気まぐれMOCO

蘭や山野草を主にした、趣味の日記

庭の春蘭

2015年03月31日 | 春蘭
 今日は夏の様な暖かい良い天気、明日からはマタマタ雨模様 
 そこで今日の内にと、写真を撮りました 

   
 「大富貴」 中間の株を抜かれていなければ、もっと大株になっているものを・・・
花は株の見た目よりも、多く咲いてくれます  

   
 「素大富貴」 大株過ぎて、株を数えてみようとは思いません 

      
 「西神梅」 なかなか株は殖えませんが、大きな花が毎年咲いてくれます 

   
 「楊氏素」 松の枯葉に埋まりながら咲いています
 掘り上げてやればよいのですが、面倒なのでそのままにしています  

   
 「聖晃」 超大株で花も沢山咲きますが、花茎が伸びないのが欠点 

   
 「多摩の夕映」 これも超大株ですが、最近は花数が少なくなってきました 

    「紅陽」 時々花が咲きます 

    「柿右衛門」 徐々に花付きが良くなっています、紅陽と変わらない色になっています 

    「富水春」 何とか生きながらえています 

    「老文団素」 これも息絶え絶え 

    「簪蝶」 最近元気を取り戻してきました 

 この後最後に咲くのが「雪月花」
 庭隅から掘り起こして分割したのを、今の場所に寄せ植えにして移植し、2年目ですが花が6個咲きそうです
 咲けば花茎が高く伸び上がるので、リビングから眺められる場所に植え込みました・・・・・どうなるでしょうか

     
 「酔白のカタクリ」開花しました
 去年里帰りさせる為に植替えて1本になりました、また球根が殖えてくれないかと期待しています
 自家受粉を試みても駄目だったのですが、何度も再挑戦してみたいと考えています 

    
 またまたついでに、紫桃色で綺麗に咲いていたので載せました
 今の場所で自然に、種から育ったものです
 何も手を加えずにいますが、明るく可愛いのが咲いてくれました 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

サクラの季節

2015年03月29日 | その他の花
      

 我家にもサクラの季節がやってきましたが
 十月桜は4分咲きといったところで、イマイチ開花が遅れています 
 仙台枝垂れ桜は、赤く蕾が膨らんできたところです
 このところの暖かさで山採りの「キンキマメザクラ」が9分咲きになりました 
 今日のように雨や曇りだと、余計にピンクが濃くなって見えます・・・
 こちらの山でよく見受けられる、淡紅色で4㎝程度のキンキマメサケクラではなく
 紅色に近い濃い色で2㎝程度の小輪です
 玄関前に置いて楽しむ鉢植にするには、葉も小型なので丁度良いです  

       咲き始めは、薄い色合い
       二三日で顎筒と萼が赤くなり、花弁も色濃くなります

 根から出たヤゴを育てた鉢とで、2鉢になっていますが
 2鉢伴に私の身長以上に大きくしてしまったので、花後に剪定して切り詰めようと考えています 

 食梅も同時に花の時期ですが、今年は枯木にパラパラと花が付いている様相です
 去年の秋にバッサリと強剪定し、老木の感じに仕立てようとしたのは好いけれど
 剪定途中で考えがまとまらなくなり、中途半端で止めてしまいました
 花後にやり直ししょうと思っていますが、根元から切った方が好いような・・・

    レジブクロは何の為・・・・・
 これはキウイフルーツの雄木の開花を雌木に合わせる為に、毎年やっている作業です
 我家のキウイフルーツを手を加えず開花させると
 雌木の花が散ってから雄木が開花して、受粉ができず実が生らないからです
 五月に両方の蕾の膨らみ加減を見ながら、レジブクロを破ったり外したりして開花を合わせています 
 注意点は、強い日差しで柔かな新葉を火傷させない事だけです 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

春の山野草

2015年03月23日 | その他の花

 TVやラジオからサクラ前線の話題も流れて、いよいよ春本番です  
 庭の十月桜は三分咲き、鉢植のキンキマメザクラは開花が始まったばかりです
 相変わらずで代わり映えしない春の山野草が、咲きだしました
 明日から二三日は雪マークになっているので、今日カメラを向けることにしました 

