モデル倶楽部の機械加工日記

一年およそ355日工場で活動中。鉄道模型や仕事、バイク、クルマ、安旨グルメなどをつづってまいります。

蒲田・模型ショー

2017-10-22 22:41:29 | 16番 鉄道模型
雨の中、模型ショーに出掛けました。
私にとって興味深いモノだけをアップいたします。
でんてつ工房さんの103系です。






扇風機カバーはウチの103系用に製作検討中です。





こちらの社長さんのこだわりがまたディープなこと。
また神保町に寄らせてもらいます。






量産品でここまでの再現はすばらしいね。






戦利品です。これが一番の目的でした。





試しに一個ずつ購入。
それぞれ左上のパーツは折り曲げ溝を谷折り でコの字に曲げるとピッタリでした。





なんとクハ103お面のステップを発見。






持ち帰ってウチのお面に当ててみると5ミリ長スリットにピタリ。本当に偶然です。






模様付き

現地待ち合わせのマニアと京浜蒲田駅ビル(だったかな?)の海鮮居酒屋で燃料補給して帰りました。
模型ショーはここまで。






傾斜スペーサーと窓枠の量産品が完成しました。






スペーサーをヤットコ手曲げでお面に当ててみると窓枠が 超ジャストフィット で
上下左右ほぼガタツキ無しで所定位置にはまりました。数回の試作が報われました。
熱膨張を考慮して、左右はわずかにガタツキを持たせる方がよいでしょう。







前面通風口(左)と前面ステップ(右)を加工中です。
ステップはUトレインさんのパーツを各自利用してもらうか?・・・・一応作っときましょう。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

材料買出し その2

2017-07-04 16:56:04 | 16番 鉄道模型
品薄製品にご注文を頂きましたので補充製作にかかるも材料切れでした。
クルマで買出し途中、戸塚の手前で昼食。





初めて海老天丼を注文。薄めの衣で揚げたて、うまいね。
そば(小)がついて 650円税込み。





東海道から環状2号で新横浜方面へ向かいます。この日はいたって順調なクルマの流れ。





新横浜近く、新幹線沿いの藤澤金属さん(HPあり)に到着。
真鍮板積み込み後、平角棒をご主人立会いで拝見できたので端材も購入します。




t1x365x1200~1枚、t2x20x1000の二点で税込み4704円。安いね。
t3平角棒は在庫していますが、無駄な削りを省くためにt2を探していました。
切削性にすぐれ、反りが発生しづらさそうなので試験的に作りたいモノがあります。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

補充製作 その7   ED74

2017-05-29 22:37:19 | 16番 鉄道模型
お客様からご依頼の部品を作るにあたり彫刻カッターを自作します。これが研磨機です。





適当なカッター(18度くらいでいいか)をセットして角度を振ってグラインダーで研磨します。





先端は0.1ミリ以下です。エンドミルは折れたら終わりなので再研磨可能な彫刻カッターを使います。





1ミリエンドミルで途中まで加工後に筋彫りをしますが、こんな小さな真鍮板(t0.8)でも長時間加工になります。





加工終了。電気機関車の前面通風口です。






拡大します。下辺以外の三辺をダラして極小Rをつけるとよくなります。





カツミさんのED74のお面、表裏です。
鼻筋を通す面出しでプレスの通風口を削除、自作パーツに置き換えます。
差し上げたサンプルのご注文で今回製作しました。ご要望があれば製品化したいと思います。






使用例は ロクゴP型 です。今回ハンダしろを小さくしました。












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

補充製作 その6   キハ40

2017-05-28 14:23:35 | 16番 鉄道模型
彫刻機でED74エアフィルターを製作中はNC機が遊んでいますので
在庫が無くなった キハ40ドア のご注文品を加工しました。
キハ40、48用 合わせて112枚(28両分)で、これだけ作ればしばらくはもちます。
使用したエンドミルは 1.0ミリ、0.3ミリ,そして多く買いすぎた0.6ミリで最後の外周仕上げ抜きです。





板抜きの寸止め具合がよかったので部品の取り出しが簡単にできました。
製品はこれにHゴム一体プラ窓が付属します。





今回の製作分より恐縮ですが価格改定させていただきます。
極細エンドミル加工で利益度外視(本当です)で作っています。


・DC044 キハ40ドア  2100円→2500円(本体)

・DC045 キハ48ドア  2200円→2600円(本体) 48の在庫品8個は2200円(本体)のままです。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

補充製作 その5   ED74

2017-05-27 16:17:31 | 16番 鉄道模型
ED74エアフィルターの工程をご覧ください。
これはt3アクリル板にV字の案内溝(深さ0.7ミリ)を彫った二倍の原版です。14年前に製作。





原版を彫刻機のモデル台にセットします。パンタグラフのようなアームも二倍にします。





角度を振れるバイスにt0.8真鍮板をセットします。




こんな感じです。




真鍮の切り粉を自宅に持ち帰らないためにカバーやゴミ袋のカーテンで防ぎます。
樹脂の切り粉はエアーで吹き飛ばせますが金属は厄介です。





カーテンの手前に私が立ちます。





バイスを19度傾け、横方向に0.58ミリ間隔、深さ0.2ミリの溝を16本彫ります。





機関車2両分の溝彫りが済んだところです。エンドミルは3ミリ。





角度を水平に戻して、ナイロンたわしで研磨します。





外周のハンダしろを0.4ミリ段落とし。





さらにハンダしろの外側を抜いて、これで機械加工が終了です。




軽くバリ取りしてボディにはめこみます。
最小のクリアランスでジャストフィットかつツライチ。乗務員ドアもはめてみます。








ロストワックスやドロップにはない表現でこだわったパーツです。
キットを押入れで熟成中のマニアにおすすめします。




・EL036  ED74 エアフィルター+乗務員ドア  10000円本体
・EL038  ED74 窓ガラス              2000円本体どちらもカツミさんのキット用です。

今回は据え置きですが次回製作分から価格改定予定です。(あおってるわけではありません)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加