モエレリン・ピアノ/英語教室

新松戸にオープンしたピアノと英語の教室ブログです。
コンセプトは「Piano Lessons in English♪」

リサイタル・フライヤー完成!!

2016-04-30 07:18:43 | 教室のお知らせ

ピアノ・リサイタルのフライヤーが完成しました。

じゃん 

教室の生徒のみなさんには、
連休明けにフライヤーをお渡しします。
(無料でご招待いたします

写真は黒いボータイ(蝶ネクタイ)ですが、
当日は白いボータイで演奏するんですよ。

いつもとは違ったスティーブ先生を、
みなさん、どうぞお楽しみに  

 

~プロフィール~(フライヤー裏に掲載)

スティーヴン・モエレリン、芸術博士

アメリカ・ネブラスカ州、ネブラスカ大学音楽学部ピアノ演奏科卒業。同大学院修了、
芸術博士(DMA)の学位を得る。ピアノ 演奏をマーク・クリントン氏に、作曲を
レンドル・スナイダー氏に師事。在学中より演奏活動を開始し、5つの州でピアノ・
リサイタルを行う。学位論文、及び卒業演奏は「セルゲイ・プロコフィエフ作曲 
つかの間の幻影 作品22」(博士課程修了・レクチャーリサイタル)。
この学位論文は、全米の大学図書館で最も多くダウンロードされた学術論文・
トップ25入りを果たした。

卒業後はカリフォルニア州サンフランシスコを拠点に、スタンウェイ・ピアノギャラリーを始め
多数のリサイタルに出演。カリフォルニア州ベアバレーで開催されたサマー・ミュージック・
フェスティバルに参加するなど、積極的に演奏活動を行う。またピアノ指導者として
コンコード市にピアノ教室を開講し、ピアノコンクールの審査員を務めるなど後進の指導にあたる。
同時に作曲活動も開始し、作曲依頼を受けた多数の楽曲は7つの州で演奏された。

日本では2006年と2007年にモエレリン由紀子とピアノリサイタルを開催し、また松戸市内の
中学校にピアニストとして招かれレクチャーリサイタルを行うなどの演奏活動を行った。 

これまでピアノコンクールで入賞した中、最近ではメリーランド州バルティモアで行われた
「リスト-ガリソン・インターナショナル・ピアノコンクール」(Liszt- Garrison International 
Piano Competition)、カリフォル ニア州ロサンゼルスで行われた「ロサンゼルス・
インターナショナル・リスト・コンクール」(Los Angeles International Liszt Competition)
がある。オハイオ州シンシナティで行われた「ワールド・ピアノコンクール」(World Piano 
Competition)では、受賞者としてカーネギーホールで演奏する名誉が与えられた。 

2015年8月に来日し、現在は松戸市新松戸にてモエレリン・ピアノ教室を開講中。

 

 
Steven Moellering, DMA

Steven Moellering received his Doctor of Musical Arts degree in Piano Performance from
the University of Nebraska-Lincoln, where he studied piano under Dr. Mark Clinton and 
composition under Dr. Randall Snyder. During the doctoral studies he has performed 
piano recitals in 5 US states. His doctoral research, Visions Fugitives Opus 22: Insights 
into Sergei Prokofiev’s Compositional Vision,
 has received the University Libraries 
Influence Award as one of the top 25 most downloaded publications.

After Graduation, while residing in San Francisco, he has performed numerous recitals 
including Steinway Gallery in San Francisco, served as an adjudicator for competitions, 
participated in Summer Music Festivals such as Bear Valley California, maintained a private 
home piano studio in Concord and composed. As a composer, he received several 
commissions and his work has been performed in 7 U.S. states. 

In Japan, he performed in recitals with Yukiko Moellering in 2006 and 2007, and was
invited to give lecture-recitals for students in Matsudo. 

He has garnered prizes from competitions and most recently participated in the Liszt- Garrison 
International Piano Competition in Baltimore, Maryland and the Los Angeles International Liszt 
Competition. As a prizewinner at the World Piano Competition in Cincinnati, Ohio, he received 
the honor to perform at Carnegie Hall. 

He currently resides in Japan and is the owner of Moellering Piano Studio in Shim-Matsudo.

 

                     

 ~2016年新学期・キャンペーン~

4月末までにご入会いただきますと、
(リトル・ビーンズは5月末まで)
5400円の入会金が無料になります。

 教室HPはこちらからどうぞ。

モエレリン・ピアノ教室
モエレリン・英語教室

無料体験レッスン・受付中です。

                     

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピアノリサイタル・プログラム

2016-04-27 07:06:52 | 教室のお知らせ

スティーヴン・モエレリン
ピアノリサイタル

6月18日(土)松戸市民劇場 
18:00開演(17:45開場)
入場料2000円(全席自由)

*教室に通われている生徒のみなさんは、
 無料でご招待させていただきます

リサイタルのフライヤーとチケットは、
連休前に出来上がる予定です。 
お楽しみに!! 

プログラムはこちら

J.S. バッハ作曲:6つのパルティータ
ベートーベン作曲:幻想曲風ソナタ(月光)
F. リスト作曲:3つの演奏会用練習曲
バルトーク作曲:ブルガリアのリズムによる6つの舞曲 

いよいよリサイタルが近づいて、
連日練習に勤しむスティーブ先生

今日はリストを弾いています。
むむむ。1小節が長い!!

ピアノ博士のスティーブ先生によりますと、
リサイタルという言葉を初めて使ったのは、
このフランツ・ リストなんだそうですよ。
ほぇ~~~知りませんでした~~~ 

前にも書きましたが、
スティーブ先生の先生の先生の先生の先生の先生は、
あの有名なベートーベン 

世界の多くの作曲家の中で、
ベートーベンが一番好きな私としては、
羨ましい限りです!!

 

~オマケ~
先日のレッスンの一コマ:

毎週元気にピアノレッスンにやって来るJ君に、
「アレグロ」や「アダージョ」などの、
速度記号を教えていたときのこと。

歩く早さでという意味の、
「アンダンテ」を書いてもらったら、 

アンダン手  になっていました 
(本人の許可をもらって撮影しました)

しかも間違っているし。手の漢字・・・。

カリフォルニアで教えていた双子ちゃん
アズキもかわいがってもらいましたっけ。
元気かな~~~
 

 

                     

 ~2016年新学期・キャンペーン~

4月末までにご入会いただきますと、
(リトル・ビーンズは5月末まで)
5400円の入会金が無料になります。

 教室HPはこちらからどうぞ。

モエレリン・ピアノ教室
モエレリン・英語教室

無料体験レッスン・受付中です。

                     

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スタンウェイピアノ・東京ショールーム

2016-04-24 07:14:40 | ご近所日記

サンフランシスコのスタンウェイ・ギャラリーにて、
スティーブ先生がピアノリサイタルを開催したご縁で、
マネージャー・ジャスティンさんの紹介をいただき、

日比谷のスタンウェイ・ギャラリーを訪ねました。 

メインエントランスは、
日比谷公園前にあります。

世界のスタンウェイがずらり 

スタンウェイ調律中!!

お仕事をされていた調律師さんに退いていただいて、
写真を撮らせてもらいました。

スタンウェイの調律なんて、
なかなか見られませんからね 

そして奥にあるコンサートホールへ:

スティーブ先生が試弾しています。

さすが響きがいい~~~

表現豊かにしっかり歌ってくれるピアノに、
スティーブ先生もご満悦。

ちなみにこのタイプは、
ウン千万のピアノでございます・・・。

ホールの音響もばっちり。

天井、壁はもちろん、床板にも!!
音を吸収する素材が使われているそうです。

ホールの客席数は、
ピアノの88鍵にちなんで88席。

日比谷駅から徒歩1分でアクセスもいいし、
来年はここでリサイタルが行えるよう、
前向きに検討したいと思います 

  

                     

 ~2016年新学期・キャンペーン~

4月末までにご入会いただきますと、
(リトル・ビーンズは5月末まで)
5400円の入会金が無料になります。

 教室HPはこちらからどうぞ。

モエレリン・ピアノ教室
モエレリン・英語教室

無料体験レッスン・受付中です。

                     

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

開講します。リトル・ビーンズ!!

2016-04-23 07:02:40 | 教室のお知らせ

リトル・ビーンズ こども英会話

いよいよ5月開講です!! 

のぼりサインを出しました 

ちびサインもある。

フライヤーも完成 

Little Beans kids English class
リトル・ビーンズ こども英会話は、
小学生のための英会話クラスです。

ひと足先に昨年10月から開講している、
英会話クラス(担当スティーブ)に加え、
文法+会話クラス(担当ユキコ)が、
この5月からスタートします。

 

8ヶ月に及ぶ児童英語教師の研修が終了したのに伴い、
新しいクラスを開講する運びとなりました

英語耳を鍛えてコミュニケーション能力を高める、
ネイティブ講師ならではのスティーブクラスに対して、

ユキコクラスは、
小中学校で習う英文法を先取り学習&
英語検定試験の合格を目指します。

レッスン回数は、
スティーブクラスは年回40回、
ユキコクラスは年回44回レッスン
(ユキコ40回+スティーブ4回)

スティーブクラスの変更は特にありませんが、
レッスンをお休みした際の補講レッスンとして、
どちらのクラスにも出席OKのシステムにしたため、
よりフレキシブルに対応できるようになりました。

 

リトル・ビーンズの体験レッスンは、
ユキコ15分+スティーブ15分の計30分、
レベルチェックを含めた個人レッスンとなっています。

ただいま無料体験レッスン・受付中です 
 

 

さて。
リトル・ビーンズの名前の由来はといいますと。

リトル・ビーンズを日本語訳すると、
小さい豆=小豆=アズキ・・・

YES!!

アズキ!!

カリフォルニアからやってきたバイリンガル犬アズキから、
リトル・ビーンズこども英会話と名付けました。 

アズキには教室のマスコット犬として、
これから活躍してもらいましょう。 

ここからたくさんの国際人が育ってくれることを願って、
楽しいレッスンをして参ります。

生まれたてのリトル・ビーンズをどうぞよろしく 

 

 

                     

 ~2016年新学期・キャンペーン~

4月末までにご入会いただきますと、
(リトル・ビーンズは5月末まで)
5400円の入会金が無料になります。

 教室HPはこちらからどうぞ。

モエレリン・ピアノ教室
モエレリン・英語教室

無料体験レッスン・受付中です。

                     

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピアノスタジオ・オープンのお祝い

2016-04-17 08:54:57 | ご近所日記

バルティモアで出会ったA教授の、
ピアノスタジオ・オープンのお祝いに、
自由が丘に行きました。

マリ・クレール通り

ちょうどここで、
保護犬の譲渡会が行われていました。
その様子はアズキ日記にアップします。

どうぞご覧下さい。 

スタバで休憩

A教授のご自宅は奥沢駅近く。
ピアノスタジオのオープン記念として、
サロンコンサートが行われました。

A教授宅のピアノはスタンウェイ

お祝いに持って行ったお花を、
ピアノの横に飾ってくれました。

春色のアレンジメント

新松戸から電車に乗って持って行ったので、
重くて結構大変でした。


オープン記念のサロンコンサートで、
ピアノを弾いてくれたのは、
ピアニストの関野直樹先生 

以前ブログに書きましたが、
A教授と関野先生にお会いしたのは、
メリーランド州バルティモアで行われた、
リストのピアノコンクールでした。

スティーブ先生もセミファイナリストに残りましたが、
残念ながら最終選考の3人に漏れ、

ファイナリストの関野さんが、
第2位を受賞されました 

関野さんのCD

演奏後の関野先生と、
ピアニスト二人の2ショット
カジュアルなお姿もステキ

現在はブタペストを拠点に、
ピアニスト活動をされている関野先生。

久しぶりにお会いした関野先生が、

「今度日本に帰ってくるときは、
 一緒にコンサートをしましょう。」

とスティーブ先生に言ってくれました。 

それはすごい!!

 

スティーブ先生もこのサロンで、
6月18日のリサイタルと同じプログラムのコンサートを、
6月初旬に行うことになりました。

リサイタル本番前には、
来日するピアニスト:ケマル・ゲキチ先生の、
レッスンも受ける予定で、

ますます忙しくなりそうです。

 

 

                     

 ~2016年新学期・キャンペーン~

4月末までにご入会いただきますと、
5400円の入会金が無料になります。

 教室HPはこちらからどうぞ。

モエレリン・ピアノ教室
モエレリン・英語教室

無料体験レッスン・受付中です。

                     

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加