モデル倶楽部の機械加工日記

一年およそ355日工場で活動中。鉄道模型や仕事、バイク、クルマ、安旨グルメなどをつづってまいります。

キハ40系 その9 前面窓

2017-06-30 22:06:15 | 16番 気動車
キハ40前面窓と同時に キハ58 パノラミック窓 も製作しました。
整形後のお面の幅寸法です。





もうひとつ。





キハ40では




もうひとつ。





40用窓を58P車への共用は可能ですが、58で下図のオレンジ幅を確保するために
58用は平面ガラス幅をCADで0.125(2枚で0.25になる)短縮しました。
40用窓を58にはめると、オレンジ幅が狭くなることを気にするかどうかの問題です。(細かい奴だね)





今回、キハ40P窓~400枚(200前面)、キハ58P窓~80枚(40前面) 製作しました。
お値段はアップしますが 是非採用してください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天EF81レストア その3

2017-06-29 16:58:22 | 16番 機関車
NC機が長時間運転中なのでもうひとつアップします。
40年前の 鉄道ファン です。カメラ目線の機関士と目が合いました。





表紙をめくると・・・
情報が少ない当時、雑誌の広告はとても新鮮で重要でした。
天賞堂さんには不釣り合いな ”コストダウン” の単語が2箇所あります。
プラ窓がコストダウンとは意外でした。その後”Hゴム一体窓”が普及して、
私も ”絶対プラ窓” 信者 になり、こうして自作するに至りました。しつこいね。
十代の当時、手が届かないピンクのEF81をあちこちの模型店でなめるように眺めていました。キモいと紙一重か。





翌月号の表紙です。背中を押されても買えないモノは買えない。
気持ちが落ち着いた15年後、いさみやさんで委託中古品を入手したわけです。





十年前に天賞堂さんのEF81は新仕様になり、おでこが広がりとてもそっくりになりました。
キットの発売を望んでいますがそれはないか。期待しないで予算を準備しておくか。
エンドウさんの プレス仕様 EF81キット も4本控えています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キハ40系 その8 前面窓

2017-06-29 11:27:20 | 16番 気動車
昨夜自宅パソコンでウチのブログを見ていたところ
量産中のキハ40前面窓の縦桟間隔が気になり始めました。外側すぎるのではないか?
翌朝、工場に着くやいなや検証します。

ピクトリアルを引っ張り出して  車体幅2900:134.5=縦桟間隔X:118.8  表紙の実測値です。

計算上実車の間隔は X=2561ミリ・・・80で割ると・・・およそ32です。





お面サンプルを測定すると・・・31.8~31.9です。画像では目盛りがズレてみえますので問題ありません。
肉眼でお面を30センチほど離して見ると・・・杞憂でした。





参考にKATOさんとこの キハ65 は・・・30.6でした。





デジカメ接写画像のゆがみで間隔が広く見えたということでひとまず安心しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キハ40系 その7 前面窓

2017-06-28 14:00:28 | 16番 気動車
キハ40前面窓を量産中です。テープで仮止め。




サイドはHゴムと外板がほぼツライチ。
この方式で実物通りHゴムを外板よりあまり凸にすると表情に違和感がでます。
わずかな凸におさえてガラス面は外板より凹でよし。これがいかにも模型的です。
Hゴムとガラス面の落差がないとゴムの色差しが難しくなります。





窓柱の寸法は 11.8 です。小社幌座幅は同じ場所で11.3です。





NC機で曲面ガラス等の第二工程を加工する一方で、私は彫刻機で最終工程を3個ずつひたすらまわしています。





磨きは相変わらず必要ですが、面倒な組み立て接着~整形から解放されました。
七月発売で進めています。価格上昇はご容赦ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キハ40系 その6 前面窓

2017-06-26 13:18:10 | 16番 気動車
東海型高運窓につづいて キハ40系前面窓を新仕様、一体加工品で製作中です。
私物でキハ40、47、48キットを26本かそこらストック中で、お客様のみならず私にとりましても
完成を急がれるパーツです。昨年のうちにアクリルt9から500枚近く”抜き”は済んでいます。





一ロット96枚に増やしました。





工程八割の状態です。





ガラスを寝かせて真上からの加工でサイドのHゴム内側がR1になるようにカッターパスを小刻みに編集しました。
小社のCAD,CAMは22年前のもので比較的簡単な同時3軸加工までしか出来ません。





CADです。0.3径(R0.15)ボールエンドミルが曲面ガラス部分の仕上げで白い軌跡を上下往復します。
仕上げ前にひとまわり太いボールエンドミルで 粗けずり をします。




白い軌跡を編集するための断面です。
とにかく手間(コスト)がかかります。(本当に好きじゃないと出来ない)






7月には交直流電車妻板類、東海型高運窓とキハ40系新前面窓 など発売いたします。
マニアの皆様、ぜひ採用してください。


前面傾斜がない EF64 ,EF65PF のHゴム一体パノラミック窓の製作もチラついてきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加