好い加減な日本人と日本社会

勝手に首相は国民の意思ではなく決まってしまう。大統領とは言わないけど首相を決める選挙を超党派で決める事が出来無いと。。

脅迫選挙!

2017-10-21 11:45:40 | Weblog
各候補者の演説の大半が北朝鮮からミサイルがやってくる話!どうにもなりません。本気で北朝鮮がノドンを打ち込んでくれば確実に被害は発生し防ぐ事は出来ません。予算編成を変える。此は次の子供保険を控えているので詐欺まがいの話です。幼保無償化しても幼稚園の月謝と保育園の保育費では差が生じます。生まれて数年後には差が生じる税金の使い方は問題解決できますか?高校でも私立と公立とでは月謝に開きが生じます。そして国民の定義!枝野さんの立憲民主党は米国の民主党に似ていて好い加減な約束と緩い話を先に出し外国人の帰化も率先し後の事は考えない集団です。原発事故当日に家族を外国に速攻逃がしたそうです。国民は逃がす事もなく自分だけですか?利己主義は此処から始まっています。民衆とか地域とか色んな縛りは嫌な日本人が多くの支持しています。他人が高速で困っていても何もしないで通過する人々でありネオ日本人の感覚だと思います。ユーチューバ-や同性愛者も容認する事が、これからの人間社会の在り方だと唱える事でしょう!これが新聞広告とニュースでの演説を聴いた限りの私の意見です。軍事も幾ら迎撃ミサイルを購入しても上空15キロは危険なんです。ミサイルが落ちる時には死を覚悟し攻められる前に攻める軍備が必要なんです。日本軍を創設し軍需産業にもっと踏み込んで日本の脅威を世界に示す事が出来なければマスターベーション・犬の遠吠えなんです。外国為替を利用して50兆円の利益が出たなら今年の予算編成は黒字決済できるし消費税を10%にする必要も有りません。借金を長期返済するには消費税は20%に成るはずです。それだけ借金を今までの政権が作ってきたんです。返済する覚悟をする前に国会議員総辞職を望む事です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台風21号 | トップ | さぁ選挙! »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事