もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう)
年間100本の劇場鑑賞、音声ガイドもやってました。そんな話題をきままに書きます。ネタバレもありますのでご注意を。
 



タイトル:ブーリン家の姉妹 制作国:米英
ジャンル:16世紀イギリス王室ドラマ/2008年/115分
映画館:TOHOシネマズ梅田アネックス9(269席)18:XX~、150人
鑑賞日時:2008年10月25日(土)
私の満足度:75% 
オススメ度:75%

【冒頭:英文シナリオベースです。】

昼、原っぱ(トウモロコシ畑らしい)、こどもの笑い声。
女の子二人と男の子一人。3人の背丈ほどの草むらの中。名前を呼び合いながら
走り出す。女の子二人に少し遅れて男の子。
※この3人がブーリン家の子供3人。アン、メアリ、ジョージ。

林の中、父母が並んでゆっくりと歩く。
父:アンに正式の結婚の申し込みがあった。ケアリー家からだ。
母:なんて素敵な。
父:断ったよ。
母:えっ。なんですって。(振り返る)
父:それで、メアリを申し出た。アンは、ウイリアム・ケアリーにはもったいな
い。商人の息子よりももっと上手だ。
母:メアリを過小評価しているのではありませんか。
父:そうではない。アンよりやさしいし、きれいだ。
  だが、この世界で出世してゆくには美貌とハート以上のものが必要だ。

かけっこは、最初メアリが先頭に立つが、アンが抜き返して、接戦となるが
一番で走ってきたアンが父のところにくる。笑顔で迎える父。

父:ブラボー。アン。

テロップ『10年後』教会の鐘がなる。
部屋の中、花嫁衣装のメアリ(スカーレット・ヨハンソン)。メイドと裁縫師が
着付けをしている。アン(ナタリー・ポートマン)がジョージと共に入ってくる。
ジョージ:ヒュー!
アン:私より若いのに、私より美しい。私より先に結婚して。私は影が薄いわ。
   私はだだの、もうひとりのブーリン家の女。
メアリ:そんなことないわ。
ジョージ:これで、不浄な3人組みも終わりだな。
メアリ:違うわ。私は結婚する。それだけ。それ以外は何もかわらないわ。

肩に手を回して抱き合う3人。

【感想1】
映画をみたときには、なんで男の子がはいとんにゃ、アンもメアリも区別つかん
なあ、この十歳にもいかないくらいの女の子に結婚話?と思っているまに通り過
ぎてしまった。だが、あらためてセリフを読むと何と詰まっていることか。
 まだ十歳というのに、父はすでに姉妹を駒のように扱ってのし上がろうとして
おり、娘に対する評価や価値観が、この時代のこの映画全体を暗示させる縮図に
なっている。
『美貌とハート』のメアリ。『最初に愛されたのは妹メアリ』というは映画の
キャッチコピーだが、『欲望の塊』ヘンリー8世が『お色気の塊』スカーレッ
ト・ヨハンソンに一目ぼれするのは納得。いままでの映画よりもスカーレット・
ヨハンソンは少し優しく思えました。
一方の、アンは、まさに『それ以上』。タイトルの『ブーリン家の姉妹』は、
日本人向けのタイトルとしてはよくできていると思うけれど、原題は『ジ・ア
ザー・ブーリン・ガール』。私は、有名なアンに対して知られていないメアリの
ことを言っているのだと思っていたのだが、2つめのシーンで自ら自分のことを
『私はだだの、もうひとりのブーリン家の女。』と言っているからアンのことな
のかもしれない。映画としての主演も、あの手この手でのぼりつめてゆき最期は
処刑台に送られるアンと言ってよいだろう。
 二人の対照的なシーンとして出産するところ。メアリの出産シーンは、あえぎ
ながらもフェロモン発散。アンの出産シーンは、執念を感じさせられた。いずれ
にせよ、2大女優共演の舞台として、題材といい、海苔巻きのようにキュっと締
めた衣装といい、ストーリーといい、ふさわしいもので大いに楽しませてくれま
した。
 もっとも、歴史物語としてみれば『エリザベス ゴールデンエイジ』もそう
だったのですが、たぶんよく知ってる人ほどつまらなかったのでは?人間ドラマ
として見たほうがよさそうです。

【ストーリー:gooより引用】
16世紀のイングランド。新興貴族のトーマス・ブーリン卿は一族繁栄のために才
気あふれる美しい娘アンを国王ヘンリー8世の愛人に差し出すことを目論む。と
ころが、王の心を捉えたのはアンの妹で凡庸だが気立ての良いメアリーだった。
一家は宮中に移り住み、メアリーは王の子を身籠る。一方、妹に栄誉を奪われた
アンは一時フランスへ追放されるが、やがて呼び戻され、大胆にも王妃の座を
狙って策略を巡らすのだった。
[ 2008年10月25日公開 ]

【感想2】
この頃のイギリスっていったいどうなてるんだ、メチャクチャではないか。とい
うのが、この時代に関する感想。中学校のときだったかに、離婚のために国の宗
教を変えた王様として、ヘンリー8世は記憶に残っています。純情な私は、ひど
いことだけとまあ好きな人のために、偉い王様は、悩みに悩んで決められたんだ
ろうと思ったわけです。それがこの映画をみると、プライドを傷つけられてだだ
をこねたうえに責任転嫁をしながらのやりたい放題。それをエリック・バナが威
厳と風格をもって演じているのも凄いが、実際の王様が40年近くも君臨してい
たというのはビックリですね。イングランド王室史上最高のインテリでスポーツ
も万能との片鱗は映画では、みれませんでした。のっけから落馬ですからね。
 話はかなり反れますが、イギリスといえば、もうひとつ昔とイメージが異なる
のがシェークスピアであり、その時代の人たち。一番人気とも言われる『ヴェニ
スの商人』を、小学生のときは、なんとなく金貸しのユダヤ人が生肉1キロを狙
う悪者で、それを知恵と機転で切り抜けてめでたしめでたしという印象を持って
読みました。でも、数年前に主演アルパチーノが金貸しシャイロックを演じる映
画(『ヴェニスの商人』2004年のオススメ作品)を見て、原作を読み返してみると
これはとてつもない差別意識のはびこった悲劇ではないですか。特に、金を貸し
た、シャイロックが命を狙ったとのいいがかりで、財産没収された上に宗教変え
ろとまで言われるのはみておれませんでした。それだけアルパチーノの演技がみ
ごとだったともいえます。シェークスピアは、そんなことお見通しで喜劇とした
のでしょうが、あと百年たったら喜劇と思うひとはいなくなるかも?あるいは世
の中から、こんなに差別的なものはないとして消えてしますかも?と思います。
 でも、そのシェークス・ピアが書いた『ヘンリー8世』というのも読みたくな
りますね。このあたりイギリスの世界戦略に乗せられている気もしますが・・。

【最後にひと言】
ハリウッドスターの豪華共演を楽しんだところで、日本で匹敵するような共演は
誰と誰かなと考えて思いついたのが、宮沢りえと松たか子。そしたら、何と来年
早々に舞台では実現するんですね。野田秀樹演出『パイパー』なんでも千年後の
火星で生き延びる姉妹役だとか。あーみたい。でも東京・渋谷だけのようで涙。


ブーリン家の姉妹@映画生活
「ブーリン家の姉妹」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

コメント ( 4 ) | Trackback ( 55 )



« 「石内尋常高等小... 2008年 映画館で... »
 
コメント
 
 
 
こんにちわ。 (michi)
2008-11-14 12:15:36
TBありがとうございました。
私からのTBが不調で申し訳ございません。

本作の宣伝では、姉妹が王の愛を取り合うような内容が全面に押し出されていましたが、
父親や叔父の策略に振り回されたり、姉妹の絆や、
宮廷内の複雑な人間関係があったりと、
予想以上に見応えがありました。
 
 
 
michiさんへ (もっきぃ)
2008-11-16 00:32:09
ブログみさせていただきました。
試写会ですか、いいですねえ。都会ですねえ。
こちら福知山では試写会というのは聞いたことが
ありません。私も昔は東京で試写会に行ったり
したものでしたが、そのときもどうも中年男性には
あたりがすくなようで・・・とほほでした。

 
 
 
京都造形芸術大学映画祭 (ニコユキ)
2008-11-18 01:35:50
突然の書き込み、大変失礼します。
管理人様、不適切な場合削除お願いいたします。
下記について告知させて下さい。


京都造形大で森崎東監督の未ソフト化映画2本を含む4作品を上映します。



第二回京都造形芸術大学映画祭

≪森崎東の愛と冒険≫

11/22(土) 

14:00~
『喜劇 女は度胸』(1969)
15:50~
『ニワトリはハダシだ』(2003)
18:00~
トーク「希望は戦争」
 森崎東×赤木智弘×北小路隆志



11/23(日)

14:00~
『生まれかわった為五郎』(1972)
15:55~
『喜劇 特出しヒモ天国』(1975)
17:30~
トーク「女の愛と冒険」
 森崎東×緑魔子×林海象



会場:京都造形芸術大学内 春秋座
http://www.k-pac.org/theatre/index.html

通し券 一般2500円/学生・シニア1500円
1日券 一般1500円/学生・シニア1000円
※ 学生・シニアの方は、要身分証明書提示

チケット取扱い:075-791-8240(平日10時~17時)京都芸術劇場チケットセンター

問い合わせ:075-791-8468(平日9時~17時)京都造形芸術大学 映画学科 研究室


『為五郎』と『ヒモ天国』は見逃すとそう簡単には観られません!
当日は豪華ゲストのトークを間近で見られること必見です!
まだ充分間に合いますのでぜひよろしくお願いします!
 
 
 
ニコユキ 様へ (もっきぃ)
2008-11-21 00:08:13
何と魅力的な企画なんでしょう。
森崎東監督を生でみれて、緑魔子さんまでこられるとは・・・・。
残念ながら参加できませんが、盛況をお祈りいたします。

 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
ブーリン家の姉妹 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛は、分けられない。 最初に愛されたのは妹メアリー、王妃になったのは姉のアンだった。 世界を変えた華麗で激しい愛の物語。』  コチラの「ブーリン家の姉妹」は、ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンの共演で、同名ベストセラー小説を映画化した...
 
 
 
『ブーリン家の姉妹』(原題:The Other Boleyn Girl )~感想編~ (潮風のささやき)
6世紀イングランド国王ヘンリー8世をめぐる姉妹の物語。要するにですね、大奥なんで
 
 
 
「ブーリン家の姉妹」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
イギリスの国教が何故カトリックじゃないのか?それが分かる映画です。じゃ、あんまりなので、ぷち感想を。一応役柄上はスカーレット・ヨハンソンが妹でナタリー・ポートマンが彼女の姉役なんですけど、表情とかはどうみても、逆の役柄にした方が宜しかったのではと個...
 
 
 
ブーリン家の姉妹 (2008 映画観てきましたっ!)
観てきました。公開初日に。
 
 
 
★「ブーリン家の姉妹」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みはたっぷり・ゆったり映画が見れる「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 その1本目。 この映画のために、計画した 「大スカちゃん祭り」のメイン・イベントの作品だよー。
 
 
 
ブーリン家の姉妹 (郎女迷々日録 幕末東西)
 書きかけの記事を多数かかえながら、またまた脱線しまして、「ブーリン家の姉妹」です。  1日は映画が1000円で、たまたま土曜日に重なりましたので、行ってまいりました。  ブーリン家の姉妹 公式サイト  もともと、コスチュームプレイが好きですし、いまちょ...
 
