もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう)
年間100本の劇場鑑賞、音声ガイドもやってました。そんな話題をきままに書きます。ネタバレもありますのでご注意を。
 



タイトル:チェンジリング
ジャンル:いろいろ/2009年/142分
映画館:TOHOシネマズ二条
鑑賞日時:2009年4月2日(木)
私の満足度:65% (緑が多く電車が走るロサンゼルスの街並みや、ローラース
ケートでフロアを駆け巡る電話交換室、土曜日がお休みの小学校など当時の生活
感が伝わってきたのがよかったです。つかみはOK)
オススメ度:65%

【序】
3月はとうとうブログ更新なしという筆不精ぶりを発揮しておりますが、映画の
ほうは最近あたりが多く、ペネロペクルスの「エレジー」、デジタルリマスター
版「ロッシュフォールの恋人たち」「シェルブールの雨傘」の3本は1-3月期
のベスト1,2,3ダーッという感じです。そののりで、評判の高い「チェンジリン
グ」にかなり期待をもって行ってきました。仕事帰りで、映画終了から電車の発
車まで2分しかなかったのですが、チケット売り場で「エンドロールは何分です
か?」と聞くとファイルを開けて「3分です。」と回答をいただき、このあたり
のシステマティックな対応はさすが一人勝ちの東宝さんといつもながら感心させ
られます。まずは、ストーリーの引用から。 

【ストーリー:gooより引用】
1928年。ロサンゼルスの郊外で息子・ウォルターと幸せな毎日を送る、シング
ル・マザーのクリスティン。だがある日突然、家で留守番をしていたウォルター
が失踪。誘拐か家出か分からないまま、行方不明の状態が続き、クリスティンは
眠れない夜を過ごす。そして5ヶ月後、息子が発見されたとの報せを聞き、クリ
スティンは念願の再会を果たす。だが、彼女の前に現れたのは、最愛のウォル
ターではなく、彼によく似た見知らぬ少年だった。
[ 2009年2月20日公開 ]

【鑑賞前の予想】
別の子供が帰ってくるのだから、これはきっと警察の仕業。何かのミスで子供を
殺してしまって、証拠隠滅のために別の子供をおしつけたんだろう。そのまま騙
し続けることはできないから、この子もまた行方不明か、事故を偽装するとかで
いなくなって、「折角見つかったのに残念でしたねえ」とごまかす警察。母親
(アンジェリリーナ・ジョリー)はどうやって真実をつきとめるのか?みたいな、
そういうのを予想してました。
注)別に警察に恨みがあるわけではございません。

【感想(大ネタバレ)】
全般的には、緊張感とぎれず思わぬ展開ということもあって、最後まで興味を
持ってみれたのですが、どうも気持ちがのりませんでした。振り返ってみると3
つ原因があるように思い、完全ネタバレになってしまいますが、私の評価がいま
いち高くない理由でもあるので説明させてください。ただ内容はあまり丁寧に説
明していませんので、既に見た人向きです。

その1:伏線の意味
どこまで事実かはわからないのですが誘拐当日の演出は、母親にとって自責の念
に駆られることばかり。子供と映画に行く予定が仕事でキャンセルになり、早く
帰ろうと思ったのに上司に話かけられて電車に乗り遅れる。さらに家をのぞいて
見てと頼んでおいた人はどうもも見てくれなかったようで・・・。サスペンスな
ら、裏でそうなるように仕掛けてた奴がいてあとから重要になる筈で、丁寧に描
くところなんでしょうけど、今回そんなことする必要あったのかなあ。特に家に
帰って息子が見つからず、冷蔵庫をあけると手つかずのサンドイッチがあるのを
みると、「電車に乗り遅れるシーン」いらなかったんじゃないのと後から思えて
きて、どうもかみ合わない感触がだんだんとつのってくるのでありました。

その2:捜そうとする描写の少なさ
子供いなくなったらまず捜すでしょう。警察に頼むにしても、自分で写真をもっ
て一軒一軒訪ねて「この子みませんでした?」とか。消えた日は、そういうのあ
りましたが、そのあとはそういうシーンがなくって、ひたすら電話で「探し人セ
ンター」みたいなところに電話をかけるシーンばっかり。それって会社の電話
じゃないの?と突っ込みたくなるぐらいでした。連れて行かれたとされる牧畜場
に行ったり、遺留品を調べるシーンもなく、できるだけのことはしている感がな
いんですね。だからすっきりしませんでした。
さらに輪をかけるのが教会の牧師さん。正義の味方で、大きな功績を残した人
で。最初のセリフが教会の集会で「彼女(主人公)は、うちの信徒ではありません
が・・・」と、なんとも恩着せがましい出だし。これでいっぺんに嫌いになりま
した。子供を捜そうという気持ちは、ほとんど見えず、「打倒警察」。これまた
なんとなく冷たい印象を持ちました。

その3:どこまで真実
映画の最初に「真実の話」とでてくるからと言って、全部事実である必要はない
のですが、ところどころご都合主義的なところがあり。重い話でなければそれも
いいのでしょうが、ちょっと場違いな感じを受けました。
例えば、精神病院で電気ショックの刑を受けそうになり、ベッドに押し付けられ
て、電極を体につけられて、口にもの入れられて、まさに電圧をあげようとした
ときに婦長?がはいってくるところ。この映画ってそういう映画だったっけ?
そんなこんなでラストシーン、ある子供が母親について語る部分。一番泣ける話
のはずがリアリティが乏しく泣けませんでした。まずその日のアカデミー賞が
「ある夜の出来事」に決まったときに、子供が「ある夜の出来事」を話すという
のは映画的な遊びなのでしょうか?それに子供が家に帰りたいとでてきたとき、
遠くならウォーリーのように汽車にのってきてお出迎えにならないのかなあ?
近くなら、警察ではなく直接家にいくだろうし。さらに、ウォーリーの話も出来
過ぎてはいませんか?
最初に「真実の話」とでていなかったらあるいは「事実に基づく話」だったら、
そこまで気にはしなかったかもしれませんが、気になってしまいました。

以上、いろいろ文句を言ったようでありますが、全体を通じて「母親の愛」とい
うよりも「痛々しさ」というものが伝わって来ました。「責任」というものを引
き受けた、特にシングルマザーとして一人で引き受けた主人公にとって、子供を
なくすということは、取り返しがつかないというか、心のなかにずーっと残ると
かいう言葉ではとても足りず、すべてなんだと。そう思いました。

最後に、インターネットでこの事件関連のホームページを見ていて驚いたこと。
その1:「ゴードン・ノースコット連続少年誘拐殺人事件」
映画では、でてきませんでしたが、本人の母親も5人の少年殺害にかかわる。
その2:主人公は、自らを精神病院送りにしたロス市警の担当官に民事裁判を起
こして勝訴。この担当官(ジェフリー・ドノバンが好演)もとダイバーだそうで
池を捜索している記事がありました。やっぱり操作はやってたんだと、ちょっ
と、ほっとしました。

ではまた。

チェンジリング@映画生活
「チェンジリング」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

コメント ( 2 ) | Trackback ( 28 )



« お正月から今... フィリピンで... »
 
コメント
 
 
 
TBありがとうございました (にゃむばなな)
2009-04-10 15:13:23
疑問点についてですが、

1、まず伏線について
母の愛を後悔の念を用いて描いたと考えるなら、あれらのシーンは全て不運が後悔になったことを強調したものだと思います。

2、子供を捜すことについて
この家庭は身寄りのない母子家庭ですから、いつ子供が帰ってくるかも知れないと考えると無闇に探しに出るのは怖くてできないと思います。
また牧師さんの言葉も恩着せがましいのではなく、誰であろうと差別することなくというキリスト教の基本理念を強調したものだと思います。

3、真実の話について
事実は小説より奇なりというように、真実の話という前置きがあるからこそ、このご都合とも思える偶然の恐ろしさが味わえるのだと思います。

恐らくこの映画に臨まれる前に、ちょっと作品に対するイメージが強すぎたのではないでしょうか?
思っていたのとは違うという感想を持ってしまう時って大概そういうことが原因だと思いますから。
 
 
 
にゃむばななさんへ (もっきぃ)
2009-04-11 00:44:28
コメントありがとうございす。ご指摘のように、事前の思い込みは強いほうで、その点はもっともです。でも、意見の違いですね。若干補足させていただきます。

1.伏線
内容としてはおっしゃるとおりだと思います。
でも、ほかで十分表現できているのでいらないとおもいました。

2.子供を捜すこと
私が考える理由のなかでは、すでに新聞等で全米に知れ渡っているからというのがまだ納得のいく理由です。偽ウィルターも、似ているといわれたところから、成りすましになったようです。※
牧師の発言については、「強調」が私には耳障りでした。

3.真実
この映画で多くのことが事実に基づいていることと思いますが、その後HPで調べてみると、不自然にみえるところは、やはり事実でないことが多いと思っています。

例えば、病院のシーンですが、ある記事ではジョーンズ警部が偽ウオルターから事実を聞いて病院から出したとあります。それで、電気ショックにかからずに済んだとしたら映画のつながりとしてはよくないですよね。

また、ラストシーンですが「殺人犯の死刑から5年、事件で死んだと思われていた少年がいきていたというニュースが、母親に希望をあたえた。」と記事にあります。おそらく、このような記事から、あの美談を作り上げたんだろうというのが私の推測です。もし、詳細ご存知のかたおられましたらお教えください。

Five years after Northcott's execution, one of the other boys he was accused of killing was found alive and well.

