野々池周辺散策

野々池貯水池周辺をウォーキングしながら気がついた事や思い出した事柄をメモします。

12月のリンドウ@野々池貯水池

2017-12-11 06:28:24 | 野々池周辺
 
今日は12月10日、昨日からの晴れが続いているが、時折雲が全面に覆い、太陽が隠れる事もある。
予報では明日から昼間の気温も10度を切って例年に比べても寒くなると言う。
それではと、例年気温の今日の朝、野々池土手のリンドウはどうなったか見に行った。
過去のブログを確認すると、例年だと10月末には10個位は咲くはずのものが、
今年は11月9日になってやっと3個咲いているのを確認した。
11月初めの外気温は17~18度程度だったが、今は平年並み外気温と言っても11度。
リンドウも幾分か増え、それでも6、7個しか咲いておらず10個もない。
   
 
             
以前は、その辺り一面にリンドウを確認出来たが、毎年咲く花の個体数は減っている。
減る原因は明確で、咲くと根こそぎ掘り起こして持って行ってしまう、つまり盗掘されているのだろう。
リンドウの咲いている箇所の傍に掘った痕がある。今日確認すると、堀越した痕が2ヵ所あった。
数年前は、持ち去ったと思われる穴が10数カ所あったが、今は個体数が減っているので持ち去ったと思われる痕も少ない。
根こそぎ掘って持ち帰られたら、根を張ることもなく、増える事もなく、もう二度と咲くことはない。
西明石駅から歩いて約30分の近い距離、野々池貯水池は神戸新聞やタウン情報誌にも紹介されるハイキングコースのルートでもあり、
皆の心休まる場所である。そんな場所からリンドウが消えつつある。

野々池貯水池に咲いたリンドウは季節を表す花で、野々池の草むらの中に咲いてこそ、こんな場所にリンドウがと驚嘆するもの。
山野草の栽培には、温度、湿度、土壌等の条件が整った環境が必要で、一般自宅の庭などで簡単に栽培できるものでは多分ないと思う。
美しい野生の草花は公共の財産で、その美しさを将来にわたって継承していけるよう、一人ひとりがモラルとマナーをもって、
野生植物の保護を心がけたいものだ。毎年、リンドウが咲いたと嬉しくなる半面、寂しい気持ちにもなる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドウダンツツジ@野々池貯水池

2017-12-04 06:17:09 | 野々池周辺
野々池貯水池の疏水側入口近くにドウダンツツジがある。
数年前までは1mにも満たなかったが1.5mほどまでに成長し、今、真っ赤に色づき、陽のあたり具合でハッとするほど色っぽい。
12月に入って晴天続きで、朝一番の外気温は3~4度程でも昼間は12~13度。
昼間の温度が11度ぐらいの日曜日は、野々池貯水池のジョギングコースもランナーが多くなる。
 
 
 
秋も深くなって、新聞やネットに投稿されている紅葉名所の写真に比べくもないが、
こんな風に見えてくるドウダンツツジもまた良い。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サザンカが咲き始める@野々池貯水池

2017-11-29 06:18:15 | 野々池周辺
野々池貯水池で一番遅く咲く赤白色のサザンカ。
例年だと11月の10日前後に咲き始めるが、27日、咲いているのを見た。大方、10日程の遅れ。
赤一色のサザンカが多い中で、白地の花弁が紅色に薄くつつまれたサザンカは珍しい。
全体的にふわーっとした花弁で、特に膨らみ始め頃が可憐で清楚。これが咲くと、次は椿だが来年4月待ち。
  
  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今の時期@花と緑の学習園

2017-11-20 06:14:33 | 野々池周辺
今日(19日)は神戸マラソンの日につき神戸新聞は交通規制を通知している。
朝からやや強い北風が吹き、陽が当たっている場所とそうでない場所では寒さが一変し、
加えてまともに風を受ける道とそうでない道が混在するので、自転車を漕ぐ足が重い。
今日は用事があって、野々池貯水池を通って西明石方面に出かけたついでに「花と緑の学習園」に寄ってみた。
       「花と緑の学習園」
  

園内は寒い中、子供連れ2組がお茶休憩中、研修室は10人ほどが盆栽鉢植え研修中の様子。
園内では何も花は咲いておらず、ユリノキの大木の葉が一面に赤黄色に染まり、上の方から徐々に落ち葉で降って来た。
陽が陰ってきたので早々と園を後して野々池貯水池に戻って上がった途端、更に北風が強くなってきた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リンドウ@野々池貯水池

2017-11-13 06:18:53 | 野々池周辺
例年だと10月末には咲いているはずの野々池貯水池のリンドウは、今年は11月になっても見る事はできなかったが、
やっと、9日、3本だけ咲いているのを見つけた。その後、12日も開花状況を確認しに行くも咲いている個体は同じく3個。
今年は遅いのだろうか、末頃また見に行ってみようと思う。11月になって、朝の気温は10度切ることもままあるものの、
それでも昼間晴れると17、18近辺まで温度が上り、日が照っている個所を選んで速足ウォーキングすると少し汗をかく程度の暖かさ。
 
 
17、18度くらいの暖かさであれば、野々池ジョギングコースはランニングする人が数人、ウォーキングする人数人。
ランニングする人は結構な速さでジョギングコースをすっ飛ばしているが、今の時期、女性ランナーが夏場に比べ少ないようだ。
来週の半ば頃から急に寒くなるらしいと予報されているので、早く炬燵を準備せよと女房から催促多い。 
   
