カトリック菊池教会 


毎週の福音書と典礼にそって人生の素ばらしさを探る一言
菊池教会の電話:0968-25-2381

菊池市紫光書道会の作品

2010年09月24日 | メッセージ(その他)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毎週の一言 C年 年間二十六主日

2010年09月24日 | メッセージ(その他)
イエス様のことを愛される皆様へ、
「しばしば愛情深い心の動きをもって、短くても、神のことを考えなさい。」
聖フランシスコ・サレシオ

9月23日ごろ、春分と同じく昼夜の時間がほぼ同じで、秋の彼岸です。先祖を敬い、亡くなった人の霊魂を偲ぶ日です。このころ辺りに咲いている曼珠沙華は彼岸花、死人花、捨子花などの異名をもち、かつては飢饉の際の食用としました。畑の畔道や墓地など人里に、あれよあれよという間に鮮やかな赤を走らせます。山鹿市菊鹿町の番所棚などが名所です。また唐黍(とうきび)は「とうもろこし」ともいい、広く栽培されて、小麦、米とともに世界三大穀物の一つであったが、現在は食糧としてより、ポップコーンなどの菓子の原料、コーンスープなどの食材として利用されることが多い。
さて、キリスト信者の心には欠かせない特徴があります。それは聞く心です。自分の心、自分の体全体を耳にすることです。耳を傾けて神様が話される声を聞いています。有名な神学者もキリスト信者をみ言葉を聞く人とよんでいます。神様はそよ風の中で話してくださり、嵐の中でも預言者の時代のように話されます。モーセに茨のやぶの中から話されました。サムエルは夜中に夢の中で神様から呼ばれました。聖書の中に神様がしばしば雲の中から話される場面があります。神様は人の心の沈黙の中でも話されています。イエス様が神様の言葉になって山から話しかけられたり、小さい船からでも群衆に話されていました。洗礼者ヨハネは声として言葉であるイエス様に耳を傾けるように、自分の命を掛けて勧めました。小さいものたち、貧しいものたち、病者の中に宿るイエス様が、このような人々を通しても話してくださいます。キリスト信者はこのような不思議な、神秘的な言葉に一生耳を傾けています。その中に人生の喜び、幸せ、救いが含まれているからです。
ルカによる福音書 16・19-31
聖書によると富はむしろ人の心を縛る枷であり、人の目も暗くして、神様のこと、他人のことも見えなくします。また神様の言葉も聞こえなくなるのです。このような心を持った人は貧しい人、弱い人を差別し、神様から見捨てられています。富にとらわれた人は心がかたくなで慈しみと憐れみのない人になります。預言者の言葉を通して、富のためだけしか生きていない人達を、神様が厳しく裁かれていることで明らかです。当ルカの福音書の例え話で注目するところは、貧しい人には名前があります、金持ちには名前はありません。貧しい人はできものだらけのけがれた者で、犬がそのできものをなめています。しかし例え話の中心になるのは死後に起こることです。隣人のことを完全に見えなくなった金持ちは地獄に落ちて、貧しい人はアブラハムのふところに受け入れられています。当福音書はあくまでも例え話です。死後、正確に何が起こるか誰も知りません、しかし例え話は死後、生きていた通りに報われることになると言っています。とうとう金持ちは自分の兄弟について心配しはじめます。アブラハムの答えは、ラザロは助けに行けないが預言者を通して宣べられた神様のみ言葉を聞くべきだと告げています。最後に例え話が強調するのは、神様のみ言葉を聞き、心を変える、その言葉の力を受け入れる人だけが神様を見、神様に従う、隣人を愛するということです。自分の心が縛られることなく富から自由になることによって、素晴らし天上の音楽を聞くことになります。それはわたし達の救いの歴史の歌です。
                               モヨリ神父

※『新 くまもと歳時記 編集委員会編』 (熊本日日新聞社、2007~)より一部引用。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

菊池市紫光書道会の作品

2010年09月16日 | メッセージ(その他)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毎週の一言 C年 年間第二十五主日

2010年09月16日 | メッセージ(その他)
イエス様のことを愛される皆様へ、

「隣人の行いを出来るだけ良く判断するよう努めるのが、わたしたちの務めです。」
聖フランシスコ・サレシオ
もともと鳥獣の毛や肉を焼いて、その臭いで鳥などを追い払った「臭(か)がし」が語源。今の案山子は当世風の派手なTシャツやジーズを着て睨みを利かせているものが多い。農家の人々にとっては案山子作りは収穫前のちょっとした楽しみだろう。さて昭和26年、老人の福祉と敬老について啓蒙することを歌い文句に「老人の日」が設けられ、週間行事も行われてきた。現在は九月の第三月曜が国民の祝日の「敬老の日」として、公私を問わずその趣旨に沿うべく、各地で多彩なイベントなどが催されています。人生はそれぞれの季節によって、辛いことがあり嬉しい時もあります。老年に入ることは、人生の一番辛い時ではないと思います。年寄りになっても幸せな生活を送ることが出来ます。まず、自分の人生を振り返ってみると、神様からいただいた恵みを沢山見ることが出来ます。感謝の心が深くなり、それは自分の人生に全部及んでいきます。自分の言葉の重さによって人を指導し、素晴らしい真理を紹介し、自分の心も大きな喜びで満たされていきます。そうしてこのような思いに満ちた心の高齢車は、大きな平和を味わい、まだ若い人たちにも限りない人生の価値を伝えることができます。イエス様の言葉をも自分の人生に結びつけて見、神様から任せられた人生を上手に使うことができれば、神様が大きな報いを与えてくださいます。神様のみ旨の通り生きたものたちは素晴らしい心の平和を味わえます。
ルカ福音書 16・1-13
神様は人間に自分が父であることを示し、愛と赦しで満ちた人生を任せ、ご自分の永遠の命、普遍的な喜びを供えてくださいます。それに対して人間は、この世の持ち物を通して豊かさ、名誉、栄光を探し求めています。自分の人生で何を選択するかによって、自分の人生の価値観のもとに、人と神様との関わりの中で、どれかを選ぶとすれば、選んだことに対して他を拒否しなければなりません。当主日の集会祈願は共同体の声になって、このように神様に願っています:「貧しさに徹して生きる道を示してください。まことの豊かさを知ることが出来ますように。」また第一朗読によると、富にとらわれた人は現実を見失い、富に縛られて、相手を物理的なもので犠牲にします。福音書の課題は正義に生きるように勧めますが、わたし達の思いは神様の思いに従って富の為ではなく人の為、むしろ他人に富を分かちあって生きるように勧めています。イエス様が語られた例え話を通して、豊かに生きる為にいくつかの教えを勧めてくださいます。まず、思いがけない不幸な目にあっても、あきらめないでそれを肯定的な行動で乗り越えなければなりません。主人に不正な管理人が誉められたのは、厳しい時があっても賢く、徹底的に働いたからです。イエス様の弟子でも、どんな時でも、このように行わなければなりません。次に富の使い方についても教えがあります。富に対して人間は中立になることができません。心が富にとらわれた場合、富の力に口説かれる場合が多く、冷静に神様に忠実に生きることはできません。どうしても不正な道の方に引っ張られて、その下り坂をたどるようになります。どんな場合でも現世的なものに元づいて考えれば、人生を乱します。正儀と不正義を同時に生きることはできませんから、イエス様の弟子は常に目覚めているべきです。そして神様の恵みによって迷わず正義の道を選ぶべきです。                        モヨリ神父 

※『新 くまもと歳時記 編集委員会編』 (熊本日日新聞社、2007~)より一部引用。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

菊池市紫光書道会の作品

2010年09月10日 | メッセージ(その他)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毎週の一言 C年 年間第二十四主日

