野々池周辺散策

野々池貯水池周辺をウォーキングしながら気がついた事や思い出した事柄をメモします。

干柿作り

2015-10-19 06:33:42 | 日常生活
娘の家族が干し柿用の渋柿をもらったので、暇な当方で干柿にして欲しいとの注文あり。
大方160個近くあるので、暇にまかせて一個づつ皮を剥いて二階のベランダに干すことにした。
今回のは、熟す寸前のものはなく、皮が硬くて剥きにくい。過去の苦い経験を生かし、左手に軍手をはめて、
渋が手にこびり付きにくくした。加えて包丁を研ぎながら、かつヌメリをタオルでふきながらの作業。
個数が個数だけに女房も皮むきを手伝ったが、慣れないせいか、包丁を抑える右手の親指を包丁で傷をつけてしまい、降参。
渋柿の皮剥きは経験と要領がいるのだ。そう簡単にはできない。

結局、大方4時間ほどかかった。2階のベランダは日当たりも風通しも最高なので、4,5日もすれば赤みを帯びて柔らかくなり始める。
3週間もすればウソみたいに甘くなるはずだから、それから暫く干して、やや硬くなった頃にビニール袋に密閉して冷凍する予定。
  
もともと栄養価の高い生柿を干すことでぎゅっと濃縮されるわけだから、当然干柿も非常に健康的な食品なるはず。
昔から二日酔い防止、高血圧予防に効果的といわれてきた。また、食物繊維は整腸作用に優れていると聞いたことがある。
加えて保存も効くので最高のおやつだ。一応正月まで保存したいと思っているが、何個残るだろうか。

干柿を干して安堵していると、知人から今度は同じ形の柿を貰った。これも渋柿だろうと勘違いして剥き始めると、ゴマがある。
舐めると甘い。貰ったものは甘ガキだったので早速頂く。今日は天候も最高で、少し腰が痛くなったが暇つぶしにはもってこいだった。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋、庭の花 | トップ | 秋、柊(ヒイラギ)の芳香 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (M.B)
2015-10-20 12:19:41
160個もあったのか!お疲れ様~。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日常生活」カテゴリの最新記事