  
  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒイラギの白い花 @野々池貯水池

2017-11-11 06:18:03 | 野々池周辺
知っている範囲では、野々池貯水池には2本のヒイラギがある。
今の季節、そのヒイラギに白い花が咲いて、1本は既に散り、もう1本も満開を過ぎたくらい。
ヒイラギの白い花姿は金木犀に酷似しているが、野々池貯水池のヒイラギの花は殆ど言ってもいいぐらい匂いがしない。

実は、家の玄関脇にも大きな柊があり、その花は野々池貯水池のと全く一緒で、純白の姿には何とも言えない清楚な美しさを感じた。
この季節になると、玄関わきのヒイラギの香は、金木犀の頭痛がするような強烈な匂いと違って、いかにも自然な香りが漂っていた。
ところが、何が原因かは分からぬが、今年、玄関わきのヒイラギは殆ど言ってもよい程花を付けなかった。
それで、野々池貯水池のヒイラギを気にして観察してきたが、こちらのヒイラギは一杯の白い花を付けるも、香りがしない。
    
    
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グミの実@野々池貯水池

2017-11-03 07:04:28 | 野々池周辺
  「野々池貯水池の花梨」
野々池貯水池には数本の花梨の樹があり、うち一本に花梨の実が4個なっていた。
そのうちの一個が台風で落下したので拾ってきたが、まだ青いので花梨特有の芳香も少ない。
残りの3個はまだ残っている。

また、野々池貯水池には数本のグミの木もある。グミの実が今ちょうど色づき始め、黄色の実もあるが90%は赤色で、
その赤色数個を口に入れてみた。まだ酸っぱさの方が強いが、甘みもだいぶ増している。
たぶん、甘さ加減が良くなるのは11月中旬から12月ころまでかかるだろうか。
        
 
グミの赤みが増してくると何時もウォーキングがてら熟した数個のグミの実を口に含む。
すると、甘酸っぱさで唾液が自然と出てきて喉が潤ってくるので、この期間、持ち歩くペットボトルは一番小さめですむ。
貯水池沿いにある熟した柿の実を我を忘れてついばむメジロを見ながら思うに、熟したグミを実を摘まんでいる鳥を見たことがない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

銀杏の実

2017-10-06 06:36:00 | 野々池周辺

今の時期、王塚古墳のある王塚公園で銀杏並木の実が路上に落ち始めた。
銀杏の樹全てに実がなるわけでもなく、それでも約1/3の銀杏の樹にびっしりと実がなって、
路上に落ちた銀杏は車に潰されているものも多く、更に公園内にはたくさんの銀杏が落ちている。
昨年は、路上に放置したまま落ちた銀杏の実はそののまま放置するのかと心配していたら、
大きな買い物袋一杯に銀杏の実を集めているおばさん達が綺麗に拾っていた。今年はまだ、
おばさん達の出番はないのだろうか、公園内の銀杏の樹の下にはかなりの数の実が落ちたままになっている。
それではと、袋を持ってきて数十個の銀杏の実を拾ってきた。
     
茶碗蒸しに入った銀杏の実ぐらいしか食べたことはなく、それも年に1個か2個程度。
近くのスーパーに行くと、8個か10個入った銀杏が200円前後で販売していた。
銀杏の実は薬効があると書いてあるが、一方大量に摂取すると、様々な中毒症状を引き起こすらしい。
2、3個食べるぐらいなら多分大丈夫と思うのでネットを見て皮むき処置してみようと思っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金木犀

2017-10-04 06:20:22 | 野々池周辺
雨が上がった朝、窓開けると、北風にのって金木犀の匂いが流れてくる理由は、
隣の家の垣根沿いに一本の金木犀があって、これが今満開に近い状態。
疏水沿いにも2本あるが、野々池貯水池方面に歩いていくと、疏水辺り一面に金木犀の強い匂いが立ちこめている。
9月末頃に匂いの拡散が始まり、10月になると、突然に強い香りを放ち、かなり遠くからでも匂ってくるが、
気分の良い日は良い香りに思えども、ちょっと落ち込んだ日には頭が痛くなるほどにうっとうしい。
でも、金木犀の香り、これがないと秋は始まらない。
   
   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野々池貯水池周辺の今

2017-09-22 06:17:14 | 野々池周辺
朝、外気温は19度。着るものを迷ったが半袖着用。
朝は晴れて青空、これに微風でもあればこの上ない天気で、まさに秋。
昼間になると温度は25~26度近辺になるが、昼間ウォーキングしても汗をかく量は確かに減った。
賑やかな音の方向に歩いていくと、野々池貯水池の下にある中学校の運動会が開催されていたので、
暫し立ち止まって見物していると、何人かの人が集まってきて一緒に見学。
この日、曇り空、涼しくて良かった。
 
 
その足で、ジョギングコースを回りながら周辺を散策していると、彼岸花を見つけた。
ほんの一週間前に草刈で更地になったばかりなのに、それでも彼岸花の茎だけがにょきにょきと延びて先端に花。
また、田んぼの傍にも草刈した後の彼岸花だけがポツンポツンと咲いて遠目にもよく目立つ。
同様に歩いて行くと、ジョギングコースのすぐそばに、一斉に実をつけた数十本のどんぐりの樹を見つけた。


この季節になると、野々池貯水池をルートに組んだウォーキングの集団の列が見られる。
明石川周辺から林崎疎水を伝って延命地蔵をお参りして小休止で、野々池貯水池に上がって西明石の方向に下っていくルートと、
その真逆のルートがあるようだが、ウォーキングの絶好の季節になったので、この周辺も間もなくにぎやかになる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加