岩田佳代のピアノ・子育て日記

日々の子育ての様子やピアノのこと、旅行などを綴っています。

ショパンのバラード一番

2016-10-17 19:51:36 | ピアノ
もうかれこれ長い時間さらっているショパンバラード一番、最後の速いパッセージが自分の中でどうしても納得出来ず、いまだに練習しています。最後の最も聴かせどころの部分、しかしテクニックばかりに気持ちがいってしまい指は回ってるけど乱暴で粗雑な弾き方になっている自分がいて、なかなか上手くいかないけど諦めずに何とかやっています💦

ショパンの曲のほとんどは自身の恋愛からインスピレーションを受けて書かれているんだろうなと、ショパンの曲を弾く度に感じます。

ショパンのロマンチックでガラスの様に繊細な曲調は自分の波長とは合わず、そのような曲調が強く現れている曲は苦手で、逆にバッハやベートーベンの曲に多い主張が強くて男性的な曲の方が自分にとって弾きやすいのは昔からずっと変わらずですが、最近この歳になってショパンのノクターンやバラードがいいなと思えるようになってきました。ショパンのバラード一番は弾いていて本当に切なくなってくる...💧

こんな私ももうすぐ35歳...(((^^;)自分の誕生日があんまり嬉しくない歳になってしまいました。嬉しい事や辛い事、色々経験して、豊かな表現が出来るようになりたいです🎵
ショパンの手、とても華奢できれいです、うらやましい✨
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バッハのトッカータ | トップ | グレゴリオ聖歌 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL