モエレリン・ピアノ/英語教室

新松戸にオープンしたピアノと英語の教室ブログです。
コンセプトは「Piano Lessons in English♪」

台風一過のピアノ調律

2017-11-11 07:08:04 | レッスン日記

今年は台風が続きましたね〜。

雨ばかり降って絶不調になるのは、
ずばり、ピアノ です。

連日の湿気でピアノの弦が弛み、
ぞくっとするほどに音程が狂って、
なんとも気持ちの悪い、残念な音に・・・

台風一過のある日。

ケヤキの落ち葉がいっぱい!

ちょうどこの階段下の入り口付近が、
風の吹き溜まりになってるようで、
掃いても掃いてもキリがないんですが、

これも落ち葉の季節の風物詩。
レッスン前にお掃除しています。 

さてこの日、
いつもお世話になっているピアノ調律師のHさんに、
都内からはるばる調律に来てもらいました。  

「すごい勢いで音が狂っちゃって、
 ホントにもうすみません・・・

Hさんに来てもらうたび、
なぜか謝ってしまうワタクシ。。。

私が悪いわけではないんですが。

今回もじっくり時間をかけて、
調律をしていただきました。 

音程も整って、軽やかな音色!!

ピカピカに磨いてもらって、
ご機嫌なピアノちゃん

「生徒さんは何歳くらいが多いんですか?」と聞かれ、
「今は4歳から6歳が多いですね〜」と言うと、

「じゃあ主に、初級の生徒さんなんですね」
「そうですね。。。確かに。

するとHさんが、
「初めからこのピアノでレッスンが受けられるなんて、
 それはみなさん、ラッキーですねー!!

調律師さんにそう言っていただけるほど、
このピアノはとても状態がいいそうです。

ピアノレッスン受講者の皆さんには、
初級のうちからグランドピアノに触れてほしいので、
Hさんのこの言葉は素直に嬉しい 

 

納品されたばかりの新しいピアノは、
音が固くて思うような音色が出せず、
コントロールするのが難しいのですが、

教室開講&ピアノ購入から2年経ち、
ようやく!!音が落ち着いてきて、
本来のピアノの音が出るようになりました。
ほどよいカンタービレ 

教室の開講時からお世話になっている、
ピアノ調律師のHさんは、
都内の調律学校で講師もされています。

次回の調律は6ヶ月後。
またよろしくお願いします!! 
 

ここでこっそりリサイタルの予告:
関野直樹先生とスティーブ先生の、
ジョイントコンサートの計画が進んでいます。 

ピアノ講師向けにレクチャー中の関野先生

ハンガリーと日本を行き来していて、
超多忙のピアニスト・関野先生。

コンサートは来年の夏以降になる予定です。
楽しみ〜〜〜

 

                         

 教室HPはこちらからどうぞ。

モエレリン・ピアノ教室
モエレリン・英語教室 
 

                     

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加