もじもじ猫日記

好きなこといっぱいと、ありふれない日常

「ウィスキー」

2005-07-10 17:23:32 | 映画
ウルグアイの映画って、初めて観た。
というか、かの地では映画の製作本数が極端に少ないらしい。

冴えない初老のハコボは、ちっぽけな靴下工場を経営している。
これまた冴えない中年女マルタは事務員らしい。ただ黙々と働く。
二人は全く無表情に、毎日毎日同じことを繰り返す。
ある日ハコボはマルタに“妻であるふり”をしてくれと頼む。
ブラジルに渡って成功している弟のエルマンが、母のお墓を建てる日にやってくる間だけ。
マルタは仕事の一環であるかのように無表情に引き受けるが、
ほんの少しずつ彼女に変化が起きてくる。

恐ろしく淡々とした話だし、ハコボとマルタは無表情だし、出てくる景色もショボイし、どうってことない映画のようだが、好きだ~。
カウリスマキが好きな人にはオススメ。
くすっと笑えるところがあるんだよね。
ハコボが、がさつにだけどラッピングするところが結構ツボ。
ラストも【好きに考えて下さーい】というカンジですが、私はマルタは旅に出たと思うぞ。ふふふ。
目覚めた女は変わるのよ~。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« むはのむは固め | トップ | 雨の中の弦楽オーケストラ »

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました。 (kero)
2005-07-11 14:03:27
こちらからもTBさせてくださいね☆



私もどうってことない映画のようですが好きです!

一見どうってことなさそうな物事にこそ真理が隠れてる気がします。



マルタの変化はとても気になりますね。

「目覚めた女は変わるのよ~。」というコメントが個人的にめちゃつぼでした。

始めまして (たもと)
2005-07-11 15:24:28
TBありがとうございます。



大変のんびりと、訳のわからない映画でありました。カウリスマキの方が、やはり笑えるし、訳がわかる、と思います。



私には、マルタの将来が全く読めません。やっぱり旅に出たのでしょうか。

keroさま (もじもじ猫)
2005-07-11 22:31:35
どうってことない、というか淡々とした、それで何やねーん!という映画が、結構好きだったりします。

まあ、モノによりますが、考えオチもいいですよね。
たもとさま (もじもじ猫)
2005-07-11 22:35:43
訳のわからないところが好き、という人もおります。はい、ここに。

一から十まで説明されると、ウザイのです。



カウリスマキはもう世界が出来上がってますからね。



マルタの未来は観る人の心が決めていいのではないでしょうか。

私は旅に行ったと確信しております。それもブラジルじゃないところへ。
TBアリガトウございました! (タニィ)
2005-07-12 07:56:08
はじめまして、こちらからもTBさせていただきます。



南米の人は日本人から比べると、陽気ではっきりしていて、明るいイメージなんですが、その中でもウルグアイの人は比較的日本人に近い、おとなしく内堅実だったり、情熱を秘める?タイプが多いように思えます。(普段静かなのにサッカー観戦になると熱狂する、というように?!)



もちろん、ハコボのキャラは映画用に強調されている部分もありますが、その割にはやけにリアリティがある、というか。(私の知ってるウルグアイ人にもこういう感じの人、いるいるっ!ってまず思えました。)



マルタにいたっては私としては元職場の同僚を彷彿させられました。



季節が冬、という設定も、天気に影響されやすいラテン人の気持ちと関係しているように思えました。

(彼らの真夏の仕事ぶりや長いバケーションの休暇時期、ってどんな過ごし方するんだろう?とかいろいろ想像をかきたてられます。)

私はとても気に入った映画で、これをきっかけに他のウルグアイ映画が紹介されるといいなと思ってます。
タニィさま (もじもじ猫)
2005-07-12 22:43:56
そう、知識がないので南米っていうとサッカーの応援を熱くする人々、なんて思っていましたが、シャイだったりするんですね~。

タニィさんのブログを、ふむふむと読ませていただきました。興味深い。



ウルグアイ映画、日本でもっと観られるといいですね。

こんにちは (らか)
2005-07-12 23:01:22
TBありがとうございます。



”中年のリアル”をしみじみ感じた作品です。

こーゆー系っていろいろイメージが浮かぶんだけど、はっきりとした言葉で感想を言うよりも、「うーん、なんかよかったぞ」くらいがいいなぁと思いました。







らかさま (もじもじ猫)
2005-07-13 20:09:22
”中年のリアル”ですか?そうですね、日本人で作るともっとじめーっとした話になることでしょう。

若者が主人公のゆるーい映画は、最近結構ありますが、うむ。



そうそう「なんかよく分からないけど、好き」というのも、たまには良いですよね。
お久しぶりで~す (OZAKU)
2005-09-15 20:16:32
こんばんわ、TBありがとうございました。

私はこういうなんてことない映画好きなんですよ~。地球が滅亡したり、どっかに閉じ込められたり、エイリアンに追い掛け回されたり、そんな特別なことがなくても、充分楽しい映画っていいなあ、って思うんですね。どこにでもあるような日常の中であっと思う、そんな感じですかね~。

やっぱりポイントは味のある役者さんたちかな、と思います。



マルタは旅に出た、なるほど、そうかも知れませんねえ。そうするとハコボはどうする?なんて考えるのも又楽しいですね。
いらっしゃいませ~ (もじもじ猫)
2005-09-15 22:26:45
どうも最近いろんな方のブログにお邪魔すると、ゆるい映画がお嫌いな方が多いのですね。

私はゆるゆるも、ドキドキも好きですが。

(ザッツ・ハリウッドは苦手)

この作品は沢山の人に観てもらいたいが、難しい系統でしょうねぇ。



マルタは変わって戻ってくる気がします、ふふふ。
ゆる~い (kossy)
2005-09-17 00:26:40
TBとコメントありがとうございます。

俺もこの手の映画は大好き。

その中にも酸素ボンベなどの奥が深い伏線があると大喜びです。

ラストもいいですよね~

観た人の数だけ意見が飛び交いそうな・・・
いらっしゃいませ~ (もじもじ猫)
2005-09-18 16:10:00
観た人の数だけ意見が飛び交うところこそが、映画の面白さな気がします。

普通にハッピーエンドも好きですけど。

観てる時にただ目に面白くて、何も残らないものはお金を払って見る気がしません。
Unknown (みつこ)
2005-11-06 21:24:25
好き嫌いが分かれる映画ですが、アタシはこういうの大好きです。

ハリウッドのスペクタクル映画やロマンス映画が好きだとダメでしょうね(笑)ハリウッドだったら、エルマンがミューピッド役で、ハコボとマルタが本当に結婚して、もちろんハネムーンはイグアスの滝。あーツマらない(笑)
確かに (もじもじ猫)
2005-11-07 20:54:03
スペクタクル映画とかVFXとかが好きな人っていますよね。私は逆にダメなんですが。

こういうゆるかったり、結末を自分で考えられるタイプが好きです。

1から100まで説明してくれる映画なんて、つまんないと思うんですけど。
いまさらですが (ミチ)
2005-11-10 23:45:24
こんにちは♪

コメント欄に「ウィスキー」の文字を見つけたので、TBさせていただきました。

この映画大好きでした!

レンタル開始になってますけど、借りられている様子がないの・・・。

面白いのにね~。

ラスト、私もマルタは目覚めたと思います!!
レンタル! (もじもじ猫)
2005-11-11 20:02:52
なんてシブいレンタル屋さんなんでしょう。無理やりポップを作って送りつけたいわ(爆)”静かな笑いがあなたを包む””おしゃれさん必見”とかテキトーなヤツを。



私はたまーにしかレンタル屋に行きませんが、ミニシアター系はおしゃれ系じゃないと入らないですよ。



マルタのその後は色々な意見があって、おもしろいですよ~。
Unknown (マイコ)
2006-03-04 22:57:24
こんばんは★



トラックバック&コメントありがとうございました。



意味深なラストでしたよね!!

マルタは幸せになれたのかな??(笑)



ウルグアイ映画はホント、初めてみましたが味があって良いですね。

今後に期待です!!

いらっしゃいませ~ (もじもじ猫)
2006-03-05 21:54:35
・マイコ様

目覚めたマルタはきっと幸せになった気がします。

誰かとどうこう、ではなくて自力で。

ウルグアイ、要注意ですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「ウィスキー」を見てきました。 (ときどき日記)
映画「ウィスキー」を見てきました{/kaeru_en4/}ウルグアイの映画だそうです。 ・・・・・・・ さびれた工場の社長ハコボ。そこで働くマルタ。 繰り返される何にもない毎日。 あるとき1年前に亡くなった母親の墓石の建立式をすることになり、長い間疎遠になっていたハコボ
やっと!映画「ウィスキー」 (毎日がブエノス・ディアス!)
 ようやくウルグアイ映画「ウィスキー」を地元で見た。東京での上映から地方に来るまで長かった~。待ちくたびれた~。ストーリーはいち早く映画を見た人の感想等をあちこちで読んである程度までわかったつもりでいたが、ラストまでのストーリーの展開、一体どんな風にウル
ウィスキー (飴玉映画館)
ウルグアイのぼろい靴下工場の経営者ハコボと生真面目な従業員マルタ。ほとんど会話を交わさず、決まったとおりに仕事する二人。ある日、ハコボの弟エルマンがブラジルからやってくることになり、ハコボはマルタに妻のフリをしてくれと頼む。そうして、三人のぎこちない生活
ウィスキー (travelyuu とらべるゆうめも MEMO)
カンヌで賞を獲ったウルグアイの映画 ウルグアイの映画を始めて観たような気がします なんとなく社会的活気が無いようなウルグアイを背景に モンテビディオで儲からない古い靴下工場の主ハコバ ハコバの弟でブラジルで事業を起こし成功してるエルマン ハコバの工場で長年
ウィスキー (ネタバレ映画館)
 「イグアスの滝」なら見ましたよ!『ブエノスアイレス』の映画の中でですが・・・  「ウィスキー」「チーズ」、『オオカミの誘惑』で知った「はい、キムチー」。これら写真を撮るときの言葉。もちろん笑顔を作るための言葉だが、主人公のハコボは写真を撮るときしか笑顔
乙酉年神無月伍ノ壱 ウィスキー (週刊電影報告)
ウィスキー@飯田橋ギンレイホール 2004/ウルグアイ・アルゼンチン・ドイツ・スペイン/フアン・パブロ・レベージャ&パブロ・ストール/Whisky  ハコボ(アンドレス・パソス)は独身、ウルグアイで小さな靴下工場を営む。母はハコボの介護の末1年前に亡くなった。1年たって
映画「ウィスキー」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ウィスキー」★★★★ 登場人物がほぼ3人で、セリフも少なく、のんびりとぬるい感じで話は進むんだけど、それが妙にユニークでそこはかとなく面白い! ストーリー:ウルグアイのさびれた靴下工場。経営者ハコボの下で働くマルタ。2人は仕事以外で会話を交わす
ウィスキー(DVD) (ひるめし。)
”ウィスキー”は幸せの合言葉。 CAST:アンドレス・パブロ・パソス/ミレージャ・パスクアル/ホルヘ・ボラーニ 他 ■ウルグアイ/アルゼンチン/ドイツ/スペイン産 94分 ウルグアイ映画が日本で公開するのはこの「ウィスキー」が初らしいです。初ウルグアイ映画です。
ウィスキー (生きてるだけで儲けもの☆)
各国の映画祭で高い評価を得たヒューマン・ドラマ。 タイトルの「ウィスキー」は、カメラに笑顔を向けるときに出る「チーズ」の意味。 偽の夫婦を演じることになった中年男女3人の不器用な作り笑い、会話が この物語を興味深いものにしている。 出演はアンドレス...
ウィスキー (39☆SMASH)
今、話題になってる『生協の白石さん』って本を読んだ。 すんごい面白かったですよ。 30分ばっかし立ち読みしちゃいました(笑) 『ウィスキー』 あらすじ 『靴下工場を営む年老いた男ハコボ。ある日ハコボは、1年前に亡くなった母親の墓石建立式のた...