モデル倶楽部の機械加工日記

一年およそ355日工場で活動中。鉄道模型や仕事、バイク、クルマ、安旨グルメなどをつづってまいります。

今度はDF50 その2

2017-08-19 19:28:47 | 16番 機関車
DF50ネタで久しぶりにCADを開いてみました。
お面の継ぎ板、水切り、乗務員ドア、下向きアングルなどの絵です。





新しい試みで t0.4洋白の切削ナンバープレート(私物) を検討中です。
凹0.2で文字周囲を彫り込んだブロックナンバーをボディに埋め込み、塗装後に文字を磨きだす方法です。
0.2径エンドミルで隅Rが0.1ならば許容範囲かと考えます。快削真鍮では0.2径の加工は経験しましたが
はたして洋白板で出来るか(刃物代がとても心配)いずれトライしてみます。






模型以外ではPEEK樹脂で大豆サイズの部品(お見せできません)やユニレートの支給材で
せっせと機械を回してお盆も工場に篭っています。
このあと右の板を機械にかけて ゆで太郎 にバイクでひとっ走りする予定です。






ゆで太郎(大和)への途中、バイクが信号待ちのたびにエンストするので購入店に立ち寄り、
修理か新車かで迷います。乗り換えの追い金が予算オーバーで、修理に傾いていますが新車も・・・。
乗り続けるつもりで春にタイヤ交換をするも、夏からエンストが発症しはじめました。
マニアがよろこぶパーツをせっせと作らないといけませんね。

エコーモデルさんのHPで交直流電車パーツをアップして頂きました。
キット熟成中の皆様、よろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加