さきえの日々是器用貧乏 ver.2

過激になりすぎないように気を付けて再開してみる。
さきえさん、泣いたり笑ったり生きてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

響きの森 クラシック・シリーズ

2008年01月13日 02時20分11秒 | デザインの仕事
印刷はまだ終わっていませんが、初オケチラシ仕事はこんなんできました!
(フライング?)

管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
「響きの森 クラシック・シリーズ 2008-2009シーズン」







(クリックすると、「超」がつくほど大きくなります)


題字は例によって筆で書きました。
イラストはハラダチエさんという方のものです。(間違わないでくださいね。汗)

今回の構図や色は、文字やイラストなどのデータをいただいた時点で、頭の中で一瞬で思いつき、そのまま何の変更もなく完成しちゃいました。
それが評価されて、とてもハッピーです。。。うるうる。

みなさま、どこかでこのチラシを見かけたら、どうぞ私を思いだして~
(↑なんか昔の歌の歌詞みたい。)


***


ところで、この日記を書く前に、「建築学科時代その2」を書き終えていたんです。
一時間くらいかけた大作。そして「投稿!」というときに、パソコンが固まりました・・・。
画像URLのコピペを繰り返して、メモリがいっぱいいっぱいになってたんですね。
その瞬間のショックったらないです・・・。
もう一回あの作業するの?と思ったら、グレたくもなります。しばらく唖然とし、次に泣きたくなりましたよ。。。
今後は、完成していなくても、下書きとして途中でちょくちょく保存しておくようにします。自戒。


***

今日の一冊
200CD オーケストラこだわりの聴き方―スコアが見えるディスク・ガイド
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 入院と手術が決まりました… | トップ | 建築学科時代その2 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
綺麗なチラシですね (横尾 順)
2008-01-13 16:42:18
チラシ拝見しました。ずっととっておきたい様なチラシですね。デザインも良いのですが、題字が特に素晴らしいです。うーん、多才な方ですね。ところで、手術お決めになったんですね。今回は「温存療法」ということで宜しいのではないかと思います。私の妻の場合にはその当時「今後もスキーをバリバリしたい」という希望があったので全身麻酔で手術を行ないました。やっぱり不安がありました。しかもチタンのボルトを入れたのでそれを抜くのにもう一度手術しました。で、その後結局一度もスキーはやっていませんが…(笑い)。お仕事の関係もあるでしょうし、まずは今回の治療を行なって、ちょっと鍛えて筋肉をつけていけば宜しいのではないでしょうか。ここ安曇野から良くなる様念を送っておきますね(笑い)。
まず健康を (shizuku@メトろポリタンがすき)
2008-01-13 18:17:14
素敵なお仕事です~♪
私は詳しいコメントなど書けませんが、
何々~?と読みたくなる感じです。

仕事(収入)あってのバイオリン(趣味)。
健康あってのバイオリン弾き。
手術も大丈夫です、一病息災!

しっかり食べて出して、
心の平安に努めましょうね♪
どもどもです! (さきえ)
2008-01-13 23:58:37
◇横尾さん

多才・・・演奏家にインタビューもしますしテープおこしも原稿書きもしますよ(笑)
あとは、マッサージが上手です!なーんて。

>しかもチタンのボルトを入れたのでそれを抜くのにもう一度手術しました。

うわー・・・痛い!もう聞いてるだけで失神しそうな話です。
前十字靭帯切れてて、そのままにしている人が世の中にたくさんいるといると今回の件で知っただけでも、十分です。
手術が必要な時が来たら、また医療も進歩していることでしょう。


◇しずくさん

>メトろポリタンがすき
というのは、以前私が書いたみんなの歌の「メトロポリタン・ミュージアム」のことでしょうか?考えすぎ?

チラシ見ていただいてありがとうございます。

「一病息災」というのは、本当にそうですよね。病気や怪我のひとつくらい持っていないと、健康なことに対しても感謝できないですし。ものすごく病気に対して敏感にもなるし、そういう人にも優しくなれる気がします。

>しっかり食べて出して
うーん、それが、なかなか出ない!(爆)
ステマネ (横尾 順)
2008-01-14 22:10:41
そういえば、さきえさんはどこかでステマネ(ステージマネージャー)に興味があると書かれていたかと思いますが、「『マエストロ、時間です』―サントリーホールステージマネージャー物語」これは宮崎さんという大変有名な?ステマネの方書かれた本なのですがご一読されましたか?
読んでいません (さきえ)
2008-01-15 05:31:31
私は個人のリサイタルを何回か主催したことがありまして、
すると、企画、場所取りから打ち上げの予約まで、本当になにからなにまで一人でやらなきゃいけなかったんです。
でも一人だけではどうにもならないこと、それは当日の運営!
受付はいつも姉とそのお友達に頼んでいました。
そして、あとの、演奏者お迎え、リハーサル、グラビア用写真撮影、食事やお菓子の用意、ステマネ(もどき)、ドアの開け閉め(これもステマネの仕事?)、アナウンス、撤収作業はほとんど一人・・・(笑。一人でやりすぎ。)

という経験をしていたので「本物のステマネって、どんなことしてるのかしら。」と思い、興味があったんです。

舞台の表舞台ももちろん素敵だけど、裏舞台もとっても楽しい(表より楽しいかも?)!と感じてます。
トラックバック! (SAYAKA)
2008-01-18 23:15:25
先日は、素敵なトラックバックを有難うございました。
さきえさんも、私と同じく色々と活動なさる方なんですね(^_^)
私は、東京フィルは殆ど初めてで、金聖響さんの指揮が観たくて行った先での出会いなので、何だか嬉しいです(>_<)
私は当分は、今の仕事を続けながら、ピアノ教師としても頑張って行こうと考えております♪

勉強しなくちゃ!!

それでは、また。
いつでも、遊びに来て下さいね~(^_^)/
生涯勉強 (さきえ)
2008-01-21 01:06:36
SAYAKAさん

コメントありがとうございます!
私も、デザインについても音楽についても、学校に通ったりして専門的に勉強したわけではなく完全に独学なので、
常に勉強態勢でいないといけないと、危機感を持っています・・。
お互い、日々勉強で頑張りましょうね!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む