モデル倶楽部の機械加工日記

一年およそ355日工場で活動中。鉄道模型や仕事、バイク、クルマ、安旨グルメなどをつづってまいります。

材料買出し

2017-03-21 18:58:44 | 仕事全般
小社のキハ40系エプロンは幌座、乗務員ドアと共に細く長く売れているパーツです。
気付くと在庫薄なので機械で長時間加工の間に真鍮板の買出しに出掛けます。





泉区の長後(ちょうご)街道沿いに最近開店した ゆで太郎 で昼食。
家具の大正堂敷地内で駐車が楽です。





こちらの 小柱と水菜のかき揚げ も衣が薄く上手に揚がっています。うまいね。500円税込み





戸塚から横浜新道を使わず箱根駅伝コースで横浜伸銅さん(HPあり)に向かいます。
駄洒落ではない。





国道1号より 東海道 の表示が道路好きには響きます。





真鍮C2801 t0.5とt0.6の365x1200 を各二枚ずつ、カット無しで10,390円税込み。




まだまだ作りたいものが沢山あります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

工業部品製作 その3

2017-01-07 13:49:10 | 仕事全般
このところポリアセタールの工業部品製作が立て込んでいます。
12月に受注した部品のリピートオーダーを製作中です。
NC機を稼動させ私は彫刻機を指でまわしヘリサート作業が延々と続けます。
t41→t38に両面挽き、反りの予防で丸ノコで割りを入れておけば
安心して加工ができます。








そのうち模型ネタをアップいたします。
ご覧頂きたいモノは山ほどあります。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仕事はじめ

2017-01-03 17:33:30 | 仕事全般
あけましておめでとうございます。
本年も小社ブログをよろしくお願いします。
お気づきの点などありましたら下記までお気軽にお問い合わせください。





暮れに仕事を抱えたので元旦に数時間仕事をしました。
今日3日は箱根駅伝ゴール後に工場に来てヘリサート作業しながら
NC機で工業部品の製作中です。
ポリアセタールt31を両面挽きしてt29にします。




反りの発生予防で深さ26の溝を彫ったあとで表面を仕上げます。




左右48組(96個)に予備を加えてひたすら長時間切削加工。




今日はこれだけです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

工業部品製作 その2

2016-11-23 22:32:25 | 仕事全般
つづきです。
MCナイロンの反対面の加工は接着面積が小さく材料が反るのでバイスに固定して進めます。



端面の加工は彫刻機上の角度バイスを90度起こし穴の位置決めをします。
小皿に出したCRCを筆塗りしながら低回転で穴を開けます。
モーターと彫刻機それぞれの段付きプーリーの組合わせでベルト駆動します。(=自転車の変速機)



彫刻機加工と平行して次の部品製作の準備をします(短納期であせってます)。
黒のMCナイロンt25をNC機にかけて面出しし、両面テープが均一に貼れる準備をします。



反りを用心してプラビスM5を併用、穴開け、ざぐりを先に加工します。



このあと6径エンドミルで長時間運転の一方で私は先ほど準備した彫刻機をまわします。
青い部品は完成後お客様が引き取りにみえました。ありがとうございました。


黒い部品の後加工も彫刻機を使います。



NC機の樹脂テーブルの位置決め穴やフエルトペンのあとが気になるので
ABS丸棒を突っ込み接着します。



幅広のカッターでテーブルを一皮むいて面出しします。



面が整いました。



彫刻機加工で使うアクリル原版を自作のV字カッターで彫ります。
昔は彫刻機で原版を彫っていましたがとても面倒でした。



彫った4倍原版は円錐丸棒の案内溝になります。音の出ないレコードみたいなものです。



拡大します。



皆様にあまり知られていない彫刻機ネタを少しずつお届けします。
新品は入手不可能ですが、廃業、放出の中古彫刻機は結構あると思います。(調べてませんが)
石塚精機L5サイズが使いやすくおすすめです。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

工業部品製作

2016-11-20 21:57:06 | 仕事全般
今日は日曜ですが短納期の部品製作です。
MCナイロンという少々粘り気のある材料でt25とt20で2種類を加工します。



板厚を挽くと反りが発生するので、両面テープに加えて六箇所でネジ止めします。
面倒ですが急がば回れです。



新品ではなく、そこそこ切れる6径エンドミルで所定寸法より0.2ミリ外側を荒取りして
あとの仕上げシロを残します。板厚断面をきれいに仕上げるためです。


普段の仕事の様子でした。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加