もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう)
年間100本の劇場鑑賞、音声ガイドもやってました。そんな話題をきままに書きます。ネタバレもありますのでご注意を。
 



タイトル:記憶の棘(原題:Birth)
ジャンル:ミステリー風純愛もの/2004年/100分
映画館:三宮シネフェニックス(238席)
鑑賞日時:2006年11月3日(日)5人
私の満足度:65% 
オススメ度:60%

<序>
久々のニコール・キッドマン主演作ということで、以前から見たいと思って
いたのだが、機会にめぐまれず。とうとう京都・大阪の上映は終了。
地元から初めてバスを利用して神戸・三宮入り。クアハウスにチェックインを
済ませて準備万端で?会場入り。ところが、10分まえに会場にはいったら
まだひとり。2004年の作品なので新鮮味にかけるのか?大人の女が少年と
入浴するシーンに批判があったためか?とにかくガラーン。
広いロビーも人がまばらで、一人だったらと変な期待をしましたが、ボチボチ来
て5人。
すくないながらも期待満々ではじまりました。
※ちなみに、私はかつて一度だけ、キネカ大森で「ジャンヌと素敵な男の子」を
50人ぐらいの会場でひとりでみたことがあります。時間になって係りの人が
カーテンを閉め、暗くなるとき、なんだか閉じ込められるような気分で
盛り上がってました。

<冒頭>
タイトルバックで、まだ黒地に、製作者等々の名前がながれているところから
男の声で、
『もし、私の妻が亡くなって、翌日小鳥が窓枠とのところにきて
私をみつめ簡単な英語で「ショ-ン。私よ、アンナ。戻ったわ。」と言ったら?
私はどうするだろうか?きっと、信じたいと思うだろう。小鳥から離れられない
かもしれない。でも、それだけ。私は科学者です。わけのわからないことは信じ
ません。

それでは最後の質問をどうぞ。

家に帰る前にジョギングをしないといけないので。』

軽快な笛(ピッコロかフルート?)と、トライアングルの音楽に乗って、
公園(セントラル・パーク)をジョギングする男の後ろ姿。やや上から見下ろす
ような映像が延々とづづく。男は、全身黒。手袋もフードも黒く、表情も全くわ
からない。
あたりは雪が積もっており、低いフェンスがなければ道とわからないほど。
でも足をとられるほどではなく、曲がりながら進む。途中犬が4引き横切ったり
するが、
人どおりは画面の端に一人映ったぐらい。一定のペースで、ジョギングは続く、
行く手に小さなトンネルが見えてくると、カメラはトンネルのなかからの映像に。
四角いスクリーンが、横長の楕円形に変わった感じ。向こうから黒ずくめの男が
走って来て、トンネルのなかで足をとめた。と思ったら胸を押さえるようにして
膝から崩れ落ち、うずくまるようにまるくなる。

赤ん坊が生れる映像。

テロップ、10年後

しずかな冬の墓地。雪の上にところどころにでた墓石のひとつの前に、ニコール・
キッドマンがじっとたっている。黒のコートに、グレーのマフラ、そしてショー
トカット。

早足でその場を離れ、車の助手席に乗り込む。運転席の男にしばらく目をあわせ。
軽くうなずく。

<ストーリー:gooから引用>
ニューヨークで家族と暮らすアナは、30代の未亡人。
10年前に夫のショーンを心臓発作で亡くして以来、悲しみにくれていたが、
最近になりようやく新しい恋人、ジョゼフのプロポーズを受ける決意がついた。
ところが2人の婚約パーティーの夜、ひとりの少年がアナのもとを訪ねてくる。
少年は「僕はショーン、君の夫だ」とアナに告げる。最初は信じていなかった
アナだが、死んだ夫と自分しか知らない出来事を、ショーン少年が話し出すうち、
疑いが生じ出す。「彼は本当に生まれかわりかもしれない」と。

<感想>
つかみはOK。冒頭のシーンでも記述したが、ジョギングの男性が公園のトンネルで
顔を見せることもなく、うずくまるように倒れるシーンは、そのシルエットが子宮
のようにみえ=>赤ちゃんの誕生=>墓の前にたたずむのショートカットの
ニコール・キッドマンとの一連の流れは、あまりにも美しい。
婚約者(運転席の男)のプロポーズを受けることを報告したのか。

