気まぐれMOCO

蘭や山野草を主にした、趣味の日記

富貴蘭の花

2015年07月18日 | 富貴蘭(その他)
 蕾を残して花を咲かせたのは、5鉢だけ
 せっかく咲いた花ですが、他の蘭に比べると開花期間が短くアッと言う間も無く終了します 
 1株で数本の花茎が出ても、早いの遅いのがでてきますが
 例えば一番最後の花が開く頃には、一番最初に開花した花が黄変し萎んで終わってしまったりしてしまいます
 良いのは甘い香りだけ、特に朝夕が強いようです 

    (猩々)  
 この猩々は、小形なので作っています
 花茎が10本以下だったら絞めようと考えていたら、一応クリアしました 

     (春及殿) 
 花は、白緑赤が混ざる奇形花
 葉が長くなるのが、好みではありません 

     (花衣)  
 花茎が短目で花弁がチョットだけ幅広なので、全体的にまとまった感じに咲いてくれます
 それで、白の普通花でも咲かせています 

     (翡翠)  
 実生の翡翠です、緑色は上品な感じで好いです 

     (無名黄縞)  
 黄縞で黄色の花で買ったのですが、咲き始めだけクリーム色・・・ 直ぐ白くなります
 1つの花茎に、他の2倍は花を付けるようです 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八郎坂から弥陀ヶ原

2015年07月12日 | その他
 7/11 昨日、山開きからずっと天気を見ながら待ちわびていた弥陀ヶ原へ行ってきました  
 6:20 称名滝駐車場から出発し、6:40 八郎坂登山口に到着して・・・ガックリ  土砂崩れで通行止に 

  

 道理で、駐車場では沢山の人がいたのに誰も来ない訳だ
 称名滝の写真を撮ってから、大日岳方面に変更しようと下りていたら
 私よりは年配の夫婦らしき2人が来たので、土砂崩れで通行止だと告げると
 “ネットで調べたら、通行止になっていても上がって行けるので大丈夫です”と、自信を持って言われました 
 それならばと相乗りして、7:10 八郎坂を上がることにしました 

  

 途中1ヶ所だけ土砂崩れになっていて、崩れた直ぐ横を通れるようにしてありました
 そこよりも心配になったのが、直径2mの大きな岩が通路の脇にあって
 土台がえぐられて浮いたようになり、今にも下に転げ落ちそうになっていた事です・・・沈黙 
 土砂が崩れた場所以外の通路は、草刈りもしてあり例年通りの整備がされていました

     

 八郎坂を上りきると、トトロを思い浮かべるような林の中を潜り抜けて 9:00 立山高原バス道路へ出ました 
 そこから弥陀ヶ原方面に木製の遊歩道がのびていますが、草木がボウボウに伸びていて歩きづらいので
 車道をテクテク、上りは道路右側の草木を見ながらガキ田のある付近まで行って
 チングルマ・コイワカガミ・ワタスゲが咲き乱れている中で、10:30 昼食 
 朝食が 4:30 と早かったので、腹が減る訳です

 天気が良くて青空に白い雲、周りの山には残雪 
 足元にはガキ田に高山植物の御花畑・・・気分壮快
 この場でずっと過ごしていたい・・・・・

      (ガキ田)         (薬師岳)

      (ワタスゲ)            (チングルマ)

      (コイワカガミ)

 立山高原バスの道路沿いで、意外に沢山の草花が見られました
 久しぶりで見たもの・・初めて見つけたもの・・飽きる事はありません 

          (ニッコウキスゲ)

       (オオハナウド)

    (コケモモ)      (ツガザクラ)

    (キヌガサソウ)      (サンカヨウ)

    (マイヅルソウ)      (ツマトリソウ)  

    (コバイケソウ)      (ミヤマキンポウゲ)

    (ヨツバシオガマ)     (イワイチョウ)

    (トキソウ)      (キンコウカ)

    (ヤマハハコ)      (?)

    (ゴゼンタチバナ)     (ハクサンシャクナゲ)

       (ムシトリスミレ)

       (ベニバナイチゴ)

    (オオコメツツジ)     (ノビネチドリ)

       (ユキワリソウ)

      

 弥陀ヶ原ホテル前の御花畑、どう見ても人の手で造られたようです
 周りに自然の物が沢山あるのに、何故って感じ・・・

  

 弥陀ヶ原ホテルから30分程上ってから、 12:50 足が重くなってきたしそろそろ帰えろうか 
 八郎坂下山口は 14:15 、八郎坂登山口は 15:30
 一緒に上った夫婦とは、ずっと近い距離を保っていたらしく
 途中何度も顔を合わせたし、八郎坂登山口で休んで10分程してから彼らも下りてこられました
 彼らの姿を見ながら、“お互いにケガも無く終わり良かったです”と心で呟きました 
 称名滝駐車場には 16:00 到着、17:00 前にマス寿司を買ってから家に帰れました  

     

 帰り途中の八郎坂で見た、称名滝に架かる虹・・・ラッキー 
 写真ではこんなもんですが、生は明るく輝いていて綺麗でした  


 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加