2010年09月10日 | メッセージ(その他)
イエス様のことを愛される皆様へ、

「何も要求せず、何も拒まないという金言をあなたの心の中に刻み。生きてください。」
聖フランシスコ・サレシオ。
「白露」とは9月8日ごろ、二十四節気のひとつ、またはこの日から秋分までの期間をいう。朝夕には山野に白露が宿り、秋の気配が感じられる季節です。セキレイが鳴き始め、つばめは去って行きます。近年地球温暖化の進む中、菊池では残暑の最も厳しい時期でもあります。しかしそういいながらも少しずつ朝夕の涼しさが感じられるようになってきました。
さて、キリストに従う者達でも誰でも、同じように希望を持って探し求めるものがあります。キリスト信者は不満や寂しさからだけで探し求めるのではありません、まず感謝の心をもって生き、希望をもって探し求めています、それは神様の心です。どんなことが起こっても、キリスト信者はその中に神様の愛を見出します。現在の大切な一瞬一瞬を生きるとき、神様と一緒に生きていることを味わっています。未来の方に目を向けると、神様の思いやその救いの計画を神様のみ言葉と出来ごとの中に探し求めながら、神様の心を果たすことができると思っています。イエス様に従いたい者たちは、いろんな人の心の中に神様の姿を探していて、それを大切にします。最後にイエス様ご自身が言われているように「探しなさい!求めなさい!」その中に含まれているのは確かに良いこと、人の喜びと幸せ、それに失った小さくても大切なものもあります。小さなものでも全て神様のものですから、キリスト信者は神様の心を映しながら、良い牧者のように、母親のように、放蕩息子の父親のように、弱い者、罪人、それら全てを探し求めて大きな愛で包んでしまいます。
ルカによる福音書 15・1-32
イエス様の時代、罪人は神様に嫌がられて、よい人から離れるべきものだと考えられていました。残念ながらこのような考え方はまだ現在でも残っています。それにしたがって、赦しは自分の罪を認めた人だけに与えるべきだと思われます。イエス様はそのような考えを乗り越えて、罪人は神様に大切にされるもので、罪人が神様に受け入れられ、神様のもとに戻る時の喜びを強調されています。赦しを与える方も赦しをいただく方も共に大いに喜んでいます。イエス様が例え話を通して、福音書の目的を見せています。赦す時に、赦された時により大きな愛の体験になります。その時に救いを見出しますから、喜び祝うことは当たり前ではないでしょうか。当福音書でイエス様が語られた例え話は二つのパターンにつながっています。一つ目は「失ったもの、探し求めたもの、大喜び」。二番目は「出発し、戻る、祝うこと」。これらのイエス様の例え話を読むと三つの慈しみの例え話、つまり失った羊を見つけた時の例え話、見失った銀貨を見つけた時の例え話、放蕩息子が帰った例え話に大きな喜びで結びついています。上記のイエス様の例え話が罪人に対する神様の心の有り様を語っています。さて、物語の大詰めは、神様と人間とが大きなものを分かち合った喜びです。この例え話を、憐れみの例え話と言いますが、イエス様は自分の心と同時に神様の心を開いて見せています。ルカ福音記者は信仰を持つに至る異邦人の為に福音書を書いていますから、新しい神様のイメージをそれらの人々の為に徐々に作ろうとしています。ギリシャ人にとって神様は不動であり、厳しい姿を見せながら、失敗した人(罪人)は適切に罰せられるものとして知られています。しかし、イエス様が教えられる神様の心は、相手の事情によって慈しみの心に変わるもので、失敗した人、失った人を非常に愛して、その人と出会って、その人が改心した場合、共に大いに喜んでいます。イエス様の例え話を朗読する人は、素晴らしい優しいキリスト教の神様の姿に導かれていきます。            
モヨリ神父
 ※『新 くまもと歳時記 編集委員会編』 (熊本日日新聞社、2007~)より一部引用。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