だがこの映画のメインは、アンナ(ニコール・キッドマン)の心のはずが
「生まれ変わり」が強調されすぎていたように思う。しかも、最後の判断は
観客にゆだねられているため、どうもすっきりしないというのが正直なところです。

冒頭のすばらしい、であしのあとに、その兆候はすぐにあらわれます。
包装紙につつんだプレゼントのような箱をもった中年の女性。なにやら
落ち着かない雰囲気で、「リボンを忘れた」とかいって言って建物の外にでて
テクテクと茂みのなかに入っていくんですね。そしてそのあとをついてゆく
アメリカ版マルコメ君。なんだこりゃ、サスペンス?その後もミステリーか?
はたまたオカルトか?「生まれ変わり」なのか、どうなのかと、わからないように
みせるたの仕掛けが多すぎて、少しイライラ。

結局、一番私が印象にのこったのは、前半、劇場のシーン。

一つ前のシーンからはいりますと、つきまとうマルコメ君を遠ざけようと、
アンナはマルコメ君の、お父さんに会いに行きます。そこで、マルコメ君は
「もうアンナに会いにいったり、煩わせたりしないと約束しろ」とお父さんに
何度も言われるのですがかたくなに拒否。何度も何度も「アイ・キャント」
と繰り返すんです。時間もあることで、しかたなく、アンナはその場を
あとにするのですが、振り返ったときに、マルコメ君が意識を失ったように
アンナのほうを見ながら倒れるのを見てしまうんですね。
これは後をひくなあと思ってたら次にでてきたのが劇場のシーン。

アンナが、婚約者と満員の劇場の後ろから通路をあるいてきます。舞台は全く映
らず、
音声だけ。すでにはじまっています。二人が真ん中の席へ座るため、
座ってた人がずらーっと10人ぐらい立ち上がるんですね。日本なら、座ってる人は
足を引くぐらいで、遅れてきた人はすみませんと言う感じで足を踏まないように、
背をかがめていくところですが、やはりあちらの上流階級はちがうんでしょうか。
通路をあけるほうも、堂々と立つし、遅れてきた人も堂々と座るし、なんか
チョットした
カルチャーショックでした。まあ、古い劇場で、前の席とのよゆうが少ないとい
うのも
あるように思いますが。さて、そこでカメラは、通路から席につくアンナをずーっと
追って、そのままアンナのアップ。ワグナーの流れる舞台の方向をみていながら
心ここにあらず、なみだ目になりながら、隣の婚約者がなにかささやいてくるのにも
気が回らず、頭のなかはパニック状態。ここも、またまたの長回しでみせてくれ
ます。

ニコール・キッドマンもいつもどおりきれいだったしこのシーンがみられたので、
まっいいかっ。というところです。

追伸(ネタバレあり)
・カンヌでブーイングがあったという浴室シーンは、「マルコメ君なにするんや」
という程度で、問題というたぐいのものではないでしょう。
・アンナは、いまでもショーンが忘れられない純愛物と私は
考えましたので、ジョゼフとはバイバイしたほうがいいでしょう。
・マルコメ君は、結局生まれ変わりだったのか?私の意見としましては
Noです。アンナのあまりの美貌と、秘密を知ってしまったために妄想に
とりつかれてしまったというのが私の解釈です。
・冒頭につづくシーンで茂みにはいってゆく女性。名前はクララ。
いかにもからんだ痰をすっきりさせてくれそうな名前なのに、
結構かき回してくださいました。チャンチャン。

<ニコール・キッドマンのベスト>
いままで、ニコールキッドマン主演作 で私がみたものです。

オススメグループ (私の好きな順)
    衝撃作:ドッグ・ヴィル ※ただし、気分を悪くする方も...(2003)
         メイキング・オブ・ドッグヴィル ~告白~ もオススメです。
    大作:コールド・マウンテン(2003)  
    知的な展開:ザ・インタープリター(2005)
    高貴なホラー:アザーズ (2001)
    楽しいミュージカル:ムーラン・ルージュ(2001)
    格調高い:めぐりあう時間たち(2002)
まままあグループ (順不同)
    バースデイ・ガール(2002)
    記憶の棘(2004)
    ステップフォード・ワイフ (2004)
    奥様は魔女 (2005)
    白いカラス(2003)
    誘う女(1995) 
オススメできないグループ
    なし。ニコールキッドマン作品で、大きなハズレはいまのところありま
せん。