 
 
映画 「ブーリン家の姉妹」 (ようこそMr.G)
映画 「ブーリン家の姉妹」 を観ました。
 
 
 
ブーリン家の姉妹 (eclipse的な独り言)
 近頃は忙しくて、更新することもままならないという感じです。さて観てきました。こ
 
 
 
The Other Boleyn Girl 「ブーリン家の姉妹」 (表参道 high&low)
ヘンリー?世に処刑された悪名高い姉アンをNatalie Portman(ナタリー・ポートマン)、その妹がScarlett Johansson(スカーレット・ヨハンソン)で悪女に翻弄される王をEric Bana(エリック・バナ)が演じた史実の映画化がThe Other Boleyn Girl「ブーリン家の姉妹」。世継...
 
 
 
『ブーリン家の姉妹』 (Sweet*Days**)
監督:ジャスティン・チャドウィック  CAST:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ 他 16世紀、イン...
 
 
 
映画「ブーリン家の姉妹」(2008年、米英) (富久亭日乗)
     ★★★★★  16世紀の英国を舞台にした、 King Henry VIII をめぐる新興貴族の姉妹の悲劇。 原題は「The Other Boleyn Girl」。      ◇  成り上がりのBoleyn家には、 2人の娘と1人の息子がいた。 一族の繁栄のために、 当主Sir Thomas Boleyn(Mark...
 
 
 
「ブーリン家の姉妹」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  見事なキャスティングによる重厚な歴史ドラマでした。史実に基づいた英国王室の愛憎劇。英国国教会は、こうやって生まれたのか…と、“歴史の陰に女あり”とはよく言ったものです。ナタリー・ポートマン演じる悲劇の王妃アン・ブーリンの...
 
 
 
『ブーリン家の姉妹』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【The Other Boleyn Girl】 2008年/英・米/ブロードメディア・スタジオ/115分 【オフィシャルサイト】 監督:ジャスティン・チャドウィック 出演:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ、クリスティン・スコット・トーマス、アナ・ト...
 
 
 
ブーリン家の姉妹/ナタリー・ポートマン (カノンな日々)
歴史的にも有名なヘンリー8世のお世継ぎを巡る物語。そしてエリザベス1世の誕生のエピソード。今日の英国王室にも影響を与えてると言われてるこの物語をナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナを主演に愛憎劇たっぷりな宮廷ラブサスペンスとし...
 
 
 
『ブーリン家の姉妹』 2008-No74 (映画館で観ましょ♪)
こんな風にたくさんの映画を観るようになって思うこと。 英語が分かったら....歴史をきちんと学んでいれば.... 社会科が嫌いで英語が苦手...
 
 
 
英国版大奥~『ブーリン家の姉妹』 (真紅のthinkingdays)
 THE OTHER BOLEYN GIRL  16世紀、ヘンリー8世が統治するイングランド。ブーリン家の美しい姉妹、野心 家で切れ者の姉アン(ナタリー・ポー...
 
 
 
*ブーリン家の姉妹* (Cartouche)
{{{   ***STORY***                 2008年  イギリス 16世紀のイングランド。新興貴族のトーマス・ブーリン卿は一族繁栄のために才気あふれる美しい娘アンを国王ヘンリー8世の愛人に差し出すことを目論む。ところが、王の心を捉えたの...
 
 
 
ブーリン家の姉妹 (描きたいアレコレ・やや甘口)
今日は、語学や芸術にも造詣が深く、体格も立派ならスポーツ万能、歴代英国王きってのすっごいハンサム......というヘンリー8世を描いてみまし...
 
 
 
ブーリン家の姉妹 (映画通の部屋)
「ブーリン家の姉妹」THE OTHER BOLEYN GIRL/製作:2008年
 
 
 
ブーリン家の姉妹 (だらだら無気力ブログ)
16世紀のイギリスの宮廷を舞台にイギリス国王であるヘンリー8世を巡って エリザベス1世の母であるアン・ブーリンとその妹のメアリー・ブーリンの 数奇な運命を描いた歴史ドラマ。16世紀、時のイングランド国王ヘンリー8世には、王妃キャサリンとの間に 男子の世継ぎが...
 