菊池市紫光書道会の作品

2010年09月03日 | メッセージ(その他)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毎週の一言 C年 年間二十三主日

2010年09月03日 | メッセージ(その他)
イエス様のことを愛される皆様へ、

「すべての愛を神への愛のみ栄えのためにささげること、これが真に神を愛する人のしるしです。」
聖フランシスコ・サレシオ
昼間は残暑が厳しく、辺りはまだ夏のたたずまいのままですが、夜が次第に深くなるとどこからともなく忍び寄る秋の気配。そのような晩夏の夜の秋めいた気分を「夜の秋」といいます。ことに夏が厳しい菊池では暑さからやっと解放された「夜の秋」にわが身をそっと預けておきたいひととき。秋の間近さを思わせる夏の季語です。しかし残暑は続きます。立秋は8月8日ごろですが暦の上での秋の始まりは、まだ暑さのもっとも厳しいころで、9月の中旬になって、ようやく涼気を覚えるようになります。そこで立秋から彼岸ごろまでの暑さを「残暑」と呼んでいます。
さて、ヨーロッパの伝統的な思想では、人の心の中に価値観の階段を作るように目指します。つまり何より大事なことは皆の心の中に欠かせないものがあって、まずそれを探し求めるように勧められています。たとえば、階段の最上階に立つのが愛だとすれば、家族の愛、友人の愛が優先され、その後社会的な義務、次に仕事などと続きます。それとは違って豊かな心をもった日本人にとって、このような価値観は築きにくいと思います。なぜなら、日本人の心の中には何が一番大切だと決めて求めるよりも、宇宙のような心の中に沢山の素晴らしいことの順番を並べるよりも、素晴らしい出来ごと、社会の平和、家族と集落の行事、大自然の現象、美の調和等を全て組み合わせて探し求めています。日本のキリスト信者にとっていらないものは一つもありません。全て組み合わせて、心の豊かさを示しながら神様の素晴らしさを表します。このような心を持ったキリスト信者も、イエス様に出会って、イエス様に従う方法をより深く考えていきます。
ルカによる福音書14・25-33
イエス様を信じて従う事は、神様の大きな贈り物です。その贈り物をいただく心が必要です。その受け入れる心がまえには形があります。身内より神様を愛する心、イエス様と一緒に十字架を背負うのを怖れない人、自分の持ち物より神様を大切する人です。確かにキリスト信者でも、完全に完璧にイエス様のおっしゃる言葉を受け入れてもなお、その通りに生きることは出来ません。しかし欠点のあるままで、あいまいな思いのままでも、イエス様がおっしゃる言葉を理想にしてそれを目指していきましょう。
今日の典礼の中でもイエス様に従う為に、特に人間にとって実現しにくいことが記されています。それは、自分にとって一番大切なものを拒否すること、自分の持ち物を横に残すこと、自分のアイデンティティを最後まで保つことです。当福音書にはイエス様が大変厳しい言葉で、自分に従いたい者たちに、当時の表現を用いながら厳しい選択を(身内を憎むことまで)迫っています。実際にイエス様が何をおっしゃっているのかを少し深めてみましょう。イエス様は、どんな人間観関係の中でも神様との関係を優先すれば、全ての調和である神様の愛の中に、人間の愛と人間関係を包んでくださるということなのです。イエス様の十字架をイエス様と一緒に運ぶのは、イエス様のご受難の苦しみを一緒に背負うことになり、その苦難を乗り越えることです。場合によっては信仰の厳しさを運び続けることです。最後に人間は素晴らしい神様の作品ですから、この世の物理的なものにとらわれてはいけません。イエス様を信じる者たちは、いつも自由な心をもって何ものにも縛られることのないようにして、イエス様にいつでもどこででも、従うのです。
                                     モヨリ神父
コメント
この記事をはてなブックマークに追加