さいたま川人(かわんちゅ)日記

小田原での単身赴任が終わりのソルトの釣りから、地元さいたまでのフレッシュウォーターでのシーバスメインで狙います

【荒川シーバス2017】今年初スモールが釣れた

2017-05-14 18:30:00 | 釣り さいたま

5/12
22:00-翌6:00
スモール×1

GW明けの仕事はキツかった~

あれだけの連休だと、気持ち的に仕事モードになったのは水曜からですね

っで金曜の夜はいつもの通り徹夜釣行へ

時間的に本流メジャーポイントは先行者さんがいそうだったんで水位的に良さそうなホームポイントへ入ってみた

到着してみるとタイドグラフよりも水位が低い

先日もだけど春はそういう(タイドグラフよりも早い)もんなのかな⁉

一番の時合いは逃がしたが、この時期なら1匹位っという淡い期待で明暗、際、シャローなど攻めるも反応なし

1時間くらい叩いたが反応がないんで流れ込みでワームやシンペン、ミノー、バイブなんかをローテしてみたがこれでも反応なし

何回かは流れ込みの対岸でボイルしてるが、あそこのポイントで食わせたことがないので無視しておいた

ベイトはシャローにはいるんだがそのほかのポイントでは、溜まっているという感じではなかったんで、普通にボイルとか期待するならもう少し先になるのかな

ポイント移動してももうすぐ潮止まりで期待も出来ないので、このポイントで回遊待ちしてみることにした

ミニエントでいろんなポイントを投げるが反応ないんで、小さいリフト&フォールで誘っているとググっとヒット!!

あんだけ同じポイントにルアーを流して食ってこなかったのに、ミニエントのリフト&フォールで1撃

っと思いきや、フッキングがしっかり決まっていなかったのか、掛かりところが悪かったのかフックオフ

ん~まぁまぁのサイズだと思うけど、跳ねなかったんでナマズかバスの可能性もあるな

フックをチェックしても特に問題ないんで、続けてリフト&フォールで誘っていると、またすぐにヒット!!

さっきより大きくて、ドラグも結構出してくる

なかなかのサイズにドキドキしながら慎重に寄せてきたんだが、こいつもフックオフ

くっそ~

いいサイズだったんで捕っておきたかったな

水中オートリリースっていうことにしておこう(笑)


この後すぐに根掛かって、リーダー結ぶのも面倒だったんで本流メジャーポイントへ移動

上げのポイントにはライダーさんがいたんで隣で打たせてもらったが、何となく(ホントに感覚だけど)期待感が薄いんでルアーローテとかせずにボトムをバイブでダラダラと攻めてみた

特にあたりっと思えるものはなかったんで朝マズメに備えて早めに移動


車で1時間ほど仮眠して、期待のスモールポイントへ

このポイント用に釣り友から頂いたバスロッドに、シマノ2000番のリール、4ポンドのフロロラインと用意し完全バス仕様で挑みます

最初は、シーバスロッドでトップ系のルアーを投げるが表層に雰囲気がないんで、バスセットでダウンショットを投入

まだこのバスセットで釣ったことがないんで、どんな風にあたりが出るのかもわからないがゆっくりしたリフト&フォールしたら、20秒位放置、っを繰り返していると

リフトした時に重い感じになったと思ったら、急にラインが走り出します

おーーーーこれだ!

TVのバスプロっとまではいかないが、体を反るくらいあわせを入れてから寄せていきます

エラ洗いではないが、手前でジャンプしたり、テトラに突っ込まれそうになったりハラハラでしたが何とか浮かせてゲット



このロッドパワーなら十分に楽しめるサイズでした

このポイントではもっと大きいサイズもあがっているので、これからが楽しみになりました

ヒットルアーはレッグワーム


バス用ルアー(ワーム)はよくわからないけど、ダウンショットでは鉄板なワームみたいです

この後もダウンショットで駆け上がり付近を狙うがあたりもなくなったんで、X80jrをスローに引いていると、ヒットしますが、横に走られてどっかいちゃいました



今回は魚種不明も含むが4ヒット3バラシと、あたりはあるんだが捕れないのが痛かったな

でも明日もバスは期待しちゃうな~
ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) レッグワーム 2.5インチ


連打厳禁!!優しい気持ちでクリックお願いします
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへにほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【荒川シーバス2017】ボウズ... | トップ | 【遠征2017&荒川シーバス201... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL