私の自分史習作

以前にHPを作っていました。
それも含めた身辺雑記エッセイです。
最近はRacketプログラムや本の紹介です。

セクシー素数ーRacketを使って

2017-05-18 18:20:28 | Weblog
セクシー素数は差が6であるような素数のペアです。

Racketのプログラムは以下のようになります。
(今までのコードとは少し違った書き方でシンプルにしました。)

(require math/number-theory)

(define (sexy-fact n)
(for ([i n])
(cond
[(and (prime? i)(prime? (+ i 6)))
(display (list i (+ i 6)))]
[else (display "")])))

以上を実行してから(sexy-fact 100) を実行します。

> (sexy-fact 100)
(5 11)(7 13)(11 17)(13 19)(17 23)(23 29)(31 37)(37 43)(41 47)(47 53)(53 59)(61 67)(67 73)(73 79)(83 89)(97 103)
>

余談ですが、ウィキペディアで見ましたら、
セクシー素数5つ組が(5, 11, 17, 23, 29) のただ一つ存在するそうです。
セクシー素数のセクシー組(6つ組)は存在しないそうです。
(これが書きたいためだけのプログラムでした)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フェルマー素数ーRacke... | トップ | ゼータ関数ーRacketを... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL