ほんじゃらゆるゆる生活

アラフォーから卒業しつつあるワタクシと7歳になるゴールデンレトリーバーのてきと~ゆるゆるニンカツ生活。

不妊治療から離れていく

2017年04月21日 | 妊活
お久しぶりです、こんにちは〜
春ですね、キレイに桜が咲いてたようですが、ワタクシはろくすっぽ花見もせず、近所の桜はもう散ってしまいました。

とうとう病院に行かないうちに4月になり、お誕生日が来て46になってしまいました。

いや、もう毎年イヤな気分ですが、今回はお誕生日に合わせてリセットしてしまったもので、余計にイヤな気分が倍増。

もうこのままあがるのを待つだけなんでしょうか。
なんだかんだ言いつつ高齢出産までたどり着く気満々だったんですが、どうも難しそう…

まだ難しそうとか言って諦めてないのかと笑われるかもしれませんが、そうそう諦めきれないのですよ。かといって通院はしてないんですが。

通院しないのは諦めてるのとほぼ同じですが、まだスッパリやめたわけじゃないし、心の整理、ふんぎりがついたわけでもなく。

ワタクシの中では45の間に産むと決めてたので、そうじゃなくなった今、不妊治療で使い切ってしまった貯金をまた増やすべく、本腰入れて働かねば〜
でもめんどくさい〜

今のままにパートでいっか。
細々と老後を過ごせれば。
子どももいないから教育費とかいらないしね。

少ない貯金なのに治療に回せてよかった。
治療に回したことはぜーんぜん後悔していません。
ただ、せっかくやったんだから成果が欲しかったな。

まぁいろいろと考えますが、ふんぎりついてないと言いつつもこの状況は受け入れてたりします。

泣いても叫んでも、誰もどうにもしてくれないし。
うちがお金持ちだったらもう少しがんばれるのにって思いますが、お金があってもなくても、もう疲れちゃったって思うのは一緒だし、お金持ちだからって子どもが来てくれるわけじゃないし。

なんか最近思うんですよね。
こうやって悶々とした気持ちを抱えて生きていっても、多分死ぬときにワタクシは
「あぁ楽しかった」
って思おうとするだろうなって。
少なくともオットにはそう言いたいです。
前向きじゃなく悲観的なニンゲンだからこそ、そう思い込みたいのかも。

って治療やめることを考えるとなぜか死ぬときのことも考えてしまう〜
でも、この先まだまだ長いですから、もっと他の悩みも出てきますよね。

子どもがいないからってそれがどうした。
それも選択肢の1つだし人生のすべてではない…
経験しときたかったですけど〜

あぁグダグダと書いてしまいましたが、ワタクシは結構ココロ穏やかに、このまま歳を重ねていけそうです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何かを手に入れると何かが手... | トップ | ナゾの励ましを受ける »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。