気まぐれMOCO

蘭や山野草を主にした、趣味の日記

蘭の冬ごもり

2017年01月16日 | その他
                          

 御久しぶりの庭の観音様、降り続く雪に半身埋もれてしまって寒そうと思いきや
 白い帽子に襟巻姿・・・温かそうにしています 
 どんなに雪が降っても、顔が隠れたのを見た事がありません・・・・・


                    

 庭に面した縁側で御休みの、14鉢の春蘭と15鉢の寒蘭
 私にはこの程度の鉢数が、丁度良い 
 前回の寒蘭の花が終わってから、春蘭の花付きと柄物以外のものに薄い御礼肥を遣ったのですが
 室内なので空気の流れが無くてカビっぽい感じがして、年末水遣り代わりにダコニールでバルブと鉢の中を殺菌 
 晴れた日の午前中には、レースのカーテン越しに陽を採っています 
 現在のところ、去年の3鉢の新入り寒蘭は葉焼けしないで元気な様子
 夜になると、家の中で一番寒い場所ですが 
 ここのところの寒波でも、なんとか最低温度は2.5℃で治まっています (外のボロ小屋は-2.5℃)


                  

 富貴蘭は、春蘭寒蘭とは反対向きの北西に面した2階の小部屋で御休み中
 温度は6~8℃で推移していますが、後1℃ぐらい上げても良さそう
 そう思っても、1℃上げる電気代をみみっちくケチって・・・そのままに 
 2月半ばから徐々に温度を上げる予定でいます
 毎年、一つや二つ葉に黒い斑点が出てきて・・・ガックリ 
 今年は何事もなく、無事に冬を乗り越えて欲しいものです

 ただ心配なのが1つ、去年の新入りで葉長1.5㎝しかない実生の「大将軍」(韓国名-大壮軍・テグジャン)
 柄が良さそうで、根が多く付いているとの事で落札しました
 下地に新聞紙を使い新工法で植え込んであったので、どんな感じになっていくのかと
 せめて1年間様子を見てみようと、植え替えずにそのまま鉢に押し込んであります
 寒に入ってから葉に張りが無くなったように見えますが、未だ大丈夫
 一冬無事に越してくれたら、その後は元気に育って大きく成長し上柄になってくれるものと思っています 

      

          
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松竹梅とヒメツルソバ その後

2017年01月09日 | その他の花
 季節は小寒に入り、明後日からは寒波がやってきて大雪の予想も・・・
 スキーファンには悪いけど、やはり雪の無い暖冬の方が過ごし易くていいですね 

 玄関の松竹梅、開花が遅れて3日(my birthday)の開花になりました 
 「思いのまま」は遅咲き種のようで、開花調整して咲かせるが難しい
 以前の一重の白花は、元旦に咲かせるのが容易でしたが
 思いのままにはならない梅なので、「思いのまま」となったのでしょうか  
 当然、白赤桃と咲き分けたり縞花となると思ったら
 蕾では赤くても開くと桃、縞模様の蕾が開いても桃・・・全て赤のボカシの入った様な桃花にしか見えない 
 小形の八重でコロットとした花形は良いが、無理やり早く咲かせるので蕾が落ちて花数が少なくなってしまう
 蕾を乾燥させないように、霧吹きで日に2回スプレーしても小さな蕾は落ちてしまいます
 年々株が成長して太く充実してくると、落下が減り花数が多くなっていくものと考えていますが・・・

          

 タマリュウの青い実が、葉の下にもう1個隠れていて3個でした  
 ヤブコウジの赤い実は、前回よりも大きくなったように見えます・・・
 
              


 何故か農道に生えていた、ヒメツルソバ
 凍り付くと枯れてしまうそうなので、玄関の窓際に置いて
 たまの晴れた日中には、外の日当たりで日光浴をさせています 
 古い花は白っぽくなってきましたが、新芽が伸びて新しいピンク色の花も出てきました 
 もしかして、上手くいくと一年中花が見れるのかも知れません・・・ヒマラヤ原産ですから、暑い夏はさすがに無理かも 
 
            

      
コメント
この記事をはてなブックマークに追加