くたくたルンゲクッタ

過ぎていく時間と思い出忘備録

フランスギク

2017-06-10 | 日記
フランスギク(Leucanthemum vulgare)キク科フランスギク属



ハナウドの斜面の続きには一面白いキク科植物が自生していた。近くにあった売店のおばちゃんはその花をマーガレットと呼んでいる。しかし、あれはどう見てもフランスギク。


フランスギクの花は確かにマーガレットとそっくりだが、フランスギクは多年草なのに対して、マーガレットは茎が木質化しており木である。


花の後ろ。


フランスギクの葉はヘラ状で浅い突起が有る。一方、マーガレットの葉は羽状に裂けているのでフランスギクとは容易に区別できる。どうして田舎の人たちはフランスギクのことをマーガレットと呼ぶのかと疑問に思っていたら、フランスではフランスギクのこともマーガレットと呼び、マーガレットのことは木のマーガレットと呼んでいることが判った。だからフランスギクのことをマーガレットと言っても間違いではないわけだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハナウド | トップ | チチコグサとスズメノヤリ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む