気まぐれMOCO

蘭や山野草を主にした、趣味の日記

サギソウ (飛翔)

2015年08月25日 | その他の花
 正午過ぎに雨がぱらついただけで、15号の台風らしい影響が全く無いようで一安心 
 雨降りの前にと昨日午後から芝刈りで汗を流したので、お疲れ気味です


   
   

 3~4分咲きと言ったところで、そろそろ見頃に   
 奇形花と言っても、単品で見ると写真の様な2種類だけのようです
 1本に3~5個の花が付き、弱いながら爽やかな香りがします
 数えてはいませんが50本近くあるようで、チョッと混み過ぎているような感じです
 これだけひしめいていると花束の様で、近づくと風に乗ってフア~と良い香りが漂ってきます  
 

   
   

 次回は鉢を大きくするか2鉢に分けるか、それとも選別して数を減らすかしたい思いです

 ところで最近は歳を考えて、増え過ぎた鉢植えの減量をしています
 めぼしいところで、「ルリヤナギ」は花がらが沢山散らばるので、「碧の瞳」も花がらが散らばるし青い実が付かなかったので
 水遣りの欠かせないアジサイを3鉢にイチジクの「グリスドゥセントジーン」、ときめかない富貴蘭等々・・・を処分 
 せっかく咲いた花を鳥に食われてしまう「ロウバイ」も・・・ 
 この後何を・・・鉢植えのバラは、好かない地植えと入替えて地植えにしょうとか
 手間の掛かる鉢植えを更に減らすように、心掛けて行くつもりです
 その一方で新しい鉢植えを入れたりするので、!(^^)!支離滅裂 

 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

狂い咲き

2015年08月17日 | その他の花
          

 花を見つけたのが2日前の15日で、左側の花は未だ蕾でした  
 いつから咲いていたのか・・・2㎝程の小さな花ですから、易々とは目に入りません
 取り損ねた新芽の先を剪定していて、十月桜の花だと気がつきました
 私は桜も梅も同じように剪定しています、もう桜にも梅にも来季の花芽が出来上がっている時期です
 今日の有難い雨降りで、2個だけの花が散ったのではと心配しましたが・・・・・大丈夫でした 
 他にも咲いていないのか探してみたけれど・・・nothing
 十月桜が10月に咲かない事もあるのに、お盆に咲いたのは初めて


          
        散らないで赤く色づいています 

 ヒロハヤブデマリは毎年咲いているので、狂い咲きでは無いのでしょうか・・
 春の花後に強剪定した後から出てくる枝先に、花芽が付くようです
 今時の花は春の花と違って醜い姿ですが、時折花らしく咲くこともあります
 春の花に赤い実が生っても直ぐに、ヒヨドリやオナガに全て食べつくされてしまい
 完熟した実を見たことがありません


          

 寒蘭の「静」、花がもう咲きそうです・・・
 寒蘭はその名の通り寒くなりだす秋から咲くものです、暑い今時に咲くのは初めて
 春先に新芽にしてはヒョロヒョロと伸び上がってきてると思ったら、花芽でした
 肝心の新芽は最近出てきたようですが、それも花芽だったりして・・・
 今年新芽が出なければ来年出てきますから、気にせず花を楽しむことにしました
 細い花茎はグングンと伸長中で60センチ程になり、蕾が8個
 支柱が短くなったので、撮影直後に長いのに取替えました
 このまま無事に開花してくれると思います
 開花したらの話ですが、UPしたいと考えています


 他に我家で今咲いているのが、先月末から咲いているピラミットアジサイぐらいです
 大きな花は縦横20の15㎝ぐらいで結構な重さがあり、ぶら下がって良い香を放っています
 ロンドボーデックス2個だけですが、今日イチジクの初収穫をしました・・これからですネ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

タテヤマチングルマ

2015年08月08日 | その他の花
 白のチングルマは見ていますが、ピンク色のタテヤマチングルマを見た事がない・・・
 検索してみると、丁度今頃の時期に室堂周辺で見れるようなので
 立山の天気予報とバス予約状況、それと混雑具合を考えて決めた昨日
 あるぺん村ツーリストの立山室堂直行バス(\6000)に乗って・・タテヤマチングルマだけを目的に、イザ室堂へ 

 立山あるぺん村 8 : 00 に出発して 9 : 30 前に室堂到着 
 先ずは、天狗平に向かって散策することに
 道半ばを過ぎても白のチングルマは沢山あるももの、発見出来ず
 それどころか、他の花を撮ろうとしたらカメラが上手く動作せず・・・アセリ 
 カメラの電池を入替えたら、なんとか回復して・・ホッ 
 こんなもんかと諦め気分で、双眼鏡も使って周りをキョロキョロしながら散策 

      
  沢の中で、一番最初に見つけたもの
  ピンクどころか赤に近いけれど、花弁が全部揃っていません・・がまずは一安心 

  この後は、次々と遊歩道沿いに咲いているの見つけることが出来ました

  
  どうしたのか、花弁が縮れています

  
      
  これが、色と形が一番良かったと感じました 

  
       
  綺麗に咲いたばかりのようで、薄いピンク色
  じっくり見ないとタテヤマチングルマと判らず、通り過ぎてしまいそうでした 

 自分なりに観察して分かった事は
    咲き始めは白に近くそれと気づき難い、次第にピンクが濃くなり散り際には赤く染まるようです
    白のチングルマに比べて、確かに一回り大きな花に見えました

 タテヤマチングルマが見られて、目的達成できました 
 他にリンドウ等も多く咲いていましたが、写真ばかり増えるので
 運良く2ヶ所で見た、ライチョウを紹介します 
 
    さて何処にいるか分かります?
       
  ヒナが2羽いたのですが、草の中に隠れて出てこなくなりました 
  場所は、タテヤマリンドウを最初に見つけた室堂と天狗平の中間ぐらい

    前の人が急に止まったので、気づきました
       
  場所は、みくりが池周遊コースで人だらけの所 
  ヒナが5羽もいて、全家族揃ったところで撮ろうとしたけど映ったのが3羽だけです
  ヒナがてんでバラバラに行動するので、母鳥は目配りが大変そうでした
  人間慣れしていて、全く恐れる事無く足元を通り過ぎて行きました 

            
  15 : 30 帰りのバスに乗る前に、直ぐ横の石垣の下で見つけたウメバチソウです
  これから開花しようと、膨らみかけたところです
  八郎坂の上で沢山咲いていたのを見たのが最後で久しぶりに見れました、最後の思ってもいなかった収穫でした 



 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加