 今年のカタクリの花は、一回り小さい感じがしますが
 株自体は年々徐々に増えているので、花数が増えて10本ぐらいになるのが目標です 

     酔白のカタクリは、芽出しが毎年遅くて未だ蕾

     種は春一番に親木より先、種皮を被ったままネギのように伸び出します



  
  

 地植えより先に咲きだした、「コイワウチワ」と「白花イワウチワ」
 コイワウチワを一週間程前に、ウチョウラン土からミズゴケ単用で植替えてみました
 白花がミズゴケ単用の植替え無しで、枯れずに良く育っていることから
 危ない気もするけれども、コイワカガミもミズゴケ植えにすることにしました
 来年、花が見れるかどうか疑問ですが・・・・・



      
   

 紫色の段咲きと白色の「キクザキイチゲ」です
 去年、段咲きが自生している場所を見つけ出して
 数多く採取してきたけれども、根付きが悪くてパラパラと芽が出ただけ
 花は3個咲いていますが、普通花になっています
 来年には、花がそれなりに咲いてくれるでしょう


      

 皐月の下で、何とか生き延びている「雪割り草」
 我家の基本的な咲き順は白,ピンク,紫,赤で、今は最後の赤が咲き始めたところです
 去年から、リビングから花が見える場所に少しづつ移植しています
 雪割り草は、天気が悪くて曇ったり寒かったりすると花が閉じて開きませんから
 家の中から、いつでも花の状態を確認できるようにしました 


      

 咲き始めの頃が一番白く綺麗な「白花のショウジョウバカマ」
 日にちが経ち花茎が長く伸びる頃には、黄色ぽっくなってしまいます
 年数が経ち枯れるよりも、多く増殖するので絶えることはありません 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

H27 春蘭No,2

2015年03月15日 | 春蘭
      (万寿)  

 連日の冷え込みのせいか、開花が遅れ気味です
 なんとか花が開いたと、言ったところの「万寿」 
 一番右の花は、蕾を見落としてアルミキャップを1月になってから被せたので
 紅色が薄くて、弁先に緑が残ってしまいました
 左側の花色が一番良くて、「女雛」と同じぐらいになっています
 これからまだまだ花茎が伸びて、紅色も濃くなってくれるでしょう


      (女雛)  

 開花から日にちが経って、花茎が伸び上がった「女雛」
 赤いは赤いのだけれど、残念ながら持味の透明感が不足しているようです
 展示会で見る女雛の花に比べて、一回り小さいように思えます
 何年経っても変らず小さいので、これ以上大きくにはならないようです
 いつまでも小さいまま、可愛い花でいてほしいものです  
 どれが「雛」で「雛」なのかが問題です・・・・・   

      (大虹)  

 株の内側から花が出てしまい、見栄えが悪くなってしまった「大虹」
 いつもと違って、1月になってからアルミキャップを被せてみました
 何が変ったのかと言えば、緑が濃く朱が薄くなり花色が最悪の状態になってしまいました  
 来年は紅色を出すのに、挑戦したいと考えています

 鉢植えの春蘭で未開花なのは、「黄の司」だけです
 いつになったら開花するのか・・・ 
  
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

コシノコバイモ

2015年03月14日 | その他の花
 今回の寒波の前から咲いている「コシノコバイモ」です
 外に置いてあるので、氷点下になった時にはどうなるのかと思ったのですが 
 湯通しされた野菜のようになって、グッタリと傾いてしまっていました  
 葉っぱが凍りついてしまい、透明になっていました
 それでも気温が上がってくると、何事も無かったように元の姿に戻ってしまいました  
 山では雪解けと同時に芽を出すだけあって、凍りついても元気なものです  

 この鉢に、一本だけ双頭花が咲きました  
 双頭花は初めてです、後にも先にも無いものと考えています   


   

 この鉢は、主に赤い色を狙って採ってきた時のものです
 蕾のうちは綺麗な赤にも見えますが、開花が進むと赤が薄れて茶色になってしまいます    

  

 何年ぶりかで去年植替えたら、委縮してしまった一本だけの白花
 植替えをしない方が、成績が良いようです
 それとも、球根が年老いて古くなったからでしょうか  ・・・当然寿命がある筈ですから・ 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加