ではまた。


参考:スクリプト
記憶の棘 - goo 映画
記憶の棘@映画生活

コメント ( 12 ) | Trackback ( 56 )



« 神戸クアハウス ... トゥモロー・ワー... »
 
コメント
 
 
 
TBありがとうございます。 (きぐるまん)
2006-11-24 13:29:11
ストーリーや仕掛けは賛否両論みたいですね。
個人的には好みではないんですけど、映像は美しかったと思います。
全体的に彩度を落としたカメラがちょっとスタイリッシュでした。
 
 
 
私もです! (とらねこ)
2006-11-24 13:54:47
>ニコール作で、大きな外れはない
私も同感です!
『アイズ・ワイド・シャット』もいいですよ♪
 
 
 
まさに同感でした。 (やくざいし)
2006-11-24 15:09:36
どきどきの連続で個人的には大満足の映画でした。
二コールの繊細な姿が、この役にぴったりでした。

貸しきり状態の劇場って、すごくリッチな気分でしたね。
 
 
 
TBありがとうございました (チョコ)
2006-11-24 16:45:42
はじめまして。

映画を観終わってからこれほど結末について考えさせられた映画はありませんでした。
。。でも、私としては好きな映画です。

ジョゼフとは別れるべきでしたね。
同感です。
 
 
 
はじめまして (ちー)
2006-11-25 09:17:10
TB御礼。
ニコールファンには絶賛のこの映画!
あの長回し! 美しいニコール!
正直TBを頂いても、「否」のレポだと哀しい。
ありがとうございました!

 
 
 
TBありがとうございます (vermilion-sands)
2006-11-25 16:31:23
賛否両論な映画だと思いますが、個人的にはハズレな映画でした。自分のBlogでは徹底的に批判的な感想しか書いてませんが、TBありがとうございました。
 
 
 
ニコール・キッドマン (ネネム)
2006-11-26 02:16:58
TBありがとうございました。
面白くないわけではないのですが、自分の中では微妙な位置づけの映画です。
ちなみに私も『ドッグヴィル』は衝撃を受けました。
 
 
 
はじめまして (wanco)
2006-11-26 02:21:59
はじめまして。
TBありがとうございました。
トンネルの解釈が同じでうれしいです。
「記憶の棘」にはいろんな議論があって、そこがまた、この映画の優れているところかなと思ったりもします。
ニコールがきれいなのは皆さん同意見ですね!
 
 
 
TBありがとうございました (ミチ)
2006-11-26 09:26:17
こんにちは♪
画像の『ミラクルバナナ』がとっても気になってしまいました(笑)
ニコールの映画は随分見ていますが、好きな作品がほとんど同じです。
『ドッグヴィル』を見た時は衝撃的でした。
 
 
 
TBありがとうございました! (アイマック)
2006-11-26 11:40:25
こんにちは!
イマイチ、すっきりしないストーリーでしたけど、
ニコールがすてきだったので、私もまあいいか!です^^;

キッドマンもので期待したけど、面白くなかったのは
「プラクティカル・マジック」かな。
サンドラ・ブロック競演でしたけど、ミスキャストという感じも・・
でも彼女の映画は大きなハズレはないですよね。
 
 
 
Unknown (Bianca)
2006-12-05 17:36:41
TBありがとうございました。
いつも、細かい再現に驚いています。
特殊な能力、それとも特殊兵器をお持ちなんでしょうか?
 
 
 
コメントへのお返事 (もっきぃ)
2006-12-07 02:22:03
きぐるまんさんへ
 ストーリーとしては、私もいまいちです。
 結局のところ、映像、ニコールの美しさで
 まあ、みてよかったかな?という感じです。

とらねこさんへ
 ご賛同いただきありがとうございます。
 『アイズ・ワイド・シャット』は、まだ私が
 ニコールを知る前の作品で、これからそういう
 作品もすこしずつみていきたいです。
 トム・クルーズが主演で、リリー・ソビエスキーも
 でてますね。おもしろそう。

やくざいしさんへ
 大満足ですか。それはよかったですね。

 ※映画館でひとりだったのはのは1回ですが、
 ふたりだったことも1回あります。それは、下北沢のちいさな映画館で「HAZAN」という陶芸家の話ですばらしい作品でした。
 ギリギリで入ったら、ひとりいて
 「あいつがいなかったらひとりなのに」とか思っていたのですが、その人も「おまえがきいひんかったらおれひとりやったのに」という目でこちらをちらりとみてました。

チョコさんへ
  好きな映画でよかったですね。
  「ジョセフとは別れるべき」同感いただき
  ありがとうございます。やっぱそうだよね。
  ※チョココロッケおいしいの?

