モデル倶楽部の機械加工日記

一年およそ355日工場で活動中。鉄道模型や仕事、バイク、クルマ、安旨グルメなどをつづってまいります。

いきなり103系 その4

2016-11-02 20:22:15 | 16番 電車
103系側面はこんな表現です。サフェーサーを吹きました。


窓を拡大すると

ガイドレールはt0.5でセンターピラーの先端は側面より凹0.1、ガイドレール上段の両側と柱の両側は凹0.2、
下段は凹0.4(=板厚)、ピラーの幅は0.75(実車60ミリ)です。凸形状でも上下で異なる断面です。
ここにアクリル窓をはめ込む仕様です。

ドアを拡大するとドア下台枠が薄いので埋め板の靴ずりが不可欠です。


靴ずりをセットした画像を追加しました。

戸袋窓の拡大はドア窓下辺と高さを揃えます。戸袋は一両に16箇所、十両編成で160箇所。
窓穴拡大加工の受付けが必要かもしれません。

妻面はt0.5でキットの窓サイズより幅を狭め、配管や足掛け穴のために勝手にアレンジしました。
右窓ガイドレールつき。








『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いきなり103系 その3 | トップ | 今度はゴハチ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

16番 電車」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。