気まぐれMOCO

蘭や山野草を主にした、趣味の日記

寒蘭2

2013年11月26日 | 寒蘭
「屋久の深雪」以外の残りの寒蘭が殆ど開花してきました

 (静) 

まだ株が小さいからか・・性質なのか・・花数が少ない「静」 
花茎の細さからして、多くの花数は望めない感じがします
それでも、素心花には何とも言えない清楚な雰囲気が漂います

 (桃映) 

写真写りの良い「桃映」
花茎が太くて伸びが良いのですが、これも花数が不足気味に思えます 
後一二花は欲しいところです
花肉が厚くてガッチリとしています 

 (金鵄系) 

まだ開花途中で、花弁が細くて落肩です
私は「金鵄」では無くて、「金鵄系」の花だと思っています 
花弁が細くて乱れ気味の花も又良しでしょうか・・・・・

 (屋久の深雪)

未だに蕾のままの、買ってから一年も経っていない「屋久の深雪」
今年の新芽が顔を出しただけで、残念ながら伸びなくて
本来だったら、花を咲かせては駄目なのですが
この後いつになったら、花が見れるか判らないので
花を確認したくて、遅く上がってきた蕾を切らずに咲かせてみることにしました
葉と同じく、白覆輪が見てとれます 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

寒蘭

2013年11月18日 | 寒蘭
最初に「豊雪」と「秀光」を玄関に入れてから一週間は過ぎて、丁度見頃になりました 

 (豊雪)  

気温の高い間は花茎が伸び上がってからも、花色や花形に影響してしまうと思いつつ肥料を遣っていたので
どうなるかと思っていた「豊雪」ですが、特別な問題はないように見えます
色については、展開当初までは花弁の先に緑色ものって黄色が強いようですが
花弁が展開するにつれ薄くなり、気にならなくなってしまいました
それよりは、今年の新芽が1本しか出なかったのが問題です 

 (秀光)   

「秀光」は相変わらず、小豆色の花が整然と咲いてくれます
花の形も数も間隔も問題のない、強健種です 

  (燦月)  

去年は3個だった花が、5個になってくれた「燦月」
去年より作が上がったようです、良い方向に向かってくれて一安心 

この後「桃英」、「静」、「金鵄」ときて
新顔の「屋久の深雪」が咲く予定です
これからは寒さが続くようで、花を付けない寒蘭の小苗も今日家の中に入れました
春蘭と富貴蘭を取り込むのも近いようです 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

秋の鉢植えバラ

2013年11月09日 | その他の花


秋の「芳純」は花びらが大きくて豊満に咲いてくれます 
色は、春と夏の中間と言ったようなピンクで
直径15㎝ぐらいでふっくらと咲くので、牡丹の花を見ているかのような感じになります
強香バラにしては、チョイ薄と感じていたのですが
秋になってからの香りは、これで十分と感じるまでに強くなってきました 





「ドフト・ゴールド」は花びらが大きくなった分だけ、花びらの数が減ってしまったように思えます
色は春から変り無く安定していますが、変化を楽しむ面白さがありません 
直径13㎝ぐらいで、こちらもふっくらと咲いてくれました
香りも、春から変化なく強香です

「ドフト・ボルケ」の秋花は終了してしまいました
12月になったら、同じハイブリッドの強香種が2本届く予定です
鉢バラは5鉢が限度と思って、これ以上は集めないつもりです
去年から栽培を始めて、他の鉢物に比べても意外に手間は掛からないようにも思っています
春から秋まで切れ目なく花を楽しめるのが一番の魅力です 

明日から寒気の襲来で、一気に気温が下がって冬の到来のようです 
そこで天気の良い今日の内に、キウイフルーツを半分以上収穫するやら
玄関にあった洋ラン3鉢は居間に移動して
開花した寒蘭を2鉢とサボテンとナゴランを玄関に入れました
ボロ小屋の通気用の隙間を塞いだりと、もう冬の準備の開始です 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

晩秋の山野草

2013年11月08日 | その他の花
  
いつもよりは、遅く開花し始めた「神津梅鉢草(左側の鉢)」と「屋久島との実生選別(右側の2鉢)」
近年普通になった夏の猛暑と、台風が来た時にカラカラに乾いてしまったのが原因のようです
今年の夏の間は直射日光を抑えたつもりでしたが、不十分だったようです
お盆頃までは順調に育っていたのですが、その後に葉が傷んだりしてしまいました 
そうかと言って日光に当てないと、間延びしてヒョロヒョロになって花芽が付かなくなるしで
来年は良い置き場所を探してやらないといけないようです 

  
「屋久島梅鉢草」は花芽が付いているものの、開花しないでこのまま終了のようです 
一個も花が咲かないのは初めてですが、ここ二三年綺麗に咲いた姿を見ていないようにも思えます

イワシャジン」は花が終わってしまい
「大文字草」は終りがけとなってしまいました   

  
「フユノハカワラビ」は相変わらずと言ったところです
植えた時のままの6株ですが、去年ナメクジに新芽を食われた株には花(胞子)は付いていません
鉢の中に落ちた胞子で、何本か生えてきても良さそうなものですが
未だに一本も生えたことがありません、簡単に生えてくるものと甘く見ていました 


去年の秋は花が咲かず終いだった「十月桜」、今年は10月半ばから咲き始めました 
来春まで中休みするものの蕾が次から次に膨らんできて、ポツポツダラダラと咲き続けくれるはずです 


今我家でバラの次に派手な深紅の「マユミ」です
冷え込みが少ないので、紅葉はイマイチのまま落葉しています

いよいよ寒蘭の開花が始まりました
明日からでも、開花したものから順次玄関内に取り入れようと思っています 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加