ちーさんへ
  「否」のレポでも、映画に対してのもので
  「ニコール」に対してのものは、ほとんど
  ないのでは?そう思いましょう!!?

Vermillion-sandsさんへ
   ぼろくそですねえ。
   でも、わかる部分もあります。
   パンフで、監督が、生き返りか否かどちらにも
   とれるようにした、というような発言を
   よむと、少しひいてしまいます。

ネネムさんへ
   ドッグヴィルは衝撃でしたねえ。
   マンダレイも衝撃でした。
   次の気になります。

wancoさんへ
   トンネルの解釈そうすよねえ。
   あのシーンは、美しかった。
   演じている人が誰かわからないのもよかった。

ミチさんへ
   『ミラクルバナナ』は、私も、もう1本
   みようかと迷いました。
   「バナナの木から紙を作るという実際に
   あるプロジェクトをモチーフ」というところも
   緒方拳、小山田サユリも。
   結局、神戸クアハウスがチェックイン可能
   だったので、温泉にしました。

アイマックさんへ
   「プラクティカル・マジック」ですか。
   ちょっと注意ですね。サンドラ・ブロックと
   姉妹というのもなんだか似合ってないような。
   でも、とりあえず見てみようかな?なんちゃって。

Biancaさんへ
   残念ながら、特殊なものはなにもございません。 
   できるだけ、メモをとって、あとは予告や、パンフをもとに、記憶と想像力で書いてます。まちがいもたたあるかとおもいますが、最初のシーンはとても好きで、書きながら自分自身映画を見ている感覚をよみがえらせながら楽しんで書いてます。こんごともよろしく。




   




 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
オチがよく分からない。『記憶の棘』 (水曜日のシネマ日記)
10年前に愛する夫を亡くした美しい未亡人と、 夫の生まれ変わりを自称する10歳の少年の物語です。
 
 
 
記憶の棘 (Addicted to the Movie and Reading!)
■ シャンテシネにて鑑賞 記憶の棘/BIRTH 2004年/アメリカ/100分 監督: ジョナサン・グレイザー 出演: ニコール・キッドマン/キャメロン・ブライト/ダニー・ヒューストン/ローレン・バコール/アリソン・エリオット 公式サイト アナは10年前に夫 ...
 
 
 
記憶の棘/ニコール・キッドマン、キャメロン・ブライト (カノンな日々)
輪廻転生モノってアジア映画の得意とするとこのように思ってたけど、劇場予告編を観てハリウッドでこの題材を作るとどーなるんだろうと興味津々。映像や音楽の印象もとてもヨカッタので楽しみにしてた作品です。ニコールキッドマンを観るのは「奥さまは魔女」以来 ...
 
 
 
感想/記憶の棘(試写) (APRIL FOOLS)
生まれ変わりを巡るナイーブな恋愛ミステリ。意外性あるエンディングにほほぅ。ショートになったニコール・キッドマン主演『記憶の棘』9月23日公開。   ::::記憶の棘::::   アナは、自身の婚約パーティ(再婚)で10歳の小僧と出会う。こやつ、自分はアナの ...
 
 
 
記憶の棘 Birth (こころね*)
ストーリー:10年前に夫のショーンを心臓発作で失った未亡人アナ(ニコール・キッドマン)は、長年自分を思い続けてくれたジョゼフ(ダニー・ヒューストン)と再婚することを決意する。 しかし、そんな彼女の前に見知らぬ10歳の少年(キャメロン・ブライト)が現 ...
 
 
 
『記憶の棘』 (sweet* Days)
CAST:ニコール・キッドマン、ローレン・バコール 他 最愛の夫を突然亡くしてから10年、哀しみを乗り越えアナ(ニコール・キッドマン)はジョセフと婚約した。そんなある日突然、自分はアナの元夫ショーンだと言い張る10歳の少年が訪れる・・・・ う~ ...
 
