モデル倶楽部の機械加工日記

一年およそ355日工場で活動中。鉄道模型や仕事、バイク、クルマ、安旨グルメなどをつづってまいります。

いきなり103系 その8

2017-08-06 13:18:43 | 16番 電車
1000番台4両セットで乗務員ドア位置の移動に目途がつきましたので別の問題に取り掛かります。
両開きドアの上に折り曲げのメクレが見られ、特に金ピカ状態ではとても気になります。
最初の3両セットは完璧な曲げだっただけに安心しきってチェックがおろそかでした。






ドア8x4両=32箇所、ここでくじけずポリアセタールt5から修正治具を製作します。





板厚分のスリットは深さ3と3.5にしました。





ボディに差込み内側へ慎重に曲げ増しします。





ビフォア(左)とアフター(右)をご覧ください。ほぼ気にならないレベルに修正できました。






さらにナイロンたわしで軽く研磨するとほぼ消滅します。





効果が確認できましたので少量製作し1000円本体で販売いたします。
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。
7月13日ブログのメールアドレスまたはトップページのTEL/FAXでどうぞ。
『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いきなり103系 その7 | トップ | いきなり103系 その9 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

16番 電車」カテゴリの最新記事