さきえの日々是器用貧乏 ver.2

過激になりすぎないように気を付けて再開してみる。
さきえさん、泣いたり笑ったり生きてます。

時間堂「月並みなはなし」

2010年03月13日 03時57分00秒 | 映画・舞台・ドラマ感想
かーんげき(観劇) つづくーよー どーこまーでもーーーぉ っと

初の座・高円寺2です。
この建物、行く前に場所を調べてて知ったんですが、設計が伊東豊雄なのね・・・。
とても有名な建築家なんです。

んが!!!

私はこの人が大嫌いなのだーーー!(ああ、言ってしまった)

あれは大学生のとき。
伊東豊雄が「仙台メディアテーク」という建物を設計したっちゅーことで、
設計の特別講義の先生になったわけです。
(毎年いろんな有名な建築家が順番に先生やってて、私の年はたまたま伊東氏だった。)

お題は確か「集合住宅」。
共同体とか家族とか、その仕切り方(空間のね)がテーマだった。

で、わたくしこの人に講評会でぼろくそに言われました。
別に設計した「モノ」に対して言われるならいいんです。
「家族論」とか「人間関係についての考え方」についてけちょんけちょんに言われちゃいまして。
もうねー、人格否定っすよ。
あれで一気にアトリエ建築嫌いになりました。

頭の中で理屈をこねくり回す建築家なんかになってたまるかあああ!と。
こんな建築の世界いやだぞおおお!と。
散々建築を勉強してきたあげくの、最後にトラウマです。
私の大学時代を、青春を返せと本気で思いました。はい。^^;



ああ、そんなことはどうでもいいんです。脱線しました。
そんな「座・高円寺」で、時間堂さんの「月並みなはなし」を観劇。

これはかなり前からチケット買って楽しみにしていました。

で、受付を通るときにまたもや。またもやですよ。
ゲキバカのちーちゃんがお手伝いしていて、びびりました。
向こうもびびったと思います。
だって数日前に違う劇場で偶然会ったばかりなのに。
「またお前か!」と思われたことでしょう・・・。

別にちーちゃんの行動を追っているわけじゃないんです。
ほんとに偶然なんです。誤解しないでね!
ストーカーじゃないのよ(汗)


では詳細と感想。
--------------------

第7回杉並演劇祭参加作品 / 後援 宇宙航空研究開発機構(JAXA)
時間堂「月並みなはなし」

場所:座・高円寺2
期間:2010/03/11(木) 〜 2010/03/14(日)
脚本・演出:黒澤世莉
出演:鈴木浩司、菅野貴夫、大川翔子、園田裕樹、眦舂茵百花亜希、金子久美、木内コギト、原田優理子
ポストパフォーマンストーク:
11日(木)19:30 松本 甲太郎(JAXA月・惑星探査プログラムグループ)
12日(金)19:30 徳永 京子(演劇ジャーナリスト)
13日(土)13:00 吉田 小夏(青☆組主宰)
     18:00 谷 賢一(DULL COLORED POP主宰)

あらすじ:
今より少し未来の秋の昼下がり、地球の温暖化が進み、
ひ とが月への移民をはじめたころの話。郊外のとあるレストランの、テラスのある一室では、移民候補者たちの残念会が催されていた。厳しい選考試験の中で最終 選考まで残った優秀なひとびとだが、結果は落選。の、はずだった。けれど、管理官と呼ばれるひとの一言によって、状況は一変する。

「補欠がでたので、一名の代表者を選んでください。制限時間は60分」

信頼しあい、助け合ってきた仲間たち。
だからこそ一人は月へと送ろうと、お互いを労りあい、傷つけあいながら話しあう。恋人たちは、月と地球の距離をおそれ、気持ちがすれ違っていく。

時間堂がお贈りする「すごい、ふつうの演劇。ふつうの、すごい演劇」


***


感想:

劇場に入ってまず舞台美術と照明の美しさにうっとり。
あの綺麗で幻想的な感じの雰囲気でずっといったらどうだっただろう・・・?

めちゃくちゃ急がなきゃいけない、切羽詰った設定なのに、
ゆっくりとした不思議な時間の流れ方。超スロー。

なんだろうこの感じ。不思議だ不思議だ・・・そんなことが頭をずっとぐるぐる。

王道的な演劇にあるように「あの部分に感動して泣いちゃった!」とか「面白すぎて爆笑しちゃった」という、どんなベクトルにせよ、強い感情が何も湧かずに淡々と過ぎていくのもある意味すごいなあと思った。
何かが変わってる。

例えると、HNK教育テレビをつけたら知らない劇が流れていて、
よくわからないまま途中からそれを観ている自分。みたいな雰囲気。(なんだそれ^^;)

「おもしろかったー!」とも「つまらなかったー!」とも言えない、ただただ不思議な時間だったという感覚。こんなのもあるんですね。

かといって、「自己満足劇だから理解不能だった」という意味でも決してないんです。だからますます謎。なにかが、いっぱい、謎。

---------------------------


不思議体験してきました。ってな感じです。
いろいろあるのねー。ほんといろいろよねー。



明日は姉の演奏会のカメラマン+ヘアメイク。
わたしは何屋なんだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 病院の日 | トップ | 姉のコンサート手伝いで、女性の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む