 
 
記憶の棘 (peruriの劇場映画鑑賞記)
[コメント]繊細な恋愛感情の心の動きとニコール・キッドマンの繊細な演技が特に女性映画ファンの評判がいい映画です。実際にはストーリーは単調で繊細な心理描写についても感情移入できず、評判ほどでは無い感じです。評価は★★です。 [旅と映画]落ち着いてい ...
 
 
 
記憶の棘 (ネタバレ映画館)
 サンタはいない! 
 
 
 
記憶の棘 (BLACK&WHITE)
【Birth】2004年/アメリカ 監督:ジョナサン・グレイザー   出演:ニコール・キッドマン、キャメロン・ブライト、ダニー・ヒューストン、ローレン・バコール 10年前に亡くなった夫を忘れることができずずっと思い続
 
 
 
記憶の棘 (ココのつぶやき)
監督:ジョナサン・グレイザー  出演:ニコール・キッドマン、  キャメロン・ブライト、 ダニー・ヒューストン、  ローレン・バコール  ニコール・キッドマンの美しさは完璧だ。今回は仕事をしている女性で、シンプルなセーターや、黒やグレーのコートな ...
 
 
 
記憶の棘/Birth (我想一個人映画美的女人blog)
愛してた夫が、見知らぬ少年となって、目の前に現れ 「僕はショーン、君の夫だ、、、」 なんていきなり言われたら。。。。 そりゃ、信じるか信じないかの前に気味が悪い{/kaminari/}  と思うことでしょう、、、、普通なら。 もちろん、そんな10歳の少年の言う ...
 
 
 
103.記憶の棘 (レザボアCATs)
こうしてつくづく、ニコールキッドマンの映画を観ると、こう思う。「映画の質を上げる女。」本当に、この言葉の似合う人だと思う。 実を言えば、ストーリー自体は割とシンプルな展開の話だ。だけど、この監督がうまいのか、それともニコールが出ているから良いの ...
 
 
 
「 Birth記憶の棘(とげ) 」 (MoonDreamWorks)
監督・脚本 : ジョナサン・グレイザー出演 : ニコール・キッドマン/ キャメロン・ブライト/ ダニー・ヒューストン      公式HP:http://www.kiokunotoge.jp/原題は、「 Birth 」ニコール・キッドマンに7度目のゴールデン・グローブ賞ノミネートを ...
 
 
 
記憶の棘(映画)・危うさの中に浸っていたい (漢方薬剤師の日々&映画)
二コール・キッドマンは、やっぱ天才です。 ショーン少年が気絶した(この少年の倒れ方も天下一品だった)のを 目撃した直後のコンサートでのアナの気持ちの動揺といったら、 もう大変です。{/hiyoko_thunder/} そのシーンが、2分くらいも続いただろうかと思わ ...
 
 
 
記憶の棘 (ビター☆チョコ)
10年前に夫のショーンを亡くしたアナ(ニコール・キッドマン)は、何年もプロポーズし続けてくれたジョセフ(ダニー・ヒューストン)と再婚することを決める。そんなアナの前に亡くなった夫の生まれ変わりだと名乗る10歳の少年(キャメロン・ブライト)が現れ ...
 
 
 
『記憶の棘』 Birth (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
格調高い美しさにどっぷり。オトナな味わいに満足。 10年前に夫のショーンを亡くしたニューヨークのアッパー・イースト・サイドで暮らす未亡人のアナはジョゼフと婚約をする。音楽界の映像クリエイター、ジョナサン・グレイザーの監督作品。 いいじゃない!! ...
 
 
 
記憶の棘 (BUNPITUノHIBI)
ジョナサン・グレイザー監督 アナは愛する夫を突然失った。それから10年、再婚しようとしている彼女のもとに、ひとりの少年が現れる。少年の名は死んだ夫と同じ、ショーン。ショーンは言う。僕はきみの夫の生まれ変わりだと……という話 このストーリーラ ...
 
 
 
記憶の棘 (映画とはずがたり)
愛してる ― 何度生まれかわっても。 STORY:10年前に愛する夫ショーンを突然の心臓発作で失った、 美しい未亡人アナ(ニコール・キッドマン)。 最愛の夫を突然失い、その悲しみから抜け出せずに苦しんでいた彼女は、 悲しみを乗り越え、ようやく新しい人 ...
 
