モデル倶楽部の機械加工日記

一年およそ355日工場で活動中。鉄道模型や仕事、バイク、クルマ、安旨グルメなどをつづってまいります。

急行、近郊型 その3

2016-12-24 19:36:25 | 16番 電車
ガラス含有樹脂にヘリサート(スプリングネジ)を埋め込む仕事で
ひたすら手加工を続けています。垂直を確保するため彫刻機の主軸にタップをくわえ
駆動ベルトを指でつまんでネジを切ります。
工業部品なのでマスキングテープで隠します。




その間NC機は空くので165系用段付き妻板を加工します。
365x300xt0.5の真鍮板で70枚取れます。




モハ164-800用と0番台



今日はこれだけです。


追伸
翌日70枚 抜き終わりました。

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ここまで出来てる14系ハザ ... | トップ | 急行、近郊型 その4 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
165系妻板 (Satokawa)
2016-12-25 09:22:37
新製品ですか?KS対応部品ですよね。
発売を楽しみにしています。
165系妻板 (モデル倶楽部)
2016-12-25 14:14:26
165系用妻板はモハの前後(クモハ後位)、サロ回運、153系より低い点検蓋だけののっぺらぼうなどCADは出来てます。KSさんのボディに吸いつくような妻板を一人でも多くのマニアに採用して頂きたいと思っています。167系用は点検蓋のサイズを調査中です。もう少しお時間いただきます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。