モデル倶楽部の機械加工日記

一年およそ355日工場で活動中。鉄道模型や仕事、バイク、クルマ、安旨グルメなどをつづってまいります。

急行、近郊型 その23

2017-06-14 13:26:48 | 16番 電車
袋詰め中に一部未加工を発見したので追加工します。
量産途中で渡り板のポンチ→穴に設変しました。





治具をセットして妻板をツライチに落とし込みます。





両面テープで固定。





ポリアセタール(どんな材料でもよいのだがたまたまあった)の適当な板で押さえつけます。





0.5径エンドミルで加工・・・未加工十数枚終了しました。気付いてよかった。





折角の治具なので直流急行型妻板の裏外周の段加工をします。
165系低、高、サロ用などもあります。お待ち頂いているお客様に早めにお届けしたいものです。
167系のトイレ側妻板の点検ぶたが大きい(ほぼ正方形)のは クハ、モハ、モハ三種類ともでしょうか?
詳しい方がいらっしゃればぜひともご教示ねがいます。





治具の天面を0.3ミリ削り凹み0.2にします。





アクリル押さえ板をねじどめ。





外周はこれくらい。





外周を深さ0.3ミリ段落とし。





ボディにはめこみチェック・・・・バッチリ(古いか)。マニアの皆様、ぜひとも採用してください。
とにかく両面加工は手間がかかるので¥はご容赦ください。
153系後期モハの小さなダクトはt1.0真鍮で製作予定です。


『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 急行、近郊型 その22 | トップ | 急行、近郊型 その24 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。