くたくたルンゲクッタ

過ぎていく時間と思い出忘備録

ソシンロウバイの果実

2017-01-30 | 日記
昨日は久しぶりで休みでごろごろして過ごした。牧野富太郎の本を読み、AXNミステリーの『ホワイトチャペル』シーズン1を見ながら、講演会のスライドの準備をした。夜はワールドカップ(W杯)ジャンプ女子で高梨沙羅が優勝して50勝をあげたのを見た。高梨沙羅はまだ20歳だからあの強さからすれば100勝も夢ではないだろう。

寒い冬から少しずつ暖かい日が増えてきて春がもうそこまで来ている。

ソシンロウバイ ロウバイ科

ロウバイの花があちこちで咲いている。ウメも咲き始めているけれど、ウメより早い。


ソシンロウバイの花がいい香りを漂わせているのを見ていると何やら不審なものがぶら下がっているのに気がついた。中には何かが見える。以前見たスカシダワラ(クスサンの繭)を思い出し(せっかち散歩2010-01-03)、ちょっと気味悪い感じがしてきた。


一つ取って何が入っているのか確認。底には穴があいている。


茶色に見えるものが入っているようなので潰して確認。何やら果実らしいものが入っていた。ネットで検索するとこの網目状の袋はロウバイの偽果(花後に花托が長卵形に大きく成長したもの)で中に入っているのが果実らしい。ただしこの果実は乾燥してしまっているので発芽能力があるかどうか疑問?


ソシンロウバイは内側の花被片も黄色。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アカウキクサの仲間 ~ ア... | トップ | フウトウカズラ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む