッド93」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ユナイテッド93」 「9.11」を初めて克明に描く、ポール・グリーングラス監督による衝撃作。 2001年9月11日。運命の朝が明ける。 まるでドキュメンタリーを見ているかのように、時間軸に沿って悲劇の瞬間までが再構築される。 パイロットやフライトア ...
 
 
 
事故の重みが伝わらない。『ユナイテッド93』 (水曜日のシネマ日記)
ユナイテッド航空93便がハイジャックされた時の様子を描いた作品です。
 
 
 
『ユナイテッド93』 (映像と音は言葉にできないけれど)
先日、未遂に終わったロンドンでの航空テロ犯の実行意図がレバノンの同志の苦痛に対する反感もあったと聞いています。アメリカはあくまでもレバノン側にテロ組織との関連を決め付け、イスラエル側の後押しに回ったのですが、レバノンの連日の悲惨な報道を見る限り ...
 
 
 
ユナイテッド93 (銅版画制作の日々)
 東宝シネマ二条にて、「ユナイテッド93」を鑑賞。お盆休みということもあり・・・・観客は普段の何倍もの人チケット購入のために30分以上の時間待ち一瞬帰ろうかなんて思ったが・・・。その後は私用もあるため、気長に待つ事にした。さてこの映画だが、20 ...
 
 
 
トランスアメリカ (skywave blog)
おかしくて、切なくて、温かい映画です。 NYからLAへ、父親と名乗れない’彼女’ブリーと、息子トビーの新しい家族愛を見つける旅が、始まる。 男から女へトランスしようとする
 
 
 
ユナイテッド93 (Steeve Blog)
本日鑑賞してきました。 自分のある信念を持って行動するテロリストたち、そしてたまたまその飛行機に居合わせた乗客乗員たち。 ある強い信仰や信念がこれだけテロリストを突き動かすことができるのだ。。ある意味怖いモノを感じました。 93便の墜落には ...
 
 
 
ユナイテッド93/UNITED 93 (我想一個人映画美的女人blog)
その時わたしは仕事から帰って、のんきに海外ドラマ「フレンズ」を観てた。。。。 大好きな街NY、、、母からの電話ですぐにチャンネルを変えると、 生涯忘れられない衝撃が。涙があふれた、、、、。 あれから今年で5年。早くも数本映画化されると聞いた時、 どう ...
 
 
 
ユナイテッド93 (ネタバレ映画館)
 事件当時のニュース映像を見ていても、怒りや悲しみは感じず呆然としていただけだったけれど、この映画によってようやく悲しみが伝わってきました・・・
 
 
 
2つのインタビュー 映画『ユナイテッド93』 (海から始まる!?)
 近年稀に見る臨場感と緊迫感、そして真に迫った映画『ユナイテッド93』。
 
 
 
映画「ユナイテッド93」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2006年43本目の劇場鑑賞です。公開当日劇場で観ました。「ブラディ・サンデー」「ボーン・スプレマシー」のポール・グリーングラス監督作品。2001年9月11日、アメリカ国内の空港を飛び立った旅客機4機が、ほぼ同時にハイジャックされる。本作はこのユナイテッド航 ...
 
 
 
追悼9.11 ユナイテッド93 06年180本目 (猫姫じゃ)
ユナイテッド 93 2006年   ポール・グリーングラス 監督ハリド・アブダラ 、ポリー・アダムス 、オパル・アラディン 、ルイス・アルサマリ 、デヴィッド・アラン・ブッシェ 出演者、全員新人? トウシロー??てか、管制員の方々も、himself というの、 ...
 
 
 
ユナイテッド93 (三度の飯より映画好き)
公開時から観たい観たいと思っていたのに事情により観れてませんでした。が、本日ようやく鑑賞することができました。 感想を書こうにも正直何から書けばいいのか…。面白かったとか感動したとかそんな言葉では到底くくれる作品ではありません。ただただ衝撃 ...
 
 
 
9.11 テロ事件....『ユナイテッド93』 (キャバ嬢このはの気まぐれ日記)
昨日 ほんとは 『ワールド・トレード・センター 』 試写会 見に行くはずだったけど、間に合わなくて、行けなくなった...。 でも今日は映画見る気マンマンなので、 こうなったら映画館で見てやる!(笑) しかも、テロ関係の映画!で、ことで.... 「ユナ ...
 
 
 
ユナイテッド93★★☆+今日こそレビューを書く日だ。 (kaoritalyたる所以)
8月29日に観てから約2週間、レビューを書くならこの日ですよね。その間に私の考えは色々と変わったかもしれません。解説は簡単にコピペ。解説:アメリカのテロ攻撃事件として記憶された2001年9月11日の出来事を、当事者の視点から再現した衝撃的作。『ボーン・ ...
 
 
 
ユナイテッド93 ~新作DVD~ (利用価値のない日々の雑学)
公開時もそうであったが、兎に角最初から最後迄、息をもつけぬほど画面に食い入って観た。近年、こんな鑑賞体験は稀であった。勿論、時間が経つのも早く、1時間くらいしか観ていないのではないかと思う感じであった。公開時にレビューを書かなかった(書けなったが ...
 
 
 
『ユナイテッド93』’06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ2001年9月11日。ニューアークの空港は、朝の喧騒に包まれていた。離陸の準備を整えたユナイテッド航空93便は40名の乗客を乗せ、サンフランシスコへ飛び立つ。その直後、ワールド・トレード・センターに2機の民間機が激突した。そして、ユナイテッド9...