モデル倶楽部の機械加工日記

一年およそ355日工場で活動中。鉄道模型や仕事、バイク、クルマ、安旨グルメなどをつづってまいります。

急行、近郊型 その28

2017-07-29 12:44:24 | 16番 電車
ご覧頂くのはKSモデルさんの クハ111-2000 の後位側です。





プラスチック製品との差を少しでも埋めるべく窓表現をグレードアップしました。





ドア窓と戸袋窓の下辺を揃えます。





メインのユニットサッシ。




サッシはアクリルのはめ込みガラスを予定しています。(要研磨)





実車で感じるサッシ下辺の肉厚感。t0.4+0.3 です。





サロ110-1200、細いながらもゴツい窓柱をこんな感じで表現。




下辺の肉厚感。





ガイドレール三種類とクハ用ユニットサッシです。




ガイドレールの段差はテーパー加工です。凸部はt0.5で周囲はt0.3 です。





厄介な運転室後部は窓穴を拡大してユニットサッシごとはめ込みます。t0.8




サロ110-1200専用ガイドレール。




これらのパーツは相当数製作済みで、いずれ直流近郊型用段付き妻板と同時発売を予定しています。
プラスチック車両に感服するあまりお手持ちのキットを手放さないようお願いします。


『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 補充製作 その9  キハ40 | トップ | キハ58もそろそろ その3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。