 
 
ブーリン家の姉妹 (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年10月25日 公開 ケイト・ブランシェットのお母さんはナタリー・ポートマンなのね! うぅぅぅーーーーっ!!! す、すごかったぁ!!! 最初から最後までスクリーンに釘付けぇぇぇぇぇ(*^艸^) 『エリザベス』のエピソー...
 
 
 
「ブーリン家の姉妹」 (或る日の出来事)
私の彼女ナタリー・ポートマンと、ほぼ同世代の人気若手女優スカーレット・ヨハンソンの共演というので、楽しみにしていた作品。
 
 
 
ブーリン家の姉妹 (だらだら無気力ブログ)
16世紀のイギリスの宮廷を舞台にイギリス国王であるヘンリー8世を巡って エリザベス1世の母であるアン・ブーリンとその妹のメアリー・ブーリンの 数奇な運命を描いた歴史ドラマ。16世紀、時のイングランド国王ヘンリー8世には、王妃キャサリンとの間に 男子の世継ぎが...
 
 
 
『ブーリン家の姉妹』(2008)/アメリカ・イギリス (NiceOne!!)
原題:THEOTHERBOLEYNGIRL監督:ジャスティン・チャドウィック原作:フィリッパ・グレゴリー出演:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ、ジム・スタージェス、エディ・レッドメイン、アナ・トレント公式サイトはこちら。<Story>16世紀...
 
 
 
ブーリン家の姉妹 (Diarydiary!)
《ブーリン家の姉妹》 2008年 イギリス/アメリカ映画 - 原題 - THE
 
 
 
「ブーリン家の姉妹」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Other Boleyn Girl」2008 UK/USA イングランド王ヘンリーに愛されたブーリン家の二人の姉妹による愛と葛藤の歴史ドラマ。 アン・ブーリンに「宮廷画家ゴヤは見た/2006」のナタリー・ポートマン。 メアリー・ブーリンに「私がクマにキレた理由(わけ)/200...
 
 
 
ブーリン家の姉妹 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Hamazo)
「エリザベス」(1998)や、「エリザベス:ゴールデンエイジ」(2007)を両方見たわてにとって、この「ブーリン家の姉妹」という映画は非常に興味があるものだ。なんといっても、スペインの無敵艦隊を破った大英帝国の基礎を作った、エリザベス1世の父ヘンリー8世や生母ア...
 
 
 
『ブーリン家の姉妹』 (試写会帰りに)
新しい女欲しさに国を動かし、宗教をも変え、その後の世界を変えてしまうなんて!? こうやって歴史は作られてきたのかと思うと、人間の欲や業の深さや、人を動かす力の強大さを、頼もしくもありながら恐ろしく感じる『ブーリン家の姉妹』(『THE OTHER BOLEYN GIRL』) ...
 
 
 
ブーリン家の姉妹 (映画鑑賞★日記・・・)
【THE OTHER BOLEYN GIRL】2008/10/25公開(10/25鑑賞)製作国:イギリス/アメリカ監督:ジャスティン・チャドウィック出演:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ、デヴィッド・モリッシー、クリスティン・スコット・トーマス、マーク・ラ...
 
 
 
映画レビュー「ブーリン家の姉妹」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
The Other Boleyn Girl [Original Motion Picture Soundtrack]◆プチレビュー◆若手実力派女優2人の競演が華やかな歴史劇。前後につながる実在の人物を想像しながら見ると面白い。 【70点】  16世紀のイングランド。新興貴族のブーリン家は、男子の世継ぎに恵まれな...
 
 
 
「ブーリン家の姉妹」 (It's a wonderful cinema)
 2008年/アメリカ、イギリス  監督/ジャスティン・チャドウィック  出演/ナタリー・ポートマン      スカーレット・ヨハンソン      エリック・バナ  ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンの人気女優二人の共演も話題になった作品。 ...
 
 
 
ブーリン家の姉妹・・・・・評価額1450円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
16世紀のイングランド王宮を舞台に、国王ヘンリー八世と彼の寵愛を受けたブーリン家の二人の姉妹を巡る愛憎劇。 強大な権力を持つ者を巡って...
 
