気まぐれMOCO

蘭や山野草を主にした、趣味の日記

実生のテキセンシス・スカーレット開花

2015年05月30日 | その他の花
  

    花として見ているのは「がく片」だそうですが、第一初花にもろにガクがオマケで付いてきました・・・


  

 昨年には、テキセンシスが一鉢だけ開花して
 今年は、テキセンシスが二鉢とテキセンシス・スカーシットが二鉢に蕾が付きました 
 これから次から次と、花が開花してくれるでしょう

 種を蒔いてから2年半で発芽してから鉢上げし、普通は2年間育てて開花するようです
 種蒔きから開花までには、4年半の長い時間と手間が掛かります
 挿し木も取り木も出来ない訳ですから、何故買うと御高いのか分かりました
 鉢ばかり増えてしまうので、元親は両方伴に処分して現在は有りません 
 暫くは、試しで育てた実生だけにしていこうと思います


   

 そろそろアジサイ季節です
 我家で最初に咲いたのが、山採りの赤色です
 花が早く出過ぎて、台風の風で擦れたりちぎれたりしてイマイチです
 地植えのアジサイには影響なかったのに、花どころか葉さえもボロボロに・・・・・  

 去年に新入荷した、アジサイの仲間が開花してから
 ブログを更新しようと考えています
 どんな花であれ初花の開花を待つのは、期待と夢が次第に膨らんできて好いものです 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

トキソウ

2015年05月23日 | その他の花
   (白花)   

   (普通花)  

 蕾も残っていて、満開にはなっていません
 久しぶりにブログを更新する為に、写真を撮ろうとすると風が吹いてユラユラ・・・
 心地良いそよ風でも、揺れてしまい写真はピンボケになってしまいます
 トキソウのそよ風で揺れる姿に、つい見とれながらのチャンス待ちです 

 白花を大小の2鉢に植えていますが、小鉢の方が作が良いようですし
 普通花は小鉢だけですが、良く出来ているようです
 3号か4号の平鉢が出来が良く、それ以上の鉢だと育ちにムラが出て良くない気がします 

 地植えのバラの一番花が、ボチボチ咲いてきました
 鉢植えのドフトゴールドの一番花の大輪は、そろそろ終了となりそうですが
 この大切な一番花に・・・・・早々とコガネムシが一匹 ・・・捕まえ損ねて逃がしてしまいました・・クソ~ 

 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アカバナユウゲショウ

2015年05月16日 | その他の花
         

 咲きだしたのは、一週間程前です
 今年の花は去年と違って、花びらがフックラして丸味を帯びていてチョットだけ大き目に見えます 
 開花前に、他の物の余った液肥等をチョコチョコ遣っていたからでしょう
 根元に落ちた種から生えてきたのにも、蕾が付いているのが何本かあります
 それで去年から気を使っているのが、花後の花がら摘みです
 種が風で飛び散り、周辺に生えないようにしています
 道端に生える帰化植物で宿根草ですから、一度生えると毎年出てきます
 今年で3年目、1回も植替えをしていませんでした
 日当たり良い場所に置いているので、水切れしないように大きな鉢に植替えてやりました 

 只今、富貴蘭の植替え中です 
 気合いを入れて出来るだけ植替えをしなくては・・・と思っても、進みません 
 植替え始めてから台風の御かげで2日間は強風で休止、予定の半分にも至っていません  
 植替えの途中に、新葉でボサボサに間伸びした庭木の梅・桜・キンモクセイ・サンゴジュ・マユミ等を見るたびに
 気掛かりになって落ち着かなくなり、2日間で剪定してやりました 
 最初に植替えたウチョウランに、もう蕾が上がっているのもチラホラ見受けられるのに・・・明日から頑張りましょうか 

 アッと言う間も無く牡丹やエビネやツツジも終了して、今は「ヒメサユリ」と芍薬の「オリエンタルゴールド」が咲いています

     

 去年が初花だったのに、黒ユリの横に生えた自然実生が4個も花を付けました 
 小さい頃は黒ユリかと思っていたのに、肥料が効いたのか大きくなりました
 別の場所に移した実生は、その名の通り小さいまま花を咲かせています

  「オリエンタルゴールド」 八重紅枝垂桜の陰になって花が1個だけです、牡丹も芍薬も日陰は駄目ですね

 もうサツキやバラも咲きだしています、この後にササユリにトキソウと順次咲くことでしょう 

 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もみじ

2015年05月06日 | その他の花
 変わったところで一度も載せた事の無い、盆栽の「もみじ」です  
 2鉢伴に、7~8年前から作っていますが
 未だ自分好みには完成していません・・・
 それでも春の芽出しから紅葉の秋葉まで、十分に葉の変化が楽しめます
 今頃の時期は、若葉から夏葉に変わろうとしているところで
 葉の若々しさが未だ残っていて、いきいきした姿が好い時期です 

   (花纏)   
  芽出しから若葉は真っ赤で、この後は部分的に極薄い桃色になります 

   (胡蝶錦)  
  若葉は黄色に赤を含み、この後は全体的にもう少し緑が濃くなってきます 

 この後夏に向かって注意したいのが、葉焼けです 
 葉先が枯れたり縮れたりした後に、葉を落としたりもします
 モミジやカエデは、谷あいの涼しい場所がお好みですから 
 もう直ぐ、木漏れ日の当たる柿木の下に移動させます
 そうする事で落葉する事無く、秋まで葉をもたせます
 しかしながら残念な事に、両方伴に紅葉はそんなに綺麗ではありません・・・


 暖かくなった四月の終わりから始めた、蘭の植替えの最中です
 ウチョウランから始めて、春蘭寒蘭が終わり
 だらけてきたところで2日間休み、明日から富貴蘭の予定です
 今年は「一才藤」が上出来で、「ミニシャクナゲ・レン」は例年並み
 「クロユリ」は普通に、「ヒロハ・ヤブデマリ」は上出来となっています 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加