 
 
「記憶の棘」 (古今東西座)
雪に覆われた小道をジョギングする、全身黒いウエアを着た男の後姿をワンカットの長回しで追った、この映画の冒頭で、この映画は素晴らしいものになりそうだという期待感が高まり、やがてそれは確信へと変わっていく。 ジョギングする男は橋の下で突然倒れる。そこ ...
 
 
 
記憶の棘 (カフェ☆小悪魔)
愛してる―何度生まれ変わっても。記憶の棘◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆えっと…何度も生まれ変わってましたっけ?みなさま 御機嫌よう。言葉の棘なら標準装備のお嬢ですしっかり鑑賞していたはずなのにまったく話の内容が掴めなか ...
 
 
 
「記憶の棘(とげ)」 (或る日の出来事)
(C)2004 NEW LINE PRODUCTION INC. All rights reserved. 1年ぶりに、ニコールの映画が劇場に来た! 先日、この映画のことはこれが楽しみ!「記憶の棘」という記事で書いたけれども、ニコールの映画であれば、なに
 
 
 
もやもや感が残る 「記憶の棘」 (平気の平左)
評価:65点 記憶の棘 ちょっと中途半端な印象。 ラストは詰めが甘くて、もやもや感が残る上に、伏線にも問題あり。 さらに感情移入がしにくい部分があったりして全体的に期待はずれ。 期待しすぎたかもしれませんね。 ただ、「生まれ変わり」だという、キ ...
 
 
 
【記憶の棘】 (NAO-C☆シネマ日記)
“転生”ってホントにあるのでしょうか?? 10年前に夫を亡くしたアン(ニコール・キッドマン)の目の前に 突然現れた10歳の少年。 彼が言います・・『僕はショーン、君の夫だよ』 前半は、彼は本当に夫ショーンの生まれ変わりなのか?? それとも少年の嘘 ...
 
 
 
記憶の棘 (シャーロットの涙)
ジョナサン・グレイザー監督独特の、行間で見せる作品というか心を見るものに読ませるような映像が、冒頭から最後まで続く。 ジョギング中の一人の男を執拗に追うカメラといい、二コール演じるアナの表情をアップで撮り上げるその手法に、否が応でもひき付けられ ...
 
 
 
想い出は美しすぎて (CINECHANの映画感想)
220「記憶の棘(とげ)」(アメリカ)  「もし妻のアナが亡くなり、その翌日窓辺に小鳥が飛んできて、僕を見つめこう言ったら?『ショーン、アナよ。戻ってきたの』僕はどうするか? きっとその鳥を信じ一緒に暮らすだろう」  そう語った当日夫のショーン ...
 
 
 
映画 『記憶の棘』 (Death & Live)
ショート・カットでも、ニコール・キッドマンは美しかった。 『記憶の棘』  2004年 原題 : Birth 監督 : Jonathan Glazer 配役が絶妙です。 怪しい雰囲気バリバリの少年といい、 裏のありそうな婚約者といい、 全てを見通してそうな母親といい ...
 
 
 
『記憶の棘』 @新宿武蔵野館 (映画な日々。読書な日々。)
ニューヨークで家族と暮らすアナは、30代の未亡人。10年前に夫のショーンを心臓発作で亡くして以来、悲しみにくれていたが、最近になりようやく新しい恋人、ジョゼフのプロポーズを受ける決意がついた。ところが2人の婚約パーティーの夜、ひとりの少年がアナのもと ...
 
 
 
「記憶の棘」 (It's a wonderful cinema)
 2004年/アメリカ  監督/ジョナサン・グレイザー  出演/ニコール・キッドマン      キャメロン・ブライト  (ネタバレを含みます)    私は普段、映画の感想を書くときには極力ネタバレはしないようにしているんですけれど・・・これはネタ ...
 
 
 
映画~記憶の棘 (きららのきらきら生活)
 「記憶の棘」公式サイト10年前に夫のショーンを心臓発作で失った未亡人アナ(ニコール・キッドマン)は、長年自分を思い続けてくれたジョゼフ(ダニー・ヒューストン)と再婚することを決意する。しかし、そんな彼女の前に見知らぬ10歳の少年(キャメロン・ブラ ...
 