 
 
「ブーリン家の姉妹」歴史なんて、色恋沙汰次第…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
 “ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン夢の共演!”「ブーリン家の姉妹」(ブロードメディア・スタジオ)。イイですね~、今が旬の美女2人が共演。吾輩的にはとっても嬉しい!でも姉妹役ですか~、全然似てないよね(^^;!?  16世紀、国...
 
 
 
ブーリン家の姉妹 (5125年映画の旅)
16世紀のイングランド。国王の世継ぎが生まれない事から、ブーリン家は娘のアンを世継ぎを生むための愛人として国王と引き合わせる。しかし、国王が選んだのはアンの妹メアリーだった。メアリーは無事に妊娠するが、体調の悪化から、部屋に閉じ込められる。国王がメ...
 
 
 
ブーリン家の姉妹 (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「ブーリン家の姉妹」の感想です
 
 
 
ブーリン家の姉妹 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
歴史物って大好きなので楽しみにしていました~【story】16世紀、イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)には男子の世継ぎがなかった。いら立つヘンリーが愛人を求めていることを知った野心家のノーフォーク侯爵(デヴィッド・モリッシー)は、ブーリン卿(マーク...
 
 
 
ブーリン家の姉妹 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
大英帝国の礎を築いたエリザベス1世の母、アン・ブーリンと、歴史上は無名だったその妹、メアリーを主人公とするフィリッパ・グレゴリーの同名小説を映画化した作品です。 16世紀のイングランド。新興貴族のトーマス・ブーリンは、一族の繁栄のため、才気溢れる美しい...
 
 
 
【ブーリン家の姉妹】 (日々のつぶやき)
監督:ジャスティン・チャドウィック 出演:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ 「イギリス16世紀、後継ぎの男児を授からなかったヘンリー8世の夫婦仲は冷えていた。貴族のブーリン家は一族の権力の為に一家で相談のうえ長女のアンを差
 
 
 
「ブーリン家の姉妹」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
運命を変えたのは、やはり男たちの私利私欲。ぼくは本当に歴史に疎い。そのお陰でこういう作品を観た時の驚きが大きいという、これはいいことなのか?政略結婚という言葉を聞くと、いま絶賛放映中のNHK「篤姫」が思い浮かぶ。ブーリン卿も島津斉彬も、自分の手持ちの駒か....
 
 
 
ブーリン家の姉妹(イギリス/アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
なんだか・・・・・・・昼ドラの香り。クンクン。 ってな「ブーリン家の姉妹」を観ました~。 ( → 公式サイト  ) 出演:ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン、エリック・バナ、デヴィッド・モリッシー 上映時間:115分  16世紀、イ...
 
 
 
【映画】ブーリン家の姉妹 (新!やさぐれ日記)
▼動機 とあるプロの方の批評文を読んで ▼感想 イングランド及び英国の歴史の一端を知るいい機会に ▼満足度 ★★★★★★★ びっくり ▼あらすじ 16世紀、イングランド国王ヘンリー8世(エリック・バナ)には男子の世継ぎがなかった。いら立つヘンリーが愛人を...
 
 
 
ブーリン家の姉妹 (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ 監督:ジャスティン・チャドウィック 出演:ナタリー・ポートマン(アン・ブーリン)    スカーレット・ヨハンソン(メアリー・ブーリン)    エリック・バナ(ヘンリー8世)    ジム・スタージェス(ジ...
 
 
 
ブーリン家の姉妹 (心のままに映画の風景)
16世紀、イングランド。 国王ヘンリー8世(エリック・バナ)は、王妃キャサリンとの間に男子の世継ぎが出来ず焦りを感じていた。 そこに目...
 
 
 
ブーリン家の姉妹★☆THE OTHER BOLEYN GIRL (銅版画制作の日々)
 これは、エリザベス一世の母の物語です。 10月29日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。レディースディなので、1000円です。そんなこともあってか?どうか?は分かりませんが。満席に近い状態でした。しかも8割強が女性で、年齢層も高い。 豪華キャストです。姉妹を...
 
