気まぐれMOCO

蘭や山野草を主にした、趣味の日記

梅鉢草

2015年10月30日 | その他の花

 今年のウメバチソウの作は、中の下といったところです
 夏以降の日射と風通しに気を配りながら、この程度です
 花が咲くまで、葉を出来るだけ傷めないようするのが大変です 
 過湿になると、葉に黒い斑点  
 乾燥した日が続くと、ハダニが発生します  


         神津ウメバチソウの3鉢

     
                                             神津×屋久島のハーフ
 今年の春に鉢を減らす為に、作り難い屋久島を処分してしまいました
 なかなか綺麗に咲かない物を作っていても、仕方がないので・・・

 長いこと栽培しているので、どのウメバチソウも買った時の元の株は消えてしまい
 神津と屋久島の種から出た自然実生ばかりに、取って代わっているはずです

 今日写真を撮りながら、神津より花も葉も小型で丸い花弁の花に気付きました  
 花が開いているのが1個だけで、他の蕾が開くのを見ないと確定はできないと思いますが・・・ 
 他の蕾が開いて同じような花になったら、別の鉢に移して育てるつもりです

   左側の花   
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大文字草

2015年10月23日 | その他の花
 大文字草が、一部を残して開花してきました
 天気の穏やかな日が続き、雨や風で傷めつけられないので花は長持ち 
 赤や緑に白といった数種類の種木を地植えにして、色々雑ざって出てくる自然実生が楽しみです
 どんな新しい花が咲いただろうかと、覘き込んでは期待外れ
 大文字草はダイモンジソウですから、そんなに変わった花にはなってくれません
 一時期実生が生えても、秋口には枯れて消えてしまっていましたが  
 肥料は控え目にして、春の芽出しの時期に極薄いのを遣るだけにして解決
 梅雨以降には、肥料を絶対に遣らない方が安全です
 遣って良いのは、水と活力剤だけでしょう


     

 ここに写っているもの全部が実生です、こんな溝の縁に沢山生えてきます
 遠く離れた鉢植にも生えてきますが、たいてい抜いて捨ててしまいます


 今年初めて気がついた、ものを幾つか・・・

    1㎝程の葉に濃い赤

    完全に溝の中で、雨水に浸かります

    石に付いたハイゴケに生えたもの、ピンク色の付き方も花形も面白いような感じ

    花弁が広目で赤の霧点が少々、ピンボケで分からない

    薄黄色に見えるのですが、写真には色が出ていません

    薄緑色ですが、これも写真で分かりません

    薄黄色で我が家で1番大きな花

      種木の濃い赤2種、濃い赤で幅広の花弁の花は出ません・・・いつかきっと 

 大文字草は雪割草と同様に写真に写る色は、目で見た色になってくれません
 色々な色素が混ざると、カメラと目では違った色に写ってしまうようです   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカネジバナ

2015年10月20日 | その他の花
 katakaiさんのコメントを見て
 今日早速、お宅を訪問し頂いてきました 
 白花ネジバナのお化け・・・ではなく、北米原産のアメリカネジバナでした
  * 別名: アメリカモジズリ(捩摺)、北米白花ネジバナ、アキザキネジバナ [白花(1㎝)秋咲き・草丈は50~60㎝ ]
 netの内容とビッタリ一致しました
 おそらく近所で栽培していて、種が飛んできて田んぼに生えたと思われます 
 何年かすると、身近な空き地や田んぼ道に普通に生えてくるのかも知れません・・・

   

         土を落とすと、意外に根が短くて10㎝に満たないものばかり 

       冬芽が2本付いてました 

 排水が良くて水持ちも良く、適当な養分も含まれるように
 ウチョウラン土にプランター用土と小粒赤玉土を適当に混ぜて、植えてみました
 ネジバナを厳寒期に凍らせてしまい枯らした経験から、大き目の鉢にして鉢の土が氷結しないようにしました 
 大きな鉢の方が水分が安定するので、凍り付く時期に水を遣らなくても済むので・・・
 来年の今頃に花が咲くはずですから、上手く咲かせてUPしたいです・・・ドウでしょう 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