This tiny bit of news gave Collins the hope she needed to go on searching for the rest of her life.

出展
http://articles.latimes.com/1999/feb/07/local/me-5769?s=wk&n=o&rd=en.wikipedia.org&sessid=164afff5c5d6632ee86e4b3aedd8895a2ece3e0a&uuid=164afff5c5d6632ee86e4b3aedd8895a2ece3e0a&pg=2&pgtp=article&eagi=&cat=arts+%26+humanities&pe_id=4347280&page_type=article&exci=1999_02_07_local_me-5769
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
チェンジリング (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『どれだけ祈れば、 あの子は帰ってくるの─? ある日突然、消えた息子。 5ヵ月後に帰ってきた彼は別人だった─。 1928年、ロサンゼルス。 魂で泣く本当にあった物語。』  コチラの「チェンジリング」は、クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョ...
 
 
 
【チェンジリング】 (+++ Candy Cinema +++)
【CHANGELING 】 【監督/制作/音楽】 クリント・イーストウッド  【脚本】 J・マイケル・ストラジンスキー    【日本公開】2009/02/20  【...
 
 
 
桶川ストーカー騒音おばさんの黒い夏●チェンジリング (Prism Viewpoints)
どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの ―― ?   (公式キャッチコピー) 『CHANGELING』 チェンジリング - goo 映画 1928年。 ロサン...
 
 
 
【チェンジリング】理不尽な世界との闘い (映画@見取り八段)
チェンジリング ~Changeling~ 監督: クリント・イーストウッド 出演:  アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・...
 
 
 
劇場鑑賞「チェンジリング」 (日々“是”精進!)
「チェンジリング」を鑑賞してきましたクリント・イーストウッド監督がアンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えた感動のミステリー・ドラマ。1920年代のロサンゼルスで実際に起きた事件を映画化。5ヶ月の失踪ののち保護され帰ってきた幼い息子が別人だったことから、本...
 
 
 
【レビュー】「チェンジリング」重厚な問題提起 (映画の部屋☆とらとら分室(^^;)
もう30年近く前になる 当時 初めて目にしたクレジットカードを拾った   通学電車を遅らせて 交番(派出所?)へ 思えば 警察官は面倒くさそうだった 拾得届を書かせてくれる訳でもなく 紙の切れ端に住所・氏名・電話番号を書いた もちろん その後 なんの連絡も無...
 
 
 
チェンジリング (Akira's VOICE)
子は鎹(かすがい)。 永遠に!!  
 
 
 
チェンジリング (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「チェンジリング」の感想です
 
 
 
チェンジリング (カトリーヌの雨傘)
    これが神様の仕業だとしたら・・・    この試練をどう乗り越えろというのか・・・    これが運命なのだとしたら・・    この母に陽のさす日はくるのだろうか・・・              チェンジリング 取り違えの子    映画を見ている間...
 
 
 
『チェンジリング』 (めでぃあみっくす)
衝撃の傑作。しかも3度も衝撃を味あわせてくれる骨太な傑作。アカデミーでの評価が3部門だけというのも、過小評価されすぎでは?作品賞にノミネートされていてもおかしくないのでは?と思えるほどに素晴らしい映画でした。そして改めてクリント・イーストウッドという映...
 
 
 
チェンジリング (Memoirs_of_dai)
オレ(息子)オレ(息子)詐欺 【Story】 1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の...
 
 
 
『チェンジリング』・・・権力に屈しない正義 (SOARのパストラーレ♪)
失踪した息子を捜すために腐敗しきった警察に立ち向かう母クリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)の強さにとにかく圧倒される。警察の信じられないような仕打ちの中で、決してあきらめない母の姿が強烈なインパクトを作品に与えていて見応え十分。ひとりの少年の失踪が...
 
 
 
チェンジリング (ルナのシネマ缶)
実話だというのが ホントに恐ろしいです。 理不尽にもほどがあります! 警察の横暴も凄いし それに精神病院も 酷すぎる・・・・。 でもそれだけではない、 クリント・イーストウッド作品は 奥が深いです! 1928年3月、クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ...
 
 
 
チェンジリング・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ある日突然、最愛の息子が失踪し、数ヵ月後に警察によって発見される。 ところが自分を母と呼ぶその子は、我が子とは似ても似つかないまった...
 