 
 
★「記憶の棘」 (ひらりん的映画ブログ)
2006年、9/26オープンの109シネマズ川崎に行ってきました。 オープン記念で1000円だったので・・・。 それに、ひらりんお気に入り女優、ニコール・キッドマン主演作品だしー。 上映館が少ないので、ひらりんにとっては、超助かりました。
 
 
 
記憶の棘 (えいがのひ)
映画『記憶の棘』  原題 『Birth』 夫の死から10年、やっと新たな生活を歩むべく婚約したアンの元に、夫の生まれ変わりだと名乗る少年が現れた… 製作は2004年。監督はミュージックビデオ界気鋭のクリエイター、ジョナサン・グレイザー。 ニコール・キッドマン ...
 
 
 
記憶の棘 (5125年映画の旅)
10年前に愛する夫ショーンを失ったアナ。心に傷を残しながらも、彼女はこれまで自分を支えてくれたジョセフと結婚する事を決意する。そんな時、アナの前に見知らぬ少年が現れ、「僕は夫のショーンだ」と告げる。この少年は一体何者なのか?本当に死んだ夫の生 ...
 
 
 
「記憶の棘」 (prisoner's BLOG)
十年前に亡くなった夫の生まれ変わり、と称する十歳の男の子が二コール・キッドマン扮する再婚直前の女性につきまとう。 謝罪するよう親に命じられた男の子があくまで拒絶し続けたあげく失神するのをキッドマンが目撃してしまうところでどーんと音楽がかかり、そ ...
 
 
 
■ 記憶の棘/フランス色彩 (今日なにした?明日なにする?)
10年前に死んだ夫だと云う少年が 再婚前のアナの前に現れる。 輪廻転生なのか・・・ 始まってすぐ! フランス映画みたい~~ 音楽も色もアングルもカットの長さも! けだるいフランス映画のラブロマンス・・・・・ 2年も放っとかれたこの映画・・・やっぱりダ ...
 
 
 
記憶の棘(バース) Birth (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
ショートカットのニコール・キッドマン主演 一年以上も前にDVD発売になった映画が2006年9月に 「記憶の棘」と言う邦題で劇場公開されるらしいです 再婚を控えたアンナ(ニコール・キッドマン)が、 亡くなった夫ショーンだと名乗る男の子に出会う 男の子はショ ...
 
 
 
記憶の棘 (TRUTH?ブログエリア)
原題:Birth監督・脚本:ジョナサン・グレイザー映画 米 04☆ 10年前に死
 
 
 
記憶の棘 (試写会HUNTER)
記憶の棘@シャンテシネ (2006/09/27) 試写会募集規模:中試写会募集数 0/648 自分の応募口数 0/5小口の募集が多くなかなか手強かったです。レディースデーのシャンテシネは大盛況。キンキーブーツ、来週分を購入しました。楽しみ♪ 公式:http://www.kiokuno ...
 
 
 
『記憶の棘』 (京の昼寝~♪)
 
 
 
『記憶の棘』 (京の昼寝~♪)
 
 
 
記憶の棘 - Birth - (2004年) (Monologue)
夫ショーンの死から10年、ようやく悲しみを乗り越えて恋人ジョゼフとの再婚を 決意したアナ。ある日、母親の誕生パーティにやってきた見知らぬ少年から 自分はショーンの生まれ変わりだと告げられて・・・ ニコール・キッドマン主演にもかかわらずミニシアタ ...
 
 
 
記憶の棘 (映画雑記)
最近、キャメロン・ブライトばっかりスクリーンで観ているような気がしており、 ちょっと、スクリーンでキャメロン・ブライトを見るのに、辟易しておりますが、 観たい作品である「サンキュー・スモーキング」と「アダム -神の使い 悪魔の子-」にも、 しっかり ...
 
 
 
記憶の棘 (夫婦でシネマ)
全て愛は一方の思い込みであるということなんでしょうか。見終わって索漠とした気持ちになってしまいました。
 
 
 
シネマ備忘録:記憶の棘 (瑣末、茶飯事、よしなしごと。)
「記憶の棘」  監督:ジョナサン・グレイザー  出演:二コール・キッドマン/キャメロン・ブライト/ダニー・ヒューストン/ローレン・バコ-ル/アリソン・エリオット /アーリス・ハワード/マイケル・デソーテルズ/アン・ヘッシュ  2004年/アメリカ/1時間40分 ...
 
