気まぐれMOCO

蘭や山野草を主にした、趣味の日記

白根葵

2013年04月17日 | その他の花


2年前に親戚からもらってきた、「白根葵」です
去年花が咲かなくて葉ばかり、今年も小さ目の新芽ばかりで花は諦めていました
そこで、netshopで白花と濃色花を2本づ注文したところ
後になって、もらった株に花が1個付いているのが分かりました 
でもせっかく咲いた花を見て、ガックリ・・・残念でした
株が完全に成長していないからか、見た通りのクチャクチャな奇形花でした
もっと可愛い感じならまだしも、これではネ・・・・・

  白花

  濃色花、双頭花に咲きました

白花は今日展開したばかり、やはり綺麗です 
濃色花と言っても、わずかに赤紫が濃い程度のものです

こりもせず今日親戚から、花が1個咲いている株を再度もらってきて、家に帰ってから直ぐに庭植えにしてやりました
花色はかなりの薄い紫で、小さな芽が沢山付いています
以前の株もこの株も芽数が多過ぎるようですから、小さな芽は取り除いて
秋までに一つ一つの芽が大きくなって、来年まともな花が咲くようになって欲しいと考えています



白根葵の鉢植え栽培は、初めてです
夏場を無事に過ごさせるのが大変なようで、そんなに自信が持てません
来年の花は・・・サテサテどうなるか 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クレマチスの実生

2013年04月15日 | その他の花
この写真だけでは、“何だこれは~~
挿木ができないクレマチスの「テクセンシス」と「テクセンシス・スカーレット」の実生苗です
種を蒔いてから2年半・・・・・発芽しているのを昨日気づき、邪魔な苔を取り除きました  
丈は大きいので1㎝程しかありません
今は出がけで、それぞれ3本程度しか見当たりませんが
まだまだ発芽してくるような感じがします  

  テクセンシス・スカーレットの実生苗

  テクセンシスの実生苗

参考本によると、良い苗を残して間引いてから、本葉2~3枚の頃に植替えてやるそうです 
そこまで行けるかどうか分かりませんが、何とかしたいものです 
実生に挑戦して、発芽しただけで十分に目的は達成したものと思っています  
この後実生苗を育てると、また余分な手間が掛ってしまうが億劫なので
育てるにしても、数を極力少なくしてやってみようと考えたりしています 

私の育てていたテクセンシスは、アリがウヨウヨと集まってくるので、採種した後に絞めてしまいました
参考本では、原種のテクセンシスは野生種で増殖困難となっています
偽ものだったのだろうかと考えてしまいますが
花形や色も下葉が枯れ易いのも、そしてハチやアリが集まってくるのも参考本と全く同じでした・・・

   尚、テクセンシス=テキセンシス
   

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

八重紅枝垂

2013年04月10日 | その他の花
去年に比べると、花数が随分増えて咲いてくれました 
もう二三年したら、完璧に近い咲き方をしてくれるものと思っています
如何に自分好みの枝振を作るかが、最大の課題です
横枝を短くして控え目な大きさにして、枝垂桜の雰囲気を引き出せるかどうかです・・・
まだまだ幹の太さも枝数も足らないので、貧弱なものです
“ヨシ”と言いえるには、小苗を植えてから10年以上は必要な感じです
もう一回りも大きな樹を買おうとしたら、○○万円も必要になる訳です 





Web検索して、品種名の確認をしました
買った時の札には、「仙台紅枝垂」になっていましたが
「八重紅枝垂」「仙台八重枝垂」「平安紅枝垂」「仙台小桜」「遠藤桜」などと
所により、色々な呼名があるようです
自分としては、関西地方の「平安紅枝垂」が優雅な感じがして好きです 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒメイワウチワ

2013年04月03日 | その他の花
かって同じ職場の仲間と、登山だったか秘湯温泉だったか忘れてしまいましたが
そのどちらかの帰りの道中、長野県内の山野草店で買った「ヒメイワウチワ」です
最初の頃は植替え無しで、元気育っていましたが
鉢からはみ出したので、元の鉢の土と同じく赤玉土で大きな鉢に植替えたら
水はけが悪かったのか、根腐れしてアウト 
なんとか生き残ったのを、水はけの良いウチョウラン用の土に植替えて数年
去年は二三個、やっと今年は13個咲いてくれます・・・ホッ



白花のイワウチワも丁度見頃になって花数は少な目ですが、艶やかに咲いています



白花は大きいのは直径5㎝、ヒメは2㎝程で
白花の割れた5弁の1枚にヒメの花1個が収まってしまいます 

作の状態も上がってきて、まだまだ鉢に余裕があり植替えの必要が無いのが良いのですが 
ハイゴケがびっしりと生えて、成長の遅い小さなヒメイワウチワが下に埋もれてしまいそうになってきました
暇を見て、ピンセットで処置しようかと考えています  
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

玄関の春蘭

2013年04月01日 | 春蘭
玄関に並べている春蘭です
花を摘む時期がとっくに過ぎてしまったように思うのですが
「満月」以外はへたらないで元気なものだから、ついそのまんまに 

去年は春から秋まで、肥料やら活力剤やらの薄いのを遣り続けてみたのでが
結果的はどうだったかは、御覧の通りです 

「万寿」はいつまで経っても、朱金色という感じで赤がのってきません
ついでに花茎までも、イマイチ伸びきってくれませんでした 



「黄の司」です、元々花弁の先に緑が残る性質ではありますが
時間と伴に徐々に全体的に緑がのってしまって、パッとした明るい黄色が見れませんでした 
もろに肥料の影響が出たようです。



「大虹」には、それなりの色が出ていますが
どこかに赤っぽい色がのってもいいのですが、全くそんな感じが見受けられません 



「玉英」の出だしは、くすんだ朱金でしたが
日に日に明るい感じの色になり、花茎も他の鉢に見劣りしないほど伸びてくれ
我が家で一番の出来となりました 



花が元気そうに咲いていても、そろそろ時期が時期だけに
来年の花のためには、摘花しないといけませんが
サア~いつ切ってやろう 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加