富貴蘭 今年の新顔

2015年10月18日 | 富貴蘭(その他)
 年齢からして、そろそろ新たに買うのを止めなければと思いつつ
 安い物なら良いかなと、つい買ってしまった富貴蘭の3品です  


 御旗
   以前から欲しいと思いながら、イマイチの物だったり高額過ぎたりで手が出ませんでした
   今回は自分の思いと一致したので、即購入しました

   金甲覆輪の極黄色よりは薄く、都羽二重から生まれた上品な感じを受ける黄色の覆輪です
   都羽二重は以前作っていましたが、止めてしまいました
   仔が3本出ていますが、3本伴に紺がのって系統は良さそうです
   5本立ちを目指して、来年から作が上がるよう努力が必要・・・

      


 天照殿
   白縞の天照殿の存在を、買う前迄全く知りませんでした
   オークションで最近忘れられた存在だけども意外に良い白縞だと知り、極めて安く落札
   実物の白は雪白と迄はいきませんが、それなりの白で綺麗です
   紺地が濃くないので、白縞とのコントラストで損をしているようです
   上柄ではないので良い仔がいつになったら出てくれるか疑問、焦らず気長に待ちたいと思います 

      


 玉鳳殿
   これも富貴蘭の世界から、袖もの扱いされている玉鳳殿
   鳳凰殿の上物で、下葉までボヤケタ砂覆輪が残った物だそうです
   天葉は黄色の虎班で出て赤根(ルビー根?)、他で味わえない雰囲気が魅力
   根の色は来年にならないと、確認出来ません
   それにしても人気が無いのか、出物が少ないのに格安でした 

      
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

越中ミセバヤ

2015年10月08日 | その他の花
 去年の今頃から育て始めた「エッチュウミセバヤ」
 地元の絶滅危惧種という事で、是非栽培したいと思い
 最初は、ナーセリーで1鉢買ってみました 
 その鉢植を眺めながら、何かが違っている・・・中央植物園の物と比べてキャシャで小形だ
 そこで中央植物園に電話で質問すると、“育てる環境で、姿が随分変わって育ちます”
 当たり前の返事が返ってきた・・・
 どこで本物のエッチュウミセバヤが手に入るのかと質問すると・・・“花屋さんで買ってください”
 ○○ナーセリーで買ったけれども、違っているようだと答えると・・・“それ以上は・・・”

 てな事で恥を忍んで、本物と思われるエッチュウミセバヤを近所の2軒の御宅から貰って3鉢栽培しています 


 ナーセリー買ったもの、全体的に小形で紅葉するのが早く
 茎の途中からは花芽が出てこないので、悪く言うと貧弱、良く言うと上品とか可憐な雰囲気
  
     他に比べて微妙に薄い感じ       殆ど円形に近い葉で、茎が細い 


 Tさん宅から来たもの、根の出ている小苗で貰ったので2本だけ大きくなりました
 茎の途中から脇芽が出てきて、花を付けました
 葉が一番大きくなり茎が太い、花房も一番大きく豪華に咲くようです 
  
             これも円形に近い葉


 Yさん宅から来たもの、茎を2本切ってもらい挿木から育てました 
 短く切って挿したので、未だ本来の大きさにはなっていません
  
     一番沢山花房が付くようです      大体が円形だが、横長や縦長の楕円形も有る


 ナーセリーで買った物は、古くから栽培されていた小形の小豆島系の「ミセバヤ」で
 近所から貰った2鉢は、大形の「エッチュウミセバヤ」のようです
 採取した場所により、多少外見が違っているのかもしれません 

 サイトによっては、エッチュウミセバヤの葉は2枚の対生だけとなっていますが
 2枚と3枚の輪生も1株から混在して出ています
 不思議ですが1本の挿木から、2枚と3枚のもの両方が出てきました
 新芽が出る時に、どちらかに決まるようです 


  
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加