 
 
映画「記憶の棘」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「記憶の棘」 10年前に愛する夫を亡くした未亡人と、夫の生まれ変わりだという10歳の少年の愛をミステリータッチで描く。 死後10年経ってやっと再婚の決心がついたほど、深く深く夫を愛していたアナ(ニコール・キッドマン) そんな時に「僕はショー ...
 
 
 
記憶の棘 (小部屋日記)
Birth(2004/アメリカ) 【劇場公開】 生まれ変わりのお話だと聞いてましたが、ちょっと勝手が違った・・・ 人によって、捉え方が違ってくる映画じゃないかな。 あくまでも私自身が映画から読み取れた感想です。 この邦題も理解できる。 ニコール・キッドマンの ...
 
 
 
記憶の棘(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
劇場予告を観て、10歳のガキに「君の夫だ」って突然言われたニコール・キッドマンの驚愕ぶりが気になってた映画。 「記憶の棘」を観てきました! ( → 公式HP  ) 出演:ニコール・キッドマン 、キャメロン・ブライト 、ダニー・ヒューストン ...
 
 
 
『記憶の棘』 (京の昼寝~♪)
 
 
 
記憶の棘 (cinema capsule)
ニコール・キッドマンの新作はミステリアスなラブストーリー。 10歳の少年は本当に夫の生まれ変わりなのだろうか・・・?! ★「記憶の棘」 2004年アメリカ 100分 監督:ジョナサン・グレイザー 出演:ニコール・キッドマン    ローレン・バコール   ...
 
 
 
記憶の棘 (カリスマ映画論)
 【映画的カリスマ指数】★★★★☆  深く刺さって抜けることのない・・・愛の棘  
 
 
 
映画:記憶の棘 試写会 (駒吉の日記)
記憶の棘 試写会@シネセゾン渋谷 「いつかまた別の人生で、君と出会いたい」 遅い時間の試写会(だからか?)で満席どころか通路にも座らせてました。 一列で通路は確保されていたとはいえ消防法は大丈夫なんでしょうか?追い返されるのもイヤですけどね ...
 
 
 
記憶の棘 (なんちゃかんちゃ)
ニコール・キッドマン主演の異色ロマンス。 死んだ夫の生まれ変わりを名乗る少年と遭遇した未亡人の動揺と、出会いに隠された衝撃の事実をミステリアスに映し出す。
 
 
 
記憶の棘 (映画でお喋り♪猫とひなたぼっこ)
完全ネタバレ感想です。 ご注意を! いやぁ~ 完璧に騙されました。 確かに 始まってすぐの 婚約パーティーのところで 「何かありますよ」 とは 匂わされていたけれど あの少年の目 静かな音楽 張り詰めた空気と 緊張感・・・      Oh! my ...
 
 
 
「記憶の棘」 (雑板屋)
記憶にはやはり棘があったのか・・と漠然と考えてみる。 事実は甘い記憶だけではなかったと・・・。 個人の解釈によって評価は極端に二分化されるだろうと思う。 少年は夫の生まれ変わりだったのか?今作のテーマというか題材は非常に面白く興味津々であった ...
 
 
 
記憶の棘 (しづのをだまき)
最愛の夫を亡くして10年後、再婚しようとする矢先、 一人の少年が現れ、夫の生まれ変わりだと主張 2004年 米国 原題「Birth」 100分
 
 
 
映画@記憶の棘/BIRTH (sattyの癒しのトビラ)
10年前に最愛の夫ショーンを突然失った 美しい未亡人アナ 彼女は、自分の心の傷が癒えるまで辛抱強く 待っていてくれた新しい恋人ジョゼフのプロポーズを ようやく受け入れる決心をする。 ある日、母の誕生日の席に突然見知らぬ少年が現われる 彼はアナに、自分は ...
 
 
 
mini review 07022「記憶の棘」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
カテゴリ : ドラマ 製作年 : 2005年 製作国 : アメリカ 時間 : 未入力 公開日 : 2006-09-23~2006-11-10 監督 : ジョナサン・グレイザー 出演 : ニコール・キッドマン ダニー・ヒューストン ローレン・バコール アリソン・エリオット キャメ...