もじもじ猫日記

好きなこといっぱいと、ありふれない日常

早けりゃいいってもんじゃねぇだろう

2017-01-04 21:55:23 | 考え事好き
昔語りをする人は「あの頃は良かった派」が多いようですが
過去の武勇伝(真偽は謎)を語るオッサンと同じメンタリティだよな。
子供の頃川は洗剤の泡が浮いていて、魚いなかったけど。
スパイクタイヤが削る粉塵で雪は真っ黒でしたけど。
そういう話はしないよね。

昭和はデパートの初売りは3日ぐらいだった。
組合が交渉を重ねてずらしたのね(バイトした時に聞いた)
あと、定休日は週一で営業時間も遅い日で7時ぐらいだった。
でもさ、別に暴動は怒らなかったよ。
法律が変わってスーパーが競争相手になったから色々変わった。

自分の身内が働いてる、と想像したら
12/31も仕事で1/1だけぐったりしていて2日は初売り支度で早い出勤って、
もう少し休ませたいでしょ。

で、佐川が色々問題になってるようですが
25,6年前は年末に荷物送るときは、
12/24あたりまでに出さないと年内に届きません。営業所が休むので。と言われて
そりゃそうだな。と納得してました。
北の零年から関東へ毎年荷物送ることがあってね。

運転手さんにも仕分けるひとにも家族はいるんだぜ?

こういう話をして「そういう仕事でしょ」などと言う人の身内が
そういう仕事だったためしがないのは長年生きてきての事実。
少し違う方向の話になるが
あまりにもエゴ丸出して驚きすぎて度々思い出すのが
過疎地の病院で医者の人数が足りないので夜間救急をやめるという話し合いの時に
「医者は24時間働いてもらわないと困ります」と堂々とTVに映され乍ら話したおばさん。
『医者は死んでもかまわない、って言ってることに気がついてないのか?』
ああいうメンタリティはどうやって培われるのだろう、と思い出すたびに考えてしまう。

私はすでに昔の人なので、今を全否定する気はないが、
なんでも早くなればいいって発想は
びんぼうくさいと思う。
リニアとか昭和のジジイの夢だから、もういいって。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あけましておめでとうございます | トップ | 鼻水マシンと化してました »

コメントを投稿

考え事好き」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL