モデル倶楽部の機械加工日記

一年およそ355日工場で活動中。鉄道模型や仕事、バイク、クルマ、安旨グルメなどをつづってまいります。

北関東→東北、満腹ツーリング

2017-09-27 17:34:29 | バイク
八月の長雨、バイク修理などでひと月遅れのツーリングに行ってまいりました。
提案したコースに ”おっ、いいね!”と連れの返事、日程は好天確実な 9月24~26日 となりました。



初日  出発→首都高・加平PA待ち合わせ→桜土浦IC→R6水戸→R123宇都宮(泊)245km 



都心環状線から見上げるビル群、スカイツリーなど大都会感を満喫しつつ加平PAでゆっくりめの 9時半 集合。








節約志向で常磐道は桜土浦まで。水戸街道をそこそこの流れで昼に最初の目的地に到着。水戸と言えばここです。
連れとは今日で3回目です。






税込み820円のチャーシューメン、いつもよりスープ面のキラキラ浮いた油が少なめでしたが
とても美味しく頂きました。4枚のチャーシューは味付けは勿論、赤身と脂身の渦巻き加減、口の中でのくずれ具合など満点です。
欲を言うともうちょいスープのなみなみ感が欲しいな。






今日の目的地、宇都宮までは残りわずか80キロということで暇つぶし走行とします。
道の駅 かつら では屋根付きのベンチでしばし昼寝、いい風に吹かれ
蚊に刺されることもなく1時間半ほど食休みをします。透明感ある那珂川が涼しげでいいね。






4時には宇都宮駅東口、スマイルホテルにチェックイン。シングル4900円朝食付き。
駅近ということでおなじみのこちらへ。






焼きx2とビール。相変わらず焼き方が上手だね。餡の量はそれほど気にならず(そこそこ詰まっていた)美味しく頂きました。
これで1000円ちょっと。






食事前は餃子のはしごを意気込むも、二軒目は ”月あかり” で 鰹の刺身、ししゃも、冷奴と
あっさり系でまとめもう満腹。部屋飲みせずに二度目のシャワーを浴びて即就寝。






2日目  宇都宮→R4福島・伊達→R349あぶくまライン→R4仙台・国分町(泊)   259km


R4を淡々と北上。あぶくまラインでは新道をはずれ、廃道同然の旧道でしばし休憩とします。
この無駄な寄り道が我々の特徴であります。連れは海、川ですぐに水に浸かりたがる習性があるも
ここはアプローチ出来ない場所でした。手前にあったイノシシ注意の看板が少々気になるが・・・・。






繁華街のド真ん中のスマイルホテルからほど近い ”大仙台駐車場” にバイクを止め一安心です。
チェックインで渡されたクーポンの ”利久” は事前にリストアップ済みで即決定です。






クーポンのサービスはサンドイッチでお通しも旨く、この店は期待出来そうです。
何故なら十年ほど前、仙台駅ビル OOのOOO本舗では、歯ごたえどころか全く歯が立たないほど
超固い牛たんが家族に2枚ずつ混ぜられたことで店選びが心配でした。
観光客相手ではそうなるのか、現在はどうでしょう?






結論は とても旨し。
互い違いの切り込みもあろうが、食感、味付け、クセの無さ などとても満足です。定食で1650円ほどの記憶。
そもそも 牛たん は今まで4~5回しか食べていません。






食事後 ”松澤かまぼこ” の スモーク笹かま を買いに仙台駅までホロ酔い散歩がてら、連れのスマホ地図を頼りに向かうも 
”東北大学病院”が現れ、正反対に気付き、諦めてそのままホテルに戻りました。アルコールは判断を鈍らせますね。






3日目   仙台→福島飯坂IC→磐梯吾妻スカイライン→磐梯吾妻レークライン→磐梯山ゴールドライン→磐梯河東IC

         →東北道→首都高→ベイブリッジ→工場着   546km



今日のメインは 磐梯吾妻スカイライン で カーブを堪能すると次第に雄大な景色が現れ
浄土平Pに至るまでの荒涼感は箱根大涌谷のビッグスケール版です。(2008年以来9年ぶり)
この先がクライマックスだが駐車スペースがありません。






磐梯山ゴールドラインで磐梯山を望む。






道の駅より磐梯山を望む。天気、気温最高!
有料道路が3本とも 無料開放 されて2000円以上節約できたことが大きいです。







道の駅で 会津ソースかつ丼 を注文すると、現れたのがこちら。
肉、衣、味付け は良く、とにかくボリュームがオーバースペックでした。税込み1000円
4分の3食べたところでギブアップ、申し訳ないが残しました。






となりに ホンダCBX 6気筒 が到着しました。
次期トヨタ クラウンは 4気筒 だとさ。”ガワだけクラウンのカタチしていればいい”
というお客が多いのだろうか?
手が届かないが高級車はFRとシリンダー数に拘り続けて頂きたいものです。(レクサスLSも V8→V6 )






大黒PA展望デッキの真ん前に建った倉庫?でベイブリッジが遮られとても残念でした。






土産はこれ。宇都宮駅改札横の売店でいつも購入する ”乾燥湯葉” 味噌汁にパラリとおすすめです。






バイクは点火系の部品交換により3日間で1051キロ、快調に走りました。


最後までお付き合い頂きありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

番外ネタ キハ55 その2

2017-09-26 21:22:39 | 16番 気動車
3日間の外出から戻り簡単な更新をします。
小社では キハ20系 用の乗務員ドア(t0.6加工、左右2セット4枚+窓ガラス入り 1800円本体) を発売中です。
これを キハ55 に当ててみます。
お面の継ぎ板を兼ねるのはキットパーツと同じです。






運転台側は ハンダしろ が窓にかかるので逃がし加工をお願いします。
これをお伝えしたかっただけです。






愛用のマイラーテープ品番が判明しました。
頂いた先で確認いたしました。参考までに。(私は売るほど持ち合わせていません)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

番外ネタ キハ55

2017-09-22 13:35:44 | 16番 気動車
”こんなモノもやってます” でまずはご覧ください。






小社では キハ55、25 の妻板(1000円本体)を発売済みで、必要な方には行き渡ったのか最近はめったに売れません。






t0.5のしっかりした厚みです。






エンドウさんのジャンパ栓受け(#5812)用の凹み0.35が特長で凸加減を抑えます。
すぐ横のステップは差込部だけが厚く楽なハンダ付けができます。
私物ではお面のジャンパ栓も凹ませる予定です。






ハンダづけにこだわった排気口の原型は自家製で、ロストワックスはエコーモデルさんにお願いしています。






4個入り1200円本体です。
穴が折り曲げにかかり隙間の仕上げが必要です。






私物の客ドアです。






保護柵はt0.2を切削加工、窓周囲の凹みの穴に差込みます。
洋白板でつくり直すか検討中です。






仕掛りが多すぎ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いきなり103系 その20 乗務員ドア

2017-09-20 21:43:40 | 16番 電車
乗務員ドアが正位置のキットが調達できたのでドアと手すりを当ててみます。
ななめ45度。サイズがぴったりです。






真横です。
実車の手すり直径は25ミリ、スケールでは0.3径となりますが、妻面の手すり0.3径との比較で
0.4径に見立てたt0.4としました。手すりの欠き取りを左右に広げるか、テーパーをつけるか
そのままにするか、考えるところです。






後方から。






TMSさんで交直流電車用パーツの製品紹介をして頂きました。






半ページ割いて頂きありがとうございました。






記事中のメールアドレスにミスがありました。
正しくは 小文字の"p"から始まります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

補充製作 その11  165系エプロン

2017-09-19 15:39:12 | 16番 電車
機械加工が済み、抜きの寸止め具合もよく、スムーズにエプロン52枚の取り出し完了。





アクリル治具にはめ込んで






押さえ板をネジ止めして両サイドをくいっと折り曲げ






こんな具合です。
エプロンは床板を越えて室内側で取り付けます。
床板先端を狭めてください。






荷造りしてヤマト(営)までチャリンコで持ち込みます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加