モデル倶楽部の機械加工日記

一年およそ355日工場で活動中。鉄道模型や仕事、バイク、クルマ、安旨グルメなどをつづってまいります。

ここまで出来てる14系ハザ その2

2016-12-07 12:32:06 | 16番 客車
箱物はディテールアップもさることながら車体をしっかり組むことが私の最優先です。
真鍮板がテカテカ状態では窓抜き、折り曲げのひずみがことさら目立ちますので
窓柱を指で修正、窓穴のバリ除去を済ませ下の車体アンコにかぶせて黒い当てゴムで
ペーパー掛けします。完全な平面仕上げは無理ですがナイロンたわしで仕上げると
車体に落ち着き感が出てきます。また裾の直線的な折り曲げを荒めのペーパーでR状に修正しました。(ここ重要)



アンコで力を込めてゴシゴシ出来る。



急がば回れで治具を作りました。
お面は後退角を二種類、14.5度がフィットしました。






彫刻機のバイスにはさんで加工しました。






これが当てゴムです。柔軟性で面になじみやすいです。
二十年以上愛用しています。



ナイロンたわし、ホームセンターで安く買えます。



つづきます。
『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ここまで出来てる14系ハザ | トップ | 急行、近郊型 その2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

16番 客車」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。