行政書士・社会保険労務士 大原事務所

人生も多分半ばを過ぎて始めた士業。ボチボチ、そのくせドタバタ毎日が過ぎていく。

元日は墓参り

2017-01-02 23:34:14 | 日記・エッセイ・コラム

 元日は朝一番で墓参りと思ったが、少し寝坊してしまって9時起床。夜更かししたのと床の中が暖かくて気持ちいいのとで、なかなか布団から出られなかった。

 さて、遅くなると道路が混む。お墓は千葉の松戸。普段なら少し混んで一時間半。それが嫌で朝早く家を出る事が多いが、それでも1時間はかかる。途中に一か所大きなショッピングセンターがあり、その横の道は何時も渋滞するのだが、そこを通らなければ大回りになって余計時間を食う。少し迷ったが、初詣に行っても混んでいるだけ、それなら墓参りが先と思って出掛けた。ところが、うまいことに途中のショッピングセンターは休み。大きな神社仏閣も沿線にはない。道は空いていて、40分ほどでお墓に着いた。元日に来たのは初めて、来年から元日にしよう。

 みんな同じことを考えるのか、お墓参りの人は多かった。午前中なのに、比較的新しい花が多いところを見ると、年末に掃除に来てお参りしていく人も多いのだろう。

 ザット掃除して、花を新しくして、缶コーヒーを一杯。お祈りをして、ゆっくりお参り。ふと、空を見上げると、本当に雲一つないただ青いだけの高い空だった。

 帰りも空いていた。帰って、食事して、少し休んで、年賀状のチェック。出してない人から来ているのが5枚ほど。その分を印刷。

 葉書を出しに行って、そのあと暫く本を読んでいたら5時になったので教会へ。近年は混むのが嫌で新年の礼拝は行かないのだが、今年は日曜。夕礼拝もあった。こちらはあまり混まないので出掛けた。

 申し訳ないが、最近牧師さんが変わって、説教が私にはつまらない。一所懸命なのはわかるが、あまり感情が前面に出てくる説教を私は好まない。この教会、説教の面白い牧師さんは短期間でいなくなってしまう。そこで教会には週に一度生活の区切りをつけるために行くのだと割り切っている。牧師さんの話はどうでもいい。

 まあ、今年は久しぶりに元日礼拝ができて良かった。

 もっとも、今日は柴又の帝釈天に行った。明日は深川が亀戸に行こうかとも考えている。別に仏教に造詣が深かったり、神社信仰がある訳では無い。宗教的にいい加減なのと、江戸情緒が残る、東京の下町が好きだからだ。

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 光陰は矢のごとしだなあ | トップ | 昨日は柴又、今日は亀戸 »

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事