MoiMoi。のココデハナイ ドコカ。               

「この世界には私が撮らなければ誰も見たことがないものがあるのだと信じています」by ダイアン・アーバス。   

北欧好きはvolvoから始まった。

2017-04-18 | コラム
         (写真は僕が持ってる北欧関係本)
ホンダCR-X→ホンダ インテグラ→VOLVO240ワゴン→VOLOV940エステート
僕が乗ってた車はこれだけ。

CR-X買った年、この車でホンダ初めてカーオブザイヤー獲得!。
当時のキャッチコピーは
CR-Xに乗ったら、友達が恋人になった』

2年乗ってインテグラに変更。

インテグラ2年乗ってVOLVO240ワゴン。(VOLVOは他のメーカーに比べてローンの金利が安かった!)

当時VOLVOは人気なく売れてなかったので、道路に面したカフェなどで待ち合わせしても僕が来たのが、すぐ分かり便利だった。(路上駐車してたら、「おっVOLVOだ!」と通りすがりの人に言われた事もある)

その後、VOLVO人気車の仲間入り。
あっちこっちで見るよーになった。

一番愛着あったのはvolvo240ワゴン
当時、レースの仕事で鈴鹿や菅生(仙台)などのサーキットに車で行っていたが240だとスピード出ないので2年乗り740後継車の940が発売されたので買い替え。
ターボだったので早かった。

240に乗っている頃からvolvoを作っている国ってどんな国なんだろーとスウェーデンに興味持ち、VOLVOが送ってくる小冊子「VOLVOファミリー」読んだり、本屋でスウェーデン本(当時、政治か福祉の本しか売ってなかったが)探して読んでいた。

当時、周りにいる連中はスウェーデンなど、どこにある国かも知らなかった。
ある意味、未知の国だったが、デザインが注目されるようになって、たくさん北欧関係本(雑誌)が出版されるよーになった。

そーいえば、スウェーデンミュージックの先駆け(と言っていいかどーか分からんけれど)カーディガンズの初来日ライブのオフィシャルカメラマンをやった。
 

お客から「がんばれよー」と声かけられるぐらい下手だったけど(たぶんライブなんてやって事なかったバンドじゃないのかな?)

何年か後に来日した時も、オフィシャルカメラマンやったが、そん時はちゃんと演奏していた。

北欧話は切りがないので、これにて終了!。

 
 
ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カメラマン、カメラがなけれ... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む