 
 
ブーリン家の姉妹 (小部屋日記)
The Other Boleyn Girl(2008/イギリス)【劇場公開】 監督: ジャスティン・チャドウィック 出演:ナタリー・ポートマン/スカーレット・ヨハンソン/エリック・バナ/ジム・スタージェス/マーク・ライランス/クリスティン・スコット・トーマス/デヴィッド・モリッ...
 
 
 
『ブーリン家の姉妹』 (・*・ etoile ・*・)
'08.11.02 『ブーリン家の姉妹』@TOHOシネマズ市川コルトン これは見たかった。やっと鑑賞。 「16世紀イングランド。ヘンリー8世には世継ぎとなる王子がいない。野心家のトーマス・ブーリンは妻の弟で王の側近ノフォーク公と共に、利発な長女アンを王の愛人にしよう...
 
 
 
イギリス版大奥は残酷。~ブーリン家の姉妹~ (ペパーミントの魔術師)
普段なら見ないタイプの洋画なんですが(笑) この劇場公開の前に「世界ふしぎ発見」で 特集やってまして。 おまけに、原作文庫がえらい売れてまして。 そら気になるじゃないですか・・・。(?!) ご覧のとおり、上巻がナタリーポートマン、 下巻がスカーレットヨハン...
 
 
 
ブーリン家の姉妹(2008米/英) (CINEPHILIA~映画愛好症~)
↑日本版チラシでは、微妙に並び方を替えてます。 ベルリン映画祭でチケットの取れなかった注目作(多分、現地で並べば買えたんだと思います)!ケイト・ブランシェット演じる「エリザベス」続編が公開中ですが、その母親達の愛憎劇がこの映画。ナタリー・ポー
 
 
 
映画 「ブーリン家の姉妹」 (英国日記)
映画「ブーリン家の姉妹」を一足早く試写会で観てきました。 会場は英国大使館! イギリスに住む前にヴィザ取得のために 一度だけ門をくぐったことがありますが、 その時に行ったのは別棟の事務手続き専門の建物でした。 でも今回はメインの建物です。
 
 
 
ブーリン家の姉妹 を観ました。 (My Favorite Things)
チョー久しぶりのスクリーンです。観たかった作品のひとつでしたので迷わず…
 
 
 
ブーリン家の姉妹 (映画初日鑑賞妻)
★★★ きれいな物語にはなってるけど、もっと史実を入れてくれたら面白かったのに。 美しさばかりが前面に出て見えた。 アンは貪欲、あれくらいでなきゃのし上がれない。 メアリーはあまり意志の強さが感じられない、空虚な感じ。
 
 
 
【レンタル映画】 ブーリン家の姉妹 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 16世紀のイングランド。新興貴族のトーマス・ブーリン卿は一族繁栄のために才気あふれる美しい娘アンを国王ヘンリー8世の愛人に差し出すことを目論む。ところが、王の心を捉えたのはアンの妹で凡庸だが気立ての良いメアリーだった。一家は宮中に移り住み...
 
 
 
「ブーリン家の姉妹」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
歴史物、実話を基にってやっぱり面白い
 
 
 
「ブーリン家の姉妹」(THE OTHER BOLEYN GIRL) (シネマ・ワンダーランド)
16世紀の英国宮廷を舞台に国王ヘンリー8世と、新興貴族ブーリン家の美しき姉妹との愛憎をつづった歴史ヒューマンドラマ「ブーリン家の姉妹」(2008年、英米、ジャスティン・チャドウィック監督、115分、コロンビア映画配給)。本作はフィリッパ・グレゴリーの小...
 
 
 
映画『ブーリン家の姉妹』を観て (KINTYRE’SDIARY)
90.ブーリン家の姉妹■原題:TheOtherBoleynGirl■製作年・国:2008年、アメリカ・イギリス■上映時間:115分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:11月8日、ル・シネマ(渋谷)スタッフ・...