野々池周辺散策

野々池貯水池周辺をウォーキングしながら気がついた事や思い出した事柄をメモします。

日曜日もスポーツテレビ観戦

2016-10-17 09:15:30 | その他
日曜日(16日)は面白いスポーツが目白押しでどれにチャンネルを合せるか迷うほどだった。
朝はサンディモーニングのスポーツコーナーで、テレビ放送のなかった広島の快進撃を、また広島の田中選手の成長ぶりを達川解説員から聞き、
最後は屋根裏さんからゴルフ・日本オープンの予想を聞きながら、午後までにやっておくことを片付けて待つことにした。

★昼一番はゴルフの日本オープン。松山は6アンダーで、ピンそばにつけるショットは見応えあり。
それよりも2位の池田勇太選手にはハラハラドキドキ。17番で下りのラインを外したときの思いほか悔しがった場面から18番で回復し一安心。
そのまえにもカップを外す場面が何度もあり相当悔しがっていた。これ等含めて今回の日本オープンは面白い試合運びで非常に楽しめるゴルフだった。
それ以上に感動したのは狭山GCの素晴らしさ。午後に入り陽も傾き始める頃、グリーンを中心とするコースの綺麗さは、
よく見る米国PGAツアーのコースとよく似た風景で、日本にもこんなに手入れの行き届いた素晴らしいコースがあるんだと、こればかしは感動した。
観客動員数15,000人のギャラリーを引き連れて歩く松山選手には堂々たる貫禄が見え、素晴らしい選手が出てくると、必然的に観客も多くなる見本。

★日本オープンがカップインして次のコースに設定される度に、パリーグのCSにチャンネルを変える。
初回にソフトバンクが4点入れたので、今日はソフトバンクの勝ちを予想したが、結果は全く違った。
日本ハムは徐々に追い上げ逆転に成功し、最後はDHから抑えに大谷が出てきた。すると大谷は164キロで先頭の松田を空振り三振に打ち取り、
その後は吉村、本多に対し165キロを連発して三振で抑え、7-4で日本ハムが勝った。ソフトバンクを応援してきたが、165キロの大谷には勝てない。
本シリーズ、初戦の大谷に抑えられ、最後もまた大谷に抑えられ、まさに大谷主役の漫画の世界だった。
   
   「何と言っても日曜日の圧巻は日本ハム大谷選手の165キロで、日曜日の一番見応えある場面だった」

★その間にも、茂木で開催されたMOTOGPを見たが、ゴルフの日本オープンやプロ野球に比べるとさしたる面白さもなく、
ヤマハワークス2名が変な転び方でリタイヤ後は単調なレースで面白さ全く無し。でも、テレビから見えた観客は思った以上に多く安心。

★富士通レディーズの最終組の3人。松森、笠、堀琴音の3選手のゴルフも面白さが一杯詰まっていた。
熊本出身の笠りつ子を応援してきたが、最後18番のバンカーのトリプルボギーで落ちた。加えて滝川第2の堀琴音も見応えあり。
滝川第2高と言えば、会社通勤路のすぐ傍に「寄せの練習場」を持っている高校で、本校のゴルフ部指導員もよく知っている。
この高校からもゴルフやサッカーの有名選手を輩出しており、また彼らが日頃から使用しているゴルフ練習場にも度々出かけていたので、
滝川第2の出身の選手も日頃から応援している。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アサギマダラが今年も庭にや... | トップ | KTMレーシングチームの本陣 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。