 
 
チェンジリング Changeling (映画!That' s Entertainment)
●「チェンジリング Changeling」 2008 アメリカ Unversal Pictures,Imagine Entertainment,Malpaso Production 142min. 監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド 脚本:J・マイケル・ストラジンスキー 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッ...
 
 
 
チェンジリング (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ある日突然、消えた息子。5ヵ月後に帰ってきた彼は別人だった__。 物語:舞台は1928年のロサンジェルス郊外。電話会社に務めるクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は9歳の息子ウォルターと暮らすシングルマザー。息子と過ごす時間が一番大切な時間だ。 と...
 
 
 
「チェンジリング」残酷で重いけど…イイ映画です。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[チェンジリング] ブログ村キーワード  監督クリント・イーストウッド、主演アンジェリーナ・ジョリーという、豪華なタッグが実現した本作「チェンジリング」(東宝東和)。実話を基に、“魂を揺さぶる映画”に仕上げています。さすが名監督に名女優。  1928年...
 
 
 
チェンジリング (メルブロ)
チェンジリング 245本目 2009-6 上映時間 2時間22分 監督 クリント・イーストウッド 出演 アンジェリーナ・ジョリー ガトリン・グリフィス ジョン・マルコビッチ ジェフリー・ドノバン 会場 TOHOシネマズ府中 評価 8点(10点満点)  イースト...
 
 
 
「チェンジリング」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
面倒を排斥しようとする愚かさは現代にも通じる。これが事実に基づいた話というのだから驚きだ。昔は良かったという人がいるがとんでもない。ひとたび権力に楯突けば、人を人と思わない仕打ちが待っていた時代である。長い作品であるが、別の子供が息子を語って現れたあた...
 
 
 
チェンジリング (心のままに映画の風景)
1928綛眼???激?潟?違????吟?若???⒢?鴻???c?鰹??≪?潟?吾?с?⒢?若???祉?吾?с?⒢?種?????㏍?泣?潟?若??拷??紊???罩潟?????❼??帥?種?????⒢?潟?祉?違?⒢???c?刻??...
 
 
 
「チェンジリング」 (首都クロム)
 母親と言うのは、凄い生き物だと思います。子供のためなら自分の全てを差し出せる、その覚悟と、毅然とした態度。感情的だとか常軌を逸しているとか評されがちです(本編でもそういう扱いを受ける場面が多々ありました)が、それこそが母たる者の本能・直感、寧ろ備わっ...
 
 
 
チェンジリング (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <日比谷TOHOシネマズ スカラ座> 監督:クリント・イーストウッド 脚本:J・マイケル・ストラジンスキー 1928年、ロサンゼルス。電話会社に勤めるクリスティン・コリンズは、9歳の息子ウォルターを女手一つで育てる毎日。ある日、休暇を返上し...
 
 
 
チェンジリング (だらだら無気力ブログ)
1920年代、息子が行方不明になった母親が5ヶ月後に見知らぬ少年を息子 だと言って警察に押し付けられる。本当の息子を取り戻すために堕落した 警察相手に孤独な戦いを挑む母親をクリント・イーストウッド監督が アンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えて描いたミステリ...
 
 
 
『チェンジリング』 2009-No9 (映画館で観ましょ♪)
突然消えた息子。 帰ってきたのは見知らぬ少年。 誘拐・殺人・腐敗した警察 息子を探す母と真実との戦い。 重苦しいテー...
 
 
 
「チェンジリング」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
ロス市警には怒り心頭!冷静になれなかったです
 
 
 
「チェンジリング」(CHANGELING) (シネマ・ワンダーランド)
「ダーティハリー」や「許されざる者」「マディソン郡の橋」「ミリオンダラー・ベイビー」などの作品で知られる米映画界大御所のクリント・イーストウッド(79)が2008年にメガホンを執ったミステリー・タッチのサスペンス・ドラマ「チェンジリング」(原題=「取り...
 
 
 
【映画】チェンジリング…私程度がツッこみする隙無しな良作、高評価。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
一昨日の記事でも「朝まで仕事」{/face_hekomu/}と書きましたが、昨日の朝も同様{/face_hekomu/} 15時間労働の末に朝10:00頃に帰宅{/face_hekomu/}。お陰でそのまま夕方まで寝ちゃって{/kaeru_night/}…昨日の土曜日は無駄に{/face_ase1/}{/ase/} 今日{/kaeru_rain/}{/hi...
 
 
 
チェンジリング/Changeling(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[チェンジリング] ブログ村キーワードチェンジリング(原題:Changeling)キャッチコピー:どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの?製作国:アメリカ製作年:2008年配給:東宝東和ジャンル...