気まぐれMOCO

蘭や山野草を主にした、趣味の日記

秀光(寒蘭)

2012年11月27日 | 寒蘭


6鉢しか持たない寒蘭の中で、作が安定しているのがこの「秀光」と「豊雪」です
開き始めた時には、花弁の先に緑が残っていたので・・・ン~と思いましたが
二三日して白っぼくなって、消えていきました・・・ホッ
今年は例年よりも、小豆色が赤っぽく感じられますが・・・気のせいでしょうか
それに花が3本上がったのに、同時に開花してくれません
後の2本は蕾が横に傾きかけてきましたが、茎が伸びてきません 
良い方に解釈すれば、より長い間花を観賞できるというものです・・・

「豊雪」は1個だけしか開花してません
その1個の花色は、例年よりも白っぽく開花しているように思えます
いつもは蕾は黄色が強いのですが、開花するとクリーム色になっていました
後二三個咲いてくれたら、ハッキリするのですが 

          

ところで、寒蘭「秋光」と言う品種名を検索してもハッキリしません
何だか怪しい感じがしてきました・・・・・

12/13, (訂正) ---「秋光」ではなくて「秀光」だと判りました。店の名札が違っていたのか?自分が間違えたのか?
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

燦月(寒蘭)

2012年11月27日 | 寒蘭

小さな株を買って直ぐに根を痛めてしまい、四五年は花を見ていませんでしたが 
なんとか徐々に回復して、今年4個の蕾が付きました
株を肥らせる為に、最初は茎ごと切って終おうと思ったけれど
ウイルス病の確認の為にも花が見たくて、蕾の数を3個にして咲かせることにしました



舌は薄っすらと緑がかかる無点で、渋い極めの更紗です
最初はこの花を見て、「つまらない」と思いましたが 
何度か花を覗き込んでいるうちに、いつの間にか気を引かれてしまいました
これと言って格別に良いところが無いようでも、どことなくキリットとした上品さを感じるような・・・・・

未だ蕾の「桃映」が開花したら、花を摘み取るつもりです
後暫くで見納めとなります 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紅葉

2012年11月10日 | その他


さすが世界三大紅葉樹の一つ「すずらんの木」・・・真っ赤になります 
紅葉が始まるのが、他のどの草木よりも早く
枯れ始めたのではないかと、勘違いするくらいです
もう一つの紅葉の綺麗な「常緑ヤマボウシ」と同じく娘の家の庭に2本植えてあります
成長が遅くて、私の身長を超えるには後2年は掛かりそうです
香りの有るスズランの様な白い花が鈴なりに咲くということで
花にかなりの期待を抱いていたのですが、咲いてみると一つ一つの花が小さくてツマラナイものでした 
今年の夏に、産まれたての小さなアメシロが葉と葉の隙間にウヨウヨと・・・・・ビックリ 
柿木と同じぐらい害虫に注意を要する感じです 




            枝先には来年の花の蕾

以前に実を載せた「常緑ヤマボウシ」です
常緑と言うけれど、肌寒い季節になると枝元から徐々に紅葉が始まり落葉していきます
年々耐寒性が増して落葉しなくなるというけれど、何年経っても相変わらず冬の間に丸裸になってしまいます 
今頃の時雨の季節には、枝先の緑と枝元の赤とで他に無いコントラストが観賞できます 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

神津梅鉢草と白花イワシャジン

2012年11月05日 | その他の花



何とか鑑賞に堪えれる梅鉢草は、この神津一鉢だけです 
他の鉢は枯れはしないものの、哀れな格好になってしまいました
最悪なのが屋久島です、花が数個パラパラとそして葉が黄色になって・・・・・
来年は、夏の猛暑に耐えれる置き場所に変更しないと駄目なようです・・・




白花のイワシャジンは一見したところ、こんもり咲いているようですが 
長い花茎の半分以上は小さな蕾のままで、花にならないのです
蕾が膨らまないで終わってしまうのは、初めての経験です・・・ウ~ンどうなっているの 
イワシャジンも置き場所を変更しないと花にならなくなったようです

  花茎も伸びきっていない



山野草が不作だと嘆いているのに、去年植えたパンジーが猛暑の夏どころか未だに咲き続けています 
そんな訳で、チューリップとクロッカスの球根は取り出せなくてそのままになっています
寄せ植えにすると、こんな事もあるのが不合理な点ですネ
ところでこのパンジーいつまで咲き続けるのか、来年も咲くのだろうか・